横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 相模原市南区中古物件購入に合わせた外壁塗装計画

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    相模原市南区中古物件購入に合わせた外壁塗装計画

    更新日:2016年10月30日

    相模原市南区で外壁塗装の調査を行いました。

    外観

    中古物件を購入してこれから入居する予定で、それに合わせて外壁塗装を計画中とのことです。築30年以上経過している建物ですので、それなりに傷みが出ているかと思います。全体を調査していきます。

    外壁亀裂① 外壁亀裂①拡大

    外壁亀裂② 外壁亀裂②拡大

    外壁を舐めるように見ていきます。触った感じでは既存の塗膜もしっかり付着しているものの、浮いている部分もありました。浮いた部分には小さな亀裂が出来ております。

    外壁コーナー剥がれ 外壁コーナー剥がれ

    コーナーは傷や剥がれが起こりやすい箇所です。小さい剥がれもそのままにしておくと徐々に大きくなっていきます。

    外壁亀裂③ 外壁亀裂④

    すでに大きな亀裂となっている箇所もありました。亀裂はコーキングやモルタルなどを使用して状態に合わせた補修が必要となります。

    外壁塗膜剥がれ 外壁塗膜剥がれ拡大

    サッシの上端は雨水が溜まりやすい形状となっているため、そこへ塗ってある塗膜が劣化して剥がれています。

    戸袋内側剥がれ 戸袋内側剥がれ拡大

    戸袋の内部を除くと内側の壁が剥がれておりました。雨戸を閉めないとこの隙間から雨が入ってくることが原因です。戸袋を1度撤去して内側の壁に板金を張るなどの措置が必要です。

    破風板腐食① 破風板腐食①拡大

    破風板腐食② 破風板腐食②拡大

    小庇の破風が腐食しております。木部は腐食しすぎており、塗装も可能ですが板金を巻いた方が長持ちするでしょう。建物全体を調査して参りましたが、外壁は亀裂が多く補修と塗装工事を早めに行ったほうが以降の劣化を防ぐ意味で良いでしょう。また、戸袋や小庇に関しては板金工事が必要です。併せてご提案いたします。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にお問合せ下さい。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例