横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市瀬谷区外壁塗装調査でみつけたキノコは内部の腐食

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市瀬谷区外壁塗装調査でみつけたキノコは内部の腐食

    更新日:2017年4月9日

    これから横浜市瀬谷区のお宅で屋根外壁塗装工事を行います。調査中に外壁からキノコが繁殖しているのを確認しまして、塗装工事前に外壁を壊してみることになりました。

    外観 キノコ繁殖部

    建物は木造3階建てで1階がガレージとなっております。全面部分が30cmほど突き出ており、その部分にキノコを見つけました。竣工図に記載されている外壁の仕上げは窯業系サイディングとなっておりました。キノコを見つけた外壁の表面だけが砂壁状に仕上がっておりました。全体から見ればほんの少しの範囲ですが、サイディング内部の木材から繁殖している場合は、塗装してもこの部分だけ剥がれるのが早くなりますし、そもそも内部に問題があればまずはその部分を改善しなければ塗装をしても意味がないので壊してみることとなりました。

    ベニヤ腐食 防水紙剥がし

    剥がしていく中で最初に驚いたのは、突き出たこの部分だけモルタル壁だったことです。竣工図にモルタル壁があることが記載されていなかったことに驚きです。サイディングとモルタル壁では、モルタル壁の方が撤去するのに時間がかかります。モルタル壁だと壊すというより剥がすと言ったほうが正しい表現かもしれません。モルタルを剥がすと最初に出てきたのがベニヤです。黒くなっており腐食しているのが確認できます。ベニヤを剥がすと防水紙が出てきました。防水紙を破くと内部が見れるのですが、防水紙の上から触っただけで柔らかいのがわかりました。恐る恐る破いていきます。願うのは柱の腐食が交換ではなく、補強程度であってほしいということです。

    柱腐食

    防水紙を破いてみるとやはり柱の腐食が確認できました。柱に使われている木材は四角形なので4面ありますが、そのうち2面は腐食しておりました。画像に写っていない他の2面は腐食しておりませんでした。この画像はキノコが繁殖している下側の位置です。ここから上へ向かってキノコが繁殖している部分まで剥がしていきます。

    防水紙変色 木材腐食

    キノコが繁殖している部分まで剥がし終えました。見てわかると思いますが、キノコが繁殖していた部分を中心に防水紙が茶色く変色しております。まずはここ一帯の防水紙を剥がしてみます。

    キノコ

    木材はグズグズで白っぽく見えるのはキノコです。外壁の内側に水がまわっていた証拠です。このような状態になる際のよくある原因としては、砂壁とサイディングの取合いに出来た隙間などが挙げられますが、ベニヤも腐食しており、防水紙も変色して柱も腐食しているところを見ると、砂壁からも雨水が浸透していた可能性があるように思えます。

    キノコ繁殖部 キノコ付着

    壁全体からすると、ほんの1部に発生していたキノコですが、外壁内部の腐食は1部だけでなく、上から下まで全部でした。剥がす前の画像と比較すると惨状という感じです。少しの隙間や亀裂、キノコも外壁にとっては要注意です。横浜市瀬谷区外壁塗装調査でみつけたキノコは内部の腐食をお伝えしました。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2017/09/8 横浜市瀬谷区住宅基礎をIPヨウヘキコートで塗装します

         横浜市瀬谷区で住宅基礎を塗装しました。 擁壁や基礎は外壁と比べて、地中からの湿気や水分がそのまま影響します。なので専用の塗料で塗る必要があります。外壁の塗料で塗ってしまうと剥がれるのが早くなる可能性が非常に高くなります。擁壁や基礎に塗る塗料として定評があるのがインターナショナルペイントさんのIPヨウヘキコートです...続きを読む

      2017/09/6 横浜市瀬谷区外壁塗装前にサイディング出隅にもコーキング

         これから横浜市瀬谷区のお宅で外壁塗装を行います。 外壁がサイディングの場合は、塗装工程に入る前にコーキング工事を行います。基本的にサッシまわりには打ち増しを行い、サイディング同士のジョイントには打ち替えを行います。その他にも幕板の上端やベントキャップのまわりなどのにもコーキング工事を行うことがありますが、傷みでの...続きを読む

      2017/04/9 横浜市瀬谷区外壁塗装調査でみつけたキノコは内部の腐食 【現在閲覧中!】

         これから横浜市瀬谷区のお宅で屋根外壁塗装工事を行います。調査中に外壁からキノコが繁殖しているのを確認しまして、塗装工事前に外壁を壊してみることになりました。 建物は木造3階建てで1階がガレージとなっております。全面部分が30cmほど突き出ており、その部分にキノコを見つけました。竣工図に記載されている外壁の仕上げは...続きを読む

      2017/01/19 横浜市瀬谷区のサイディング調査でコーキング劣化

         横浜市瀬谷区にあるお宅でサイディング調査を行いました。 今まで1度も建物のメンテナンスを考えたことがなかったそうです。ネットでメンテナンスが必要なことを知り、今回お問合せ頂きました。それでは調査に入ります。 サッシまわりのコーキングが痩せてきております。15年経過しておりますので、コーキングも表面か...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-06-15
      横浜市西区東久保町でALC外壁を点検、表面に吹き付けられている塗膜がひび割れだしておりました

       住宅に使用されている外壁材で主流となっているのは窯業系サイディングとモルタルですが、大手住宅メーカーが建てている住宅の外壁材には、窯業系サイディングとモルタルではない外壁材も使用されております。特にALC(軽量気泡コンクリート)は多く使用されていることで知ら...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-04-27
      横浜市旭区柏町でマンション外壁の点検、外壁やコーキングが傷み始めておりました

         頑丈そうに見えるマンションも新築当初と比べると徐々に傷み始めます。横浜市旭区柏町にあるこちらのマンションでも徐々に傷み始めておりました。一般住宅と比べて大きな建物であっても建物外部が置かれている環境に違いはございません。マンションやアパー...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-03-16
      横浜市保土ヶ谷区上星川でALC外壁の点検、塗膜とコーキングが傷んでおりました

       アパートや大型小売店など建物によく用いられている外壁材としてALCがあります。軽量気泡コンクリートを省略した呼び名ですが、ALCが頻繁に使用されていた時期から20年~30年が経過しております。外壁はどの外壁材を使用していてもメンテナンスが必要となります。その...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る
      お問い合わせ