横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市中区羽衣町にて外壁タイルの目地を埋めて塗装を行いイメージチェンジ

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市中区羽衣町にて外壁タイルの目地を埋めて塗装を行いイメージチェンジ

    更新日:2019年4月27日

    本日は横浜市中区羽衣町にて、オフィスビルの外壁塗装の様子をお伝えいたします。お問い合わせのきっかけは、オフィスビル入り口サイドにあるタイル調の外壁を平滑にして塗装によりイメージチェンジを行いたいとのことです。まずはタイル目地を埋めるために下地調整材を使用します。

    下地調整材:カチコテSP

    カチコテSP 外壁タイル面

    使用する下地調整材は菊水化学工業のカチコテSPです。コンクリートなどに対する付着性に優れ、浮きや剥がれの発生がほとんどない、カチオン系のポリマーセメント系下地調整塗材になります。

    目地埋め 下地調整

    目地を埋めるためには何度も重ねて平らにしていく必要があります。全体的に目地を埋め、乾燥させた後に痩せた状態を確認の上、2度、3度と重ねていきます。目地が埋まり、外壁面が平滑になった後は外壁用のパテを使用してさらに滑らかになるように調整を行います。

    仕上げ材:ケンエースG-Ⅱ

    ケンエースG-Ⅱ 仕上げ塗装

    外壁の下地調整後、下塗りを行い、仕上げ塗料の重ね塗りを行います。今回使用する仕上げ塗料は日本ペイントのケンエースG-Ⅱです。こちらはヤニやしみ止め効果と優れた付着性を有した、壁面用つや消し塗料になります。下地への影響が非常に少なく、素材への浸透力が抜群です。旧塗膜が判断しにくい所や様々な素材が混在している箇所などにも適用できる優れた塗料です。仕上げ材も3度重ね塗りを行い、丁寧に仕上げてまいります。

    外壁タイル目地埋め塗装完成

    外壁目地埋め塗装完成

    外壁タイル目地埋め塗装完成です。扉部分は新たにダイノックシートを貼ります。全体的にマットでシックな仕上がりになります。もともとがタイル調の外壁とは思えないほど、きれいに仕上がりました。ご依頼主様もイメージ通りの仕上がりに大変満足されておりました。街の外壁塗装やさんでは、塗装に関する様々なご相談をお受けいたしております。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-09-18 16:31:06 大井町金子にて外壁塗装の調査、築30年が経過し破風や戸袋など木部の塗膜が剥離してきています

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2019-09-17 16:30:02 中井町北田にて外壁メンテナンス調査、台風の影響で外壁にひび割れが発生!雨樋も破損していました

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2019-09-15 08:51:53 横浜市青葉区大場町にて汚れ目立つ外壁は高圧洗浄後に低汚染塗料で外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市青葉区大場町A様宅にて行いました、外壁調査の様子をお伝えいたします。A様宅では外壁の汚れやコケの拡がりが目立つようになり、今回、メンテナンスにあたるにつれてのご相談をいただきました。 A様宅、外壁の様子 築は18年ほど、気になる汚れに関してはご自身で洗浄などを行っていたそうですが、年々手に負えないくらいに...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る