横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市南区弘明寺町で行われた外壁調査、塗膜やコーキングが劣化しておりました

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市南区弘明寺町で行われた外壁調査、塗膜やコーキングが劣化しておりました

    更新日:2019年1月28日

    「前回塗装をしてから10年が経っていることもあり、1度外壁を調査してほしい」とのご依頼をいただきましたので、横浜市南区弘明寺町にお住いのS様のお宅にお伺いいたしました。横浜市南区弘明寺町S様のお宅は築20年が経過した建物で、10年前に1度外壁塗装を行っております。まずは建物を端から端まで見てまわります。

     

    【塗膜の劣化は塗り替えの目安になります】

    サイディング外観

    横浜市南区弘明寺町S様のお宅はサイディングを使用した外壁でした。以前の外壁塗装で白色になっており、全体が視界に納まる距離で見る限りは、汚れや苔の付着が著しいところは見受けられませんでした。

     

    サイディングチョーキング 雨戸の塗膜剥がれ

    今度は外壁の近くに寄って見てまわります。サイディングに塗られており塗膜を指で触ってみると、指に白色の塗料が付着します。これはチョーキング現象と言って塗膜の防水機能が低下して寿命をむかえている証拠になります。また、雨戸に塗られている塗膜はすでに剥がれてきておりました。10年前に塗装して造られた塗膜は、全体的に傷んでいる傾向にあることが分かりました。

     

     

    【サイディングを使用した外壁はコーキング部分にも注意が必要】

    継ぎ目のコーキング材劣化 継ぎ目のコーキング劣化

    「前回はコーキングの打ち替えをしないで外壁塗装をした」と横浜市南区弘明寺町S様が仰っておられましたが、サイディングとサイディングの継ぎ目に打たれているコーキングも傷んできているようです。表面の塗膜にひび割れが起こっており、サイディングとコーキング材との間に隙間が出来てしまっております。築20年が経過した横浜市南区弘明寺町S様のお宅の外壁は、塗膜やコーキングの劣化が見受けられ、外壁を塗り替えメンテナンスする必要がございました。街の外壁塗装やさんでは、入念な調査のもと適切なご提案と施工をさせていただいております。入念な調査と適切なご提案・施工は、街の外壁塗装やさんにお任せ下さい。

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る