横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市瀬谷区阿久和東で調査したコーキングは、傷みすぎて打ち替えが必要な状態でした.....

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市瀬谷区阿久和東で調査したコーキングは、傷みすぎて打ち替えが必要な状態でした

    更新日:2019年3月11日

    建物にはコーキング材が使用されております。隙間を埋めるために使用されており、外壁を近くで見まわすと色々なところに使用されているのが分かります。特に外壁に窯業系サイディングを使用されている場合は、継ぎ目に必ずコーキンングが打ってあります。屋根外壁塗装を行う際は、このコーキング部分もメンテナンスが必要になります。横浜市瀬谷区阿久和東にお住いのT様のお宅でもコーキング部分が傷んでおりました。

    サイディングのコーキング コーキング

     

    【コーキングは傷むと水を吸う】

    傷んだコーキング 傷んだコーキング拡大

    コーキングは材料と材料継ぎ目や違う材料同士の境目に打たれているケースが多いです。コーキングも外壁や屋根と同じように使用し続けると傷んできます。表面がひび割れてきたり剥離したりして本来の役割を果たせなくなってきます。傷んだコーキングは雨水を吸い込んでしまうようになり、雨水を吸い込むようになると傷みがどんどん加速していきます。

     

    【塗装時は必ずメンテナンス】

    コーキングが痩せた

    横浜市瀬谷区阿久和東T様のお宅では、鼻隠し板の継ぎ目の縁が変色しておりますが、これはコーキングが打たれていた跡です。すでにコーキング材が無くなってしまっている状態です。このように出来た隙間に雨水が入り込むと鼻隠し板にも傷みが出るようになります。外壁の継ぎ目はすぐに分かりますが、細かいところに打たれているコーキングは見つかりづらい部分もあります。コーキングのメンテナンスを行わないで屋根外壁塗装を行ってしまい、サイディングに塗られている塗膜が劣化していないのに、コーキングに塗られた塗膜がひび割れて、塗膜の寿命をむかえる前にメンテナンスをしなくてはならない建物も過去にはございました。屋根外壁塗装を行う際は、このコーキング部分も打ち替えて万全なメンテナンスを行う必要があります。街の外壁塗装やさんでは、入念な調査のもとコーキング部分のメンテナンスを行いながら屋根外壁塗装を行っております。屋根外壁塗装は街の外壁塗装やさんにお任せ下さい。

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-09-30 09:00:49 川崎市麻生区高石にて外壁サイディングへの塗装はシーリングの打ち替えも行います

      IMG_8524

      本日は川崎市麻生区高石にて、2階建てアパート塗装のシーリング打ち替え工事の様子をお伝えいたします。外壁のサイディングにはつなぎ目の目地部分などにシーリング処理がされております。塗装時にはそのシーリングのメンテナンスも行うのが一般的です。 既存シール材の撤去 目地部分は既存のシーリ材を撤去した後に新たなシーリング材を...続きを読む

      2019-09-18 16:31:06 大井町金子にて外壁塗装の調査、築30年が経過し破風や戸袋など木部の塗膜が剥離してきています

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2019-09-17 16:30:02 中井町北田にて外壁メンテナンス調査、台風の影響で外壁にひび割れが発生!雨樋も破損していました

      IMG_8524

      ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る