横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市保土ケ谷区初音ケ丘にてバルコニーFRP防水の補修工事の様子

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市保土ケ谷区初音ケ丘にてバルコニーFRP防水の補修工事の様子

    更新日:2019年7月20日

    本日は横浜市保土ケ谷区初音ケ丘I様宅にて行いまいました、バルコニーFRP防水の補修工事の様子をお伝えいたします。I様宅は築10年程になりますが、新築からすぐにバルコニー防水の不具合(表面の割れやひび)があったそうです。施工店に補修を行ってもらったのですが、数年もしないうちにひびが見受けられる様になったそうです。

    バルコニーの様子

    バルコニーの様子

     

    I様宅のバルコニーにはFRP防水が施工されております。FRP防水はプラスチックを繊維で補強した繊維強化プラスチックです。ポリエステル樹脂とガラス繊維を一体化させた塗膜型の防水です。軽量で耐候性にも優れているおりますが、防水層が硬いこともあり、地震などで下地に動きが発生した場合などにひびが発生しやすい素材です。劣化した場合に伸縮性がないため割れが発生しやすく、定期的にトップコートを塗る必要があります。今回は当初からの不具合を考慮に入れ、改めて防水層を整え、トップコート塗布いたします。

    施工の様子

    ケレン、目荒らし作業 アセトン拭き

     

    まずは防水層の洗浄を行い、表面の研磨、目荒らしを行います。剥がれているところは周囲を削り、下地を整えます。アセトン拭きで油膜をしっかりと取り除きます。

     

    FRP防水 トップコート塗布

     

    新たにFRP防水、FRP樹脂の流し込みを行い、FRP専用のトップコート塗布でFRP防水の補修工事完了になります。FRP防水はウレタン防水に比べ施工費用は高めです。しかししっかりと施工を行った上に定期的にトップコートを塗ることで長期的なコストパフォーマンスがのぞめます。トップコートの塗り直しは(環境にもよりますが)5、6年に一回の頻度で塗り直すのが防水層を長く保つ秘訣につながります。最低でも外壁などのメンテナンス時にあわせ、10年に1回は塗り直す必要はございます。防水に関してのご相談も街の外壁塗装やさんへお任せください。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-11-11 20:08:06 秦野市平沢で窯業系サイディングにカタツムリの食痕を発見、外壁が食べられている!?

      IMG_8524

      秦野市平沢のお客様から「1階の陸屋根の防水工事のお見積りをお願いしたい」とのご依頼を受け、その調査にお伺いしました。あまり見たことのないタイプのお家で、2階は普通の屋根の寄棟屋根なのですが、1階は全て陸屋根です。   そろそろ防水工事が必要な陸屋根 陸屋根はパラペット(棟壁)が低く、柵などを設けなけ...続きを読む

      2019-10-30 20:06:24 小田原市鴨宮で塩ビシート防水されたマンション屋上の雨漏り点検

      IMG_8524

      不動産管理会社から小田原市鴨宮の3階建てマンションで3階のお部屋の1室から雨漏りしているので、屋上防水の点検をしてほしいとご依頼を承りました。ワンルームタイプで賃貸マンションとして貸し出しているそうです。建物の中央には大きな天窓が備えられ、かなり雰囲気のいいマンションです。   屋上もかなり広いです...続きを読む

      2019-10-18 17:55:05 大井町金子で法人様の社屋のシート防水された屋上を防水工事前に点検

      IMG_8524

      大井町金子に社屋を構える法人様から「屋上の防水工事のお見積りをお願いしたい」とご依頼を承り、本日はその調査に参りました。大きな会社だけに社屋もかなり広く、屋上も結構な広さです。   屋上はシート防水で通気緩衝工法 屋上はシート防水が行われていました。塩ビシート防水で、脱気筒があることから通気緩衝工法で...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る