横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市瀬谷区の外壁塗装、汚れやカビの付着が著しいところにはカビ取り洗浄剤A2がお.....

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市瀬谷区の外壁塗装、汚れやカビの付着が著しいところにはカビ取り洗浄剤A2がおすすめです

    更新日:2018年10月21日

    外壁塗装をする際は塗装前に高圧洗浄と呼ばれる高圧な水を当てながら、既存の汚れを落とす作業を行ってから塗装の工程に入っていきます。サイディングに付着した汚れやカビは比較的高圧洗浄のみで落すことが出来ますが、モルタル壁にリシンが吹付けてあったりする仕上りの中には、汚れやカビの付着が著しくあまり落とせないケースがあります。強すぎる水圧や強く擦りすぎるとリシンが剥がれてしまうからという理由もありますが、モルタル壁にリシンが吹付けてあったりする仕上りで汚れやカビの付着が著しい場合は、洗浄剤の力を利用するのが一番です。洗浄剤を塗布して暫く経過させると、汚れやカビが浮いてきますので、強すぎない水圧を当てるだけで綺麗に落とせるようになります。

     

     

    【カビ取り洗浄A2で汚れやカビが綺麗に落とせます】

    横浜市瀬谷区の外壁塗装、汚れやカビの付着が著しいところにはカビ取り洗浄剤A2がおすすめです1

    プラザオブレガシーさんのカビ取り洗浄剤A2は、A液とB液を混ぜてから使用する2液形の洗浄剤です。主に木やコンクリート、塗装面に使用する洗浄剤です。モルタル壁にリシンが吹付けてある仕上りで汚れやカビの付着が著しい場合は、このプラザオブレガシーさんのカビ取り洗浄剤A2を使用することで解消されます。

     

     

    横浜市瀬谷区の外壁塗装、汚れやカビの付着が著しいところにはカビ取り洗浄剤A2がおすすめです2 横浜市瀬谷区の外壁塗装、汚れやカビの付着が著しいところにはカビ取り洗浄剤A2がおすすめです3

    モルタル壁にリシンが吹付けてある仕上りの外壁では、特に水切り周辺に汚れやカビが付着しやすく、とても気になることが多いです。プラザオブレガシーさんのカビ取り洗浄剤A2のA液とB液を混ぜてから外壁に塗布して、少し時間をおいてブラシを使用して優しく擦ります。するとどんどん綺麗になっていき、もともとの外壁の色が見えてきます。ブラシは毛の柔らかいものを使用することをおすすめします。

     

    【外壁と塗膜の密着が向上します】

    横浜市瀬谷区の外壁塗装、汚れやカビの付着が著しいところにはカビ取り洗浄剤A2がおすすめです4

    ブラシで優しく擦ったあとは、周囲と同様に高圧な水を当てながら洗い流すだけです。洗い流してみると、水切り沿いの汚れやカビが全く付着していなく真っ白な状態の外壁が出てきました。洗い流すとより違いが分かりやすく見えます。これで塗装工事の準備万端。外壁が乾燥したら心置きなく塗装工程に入ることができます。汚れやカビの付着が著しいと、外壁と塗膜の密着を妨げる場合がありますので、汚れやカビの付着が著しい場合はプラザオブレガシーさんのカビ取り洗浄剤A2をおすすめします。

     

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2018/10/21 横浜市瀬谷区の外壁塗装、汚れやカビの付着が著しいところにはカビ取り洗浄剤A2がおすすめです 【現在閲覧中!】

         外壁塗装をする際は塗装前に高圧洗浄と呼ばれる高圧な水を当てながら、既存の汚れを落とす作業を行ってから塗装の工程に入っていきます。サイディングに付着した汚れやカビは比較的高圧洗浄のみで落すことが出来ますが、モルタル壁にリシンが吹付けてあったりする仕上りの中には、汚れやカビの付着が著しくあまり落とせないケースがあります。強すぎる水圧...続きを読む

      2018/08/21 横浜市瀬谷区でサーモアイ4F(クールジェノバブラウン)を使用した板金屋根塗装

         板金を使用した屋根は、築年数の長い住宅に多く使用されており、築10年前後の住宅ではあまり見かけなくなりました。しかし、デザインの関係で勾配の緩い屋根にしなければならないところでは、築10年前後の住宅でも使用せざるを得ないのは変わりません。屋根の勾配が3寸以下の場合は、使用できる屋根材が極端に制限されるため、現在も板金屋根の仕様に...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-06-09 18:53:55 川崎市麻生区高石にて築10年目で初めての外壁塗装、モルタル外壁の凹凸には汚れや水分が留まりやすく苔や藻も発生しやすい

      IMG_8524

      築10年経ち、そろそろ家のメンテナンスをと考えはじめたのがきっかけで外壁塗装調査のご依頼を頂きました川崎市麻生区高石にあるお宅へ調査に伺った時の様子を紹介します。 現地に到着し、外観を見たところモルタル外壁で意匠性が高い建物でした。 モルタルを塗る職人さんの腕や考えでデザインが変わる味のある外壁が多いのがモルタルが使...続きを読む

      2019-06-07 08:29:52 横浜市港北区篠原町のマンションにてALCパネルの外壁塗装の為の点検調査

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区篠原町のマンションにて、ALCパネルの外壁塗装の為の調査にうかがってまいりました。 こちらの建物は築15年程で今回が初めてのメンテナンスになります。ALCは軽量気泡コンクリートと呼ばれる建材で住宅やマンションなどの外壁に広く用いられております。サイディングやモルタルを使用した外壁よりも断熱性や耐火...続きを読む

      2019-05-25 08:42:48 横浜市港北区綱島西にて築15年目で初めての外壁塗装のための点検調査、サイディングの目地コーキングの打ち替えは必須です

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区綱島西S様宅にて、築15年目で初めての外壁塗装を行うための点検調査を行いました。きっかけは屋根のアンテナの撤去のご相談で屋根の調査を行ったことです。屋根は棟板金の浮きや釘浮きが見受けられ、屋根材表面も傷みが見受けれたため、棟板金の交換と屋根塗装を行う方向でお話が進んでおりました。外壁は見た目ではまだ大丈夫では、...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る