横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市磯子区サイディングの反りは幕板にも影響がでます

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市磯子区サイディングの反りは幕板にも影響がでます

    更新日:2017年7月17日

    横浜市磯子区でサイディングの調査をしました。

    外観① 外観②

    築18年のサイディングですが、チョーキング(白亜化)や剥がれなどの劣化があるなかで反りによる影響を受けた箇所がありましたのでご紹介いたします。

    サイディング反り① サイディング反り②

    サイディングの反りとは文字通りでサイディングが反ってしまう現象のことです。元々の施工の問題でなることもありますが、メンテナンスをしていないことでなるケースもあります。今回はメンテナンスをしていないことでなるケースでした。サイディング表面の撥水効果が失われたり、側面や裏面に雨水がまわったりすることでサイディングが変形してしまうのです。またコーキングの裂けた部分から雨水が浸入して内部のサイディングを固定している木材が傷み、固定している釘が抜けてくることでも同様の反った状態になることがあります。

    サイディング反り③

    こちらの画像はコーキングが裂けた隙間へ雨水の浸入が繰り返されることで、サイディングが反って盛り上がった状態になってしまいました。その結果、幕板にも反った力が加わり割れてしまいました。まずこの状態ではサイディングと幕板の補修が必要になります。サイディングも幕板も表面の撥水効果は失われておりますので塗装工事も必要になります。外壁はメンテナンスとしていつかは塗装工事が必要になります。しかし、もう少し前に塗装工事を行うプランを考えていればサイディングや幕板の補修は防げました。築年数が経てば経つほど補修という工事が増えていきます。それはコストも増えていくということに繋がります。まだ外壁のメンテナンスを行っていない方は、1度ご自宅の外壁を眺めてみてはいかがでしょうか。塗装工事や補修工事に関しましては弊社にお任せください。横浜市磯子区サイディングの反りは幕板にも影響がでますをお伝えしました。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-07-19 10:23:50 窯業系サイディングのメンテナンスについて|相模原市南区

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-07-14 07:48:41 横浜市鶴見区|5,6年後を見据えたメンテナンス・屋根外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市鶴見区にお住いのS様より、屋根外壁塗装の為の調査依頼を頂きました。S様宅は築30年、5,6年後には建て替え、若しくは建て壊しを検討。現状、雨漏りなどはないが、5、6年間何も手を付けないのには不安があるとの事で、全体的に塗装を施したいとのご要望です。 外壁にはところ所で補修痕が見受けられます。今まではご...続きを読む

      2018-07-10 09:31:39 窯業系サイディングの劣化症状とメンテナンスをご紹介|伊勢原市

      IMG_8524

      ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る