横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市旭区前回の外壁塗装でコーキング工事をせずに行った結果

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市旭区前回の外壁塗装でコーキング工事をせずに行った結果

    更新日:2017年9月3日

    横浜市旭区のお宅でスレート屋根調査をおこなっていた際にコーキングが破れているところを見つけました。

    外観 IMG_4909

    築13年のサイディング住宅で4年前に外壁塗装を行ったそうです。サイディングにはクリヤー塗料が塗られており、既存の美観が保たれておりました。

    コーキング劣化① コーキング劣化②

    笠木とサイディングの取合いに打たれているコーキングや入隅に打たれているコーキングが破れておりました。聞くところによると前回はコーキング工事を行わずに外壁塗装を行ったそうです。

    コーキング劣化③

    サイディングを使用している外壁には、サッシまわりやサイディング同士の継ぎ目にコーキングが打たれております。このコーキングもサイディング同じように劣化しますので、塗装をする際はコーキング工事を行ってから行うのが基本です。サッシまわりは既存に対して打ち増しを行い、サイディング同士の継ぎ目には打ち替えを行います。コーキング工事を行わずに塗装を行えば、コーキング部分だけが古いままとなり、コーキング部分だけがこのような状態になるのは予想がつきます。お住まいになられている方も当時はそのような知識がなく、そのまま工事をお願いしてしまったそうです。サイディング隙間が出来てしまうと、そこから雨水が浸入してサイディングの裏にまわります。すると裏側からサイディングが傷み出しますので、塗装しているのに亀裂や欠損が発生する可能性が非常に高くなります。コーキング工事を早めに行う必要があります。サイディングを塗装する際には必ず一緒にコーキング工事を行うようにしましょう。横浜市旭区前回の外壁塗装でコーキング工事をせずに行った結果をお伝えしました。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-15
      横浜市西区東久保町でALC外壁を点検、表面に吹き付けられている塗膜がひび割れだしておりました

       住宅に使用されている外壁材で主流となっているのは窯業系サイディングとモルタルですが、大手住宅メーカーが建てている住宅の外壁材には、窯業系サイディングとモルタルではない外壁材も使用されております。特にALC(軽量気泡コンクリート)は多く使用されていることで知ら...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-04-27
      横浜市旭区柏町でマンション外壁の点検、外壁やコーキングが傷み始めておりました

         頑丈そうに見えるマンションも新築当初と比べると徐々に傷み始めます。横浜市旭区柏町にあるこちらのマンションでも徐々に傷み始めておりました。一般住宅と比べて大きな建物であっても建物外部が置かれている環境に違いはございません。マンションやアパー...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-03-16
      横浜市保土ヶ谷区上星川でALC外壁の点検、塗膜とコーキングが傷んでおりました

       アパートや大型小売店など建物によく用いられている外壁材としてALCがあります。軽量気泡コンクリートを省略した呼び名ですが、ALCが頻繁に使用されていた時期から20年~30年が経過しております。外壁はどの外壁材を使用していてもメンテナンスが必要となります。その...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ