横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

お問い合わせ

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 相模原市南区工場の扉や手摺などの鉄部を塗装でメンテナンス

    新型コロナウィルス
    対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    相模原市南区工場の扉や手摺などの鉄部を塗装でメンテナンス

    更新日:2016年11月2日

    相模原市南区の工場より扉や手摺などの鉄部のメンテナンスを行いたいとご相談がありました。

    外観

    実施にお伺いしてみると、扉や手摺、樋などが塗装で仕上がっておりました。まずは現状を確認したいと思います。

    扉チョーキング① 扉チョーキング②

    かなり大きな扉ですが、手で触った跡が沢山確認できます。

    扉チョーキング③ 扉チョーキング④

    扉チョーキング⑤ 扉チョーキング⑦

    実際に触ってみると粉が付着します。指の色と同化して見づらいと思いますが、樋を触った画像を見ると擦った跡が出来ているのが判ると思います。これはチョーキングと申しまして、既存の塗膜が本来持っている効果が無くなってしまっている証拠です。チョーキングが発生するといことはメンテナンスが必要な時期だという事です。

    コーキング劣化鉄部錆び① コーキング劣化鉄部錆び①拡大

    扉のまわりにコーキングが打ってありますが、劣化してひび割れております。扉枠との取合いにも隙間が生じており、隙間に沿うように錆が発生しております。今回の扉や手摺は鉄製なので、塗装で塗り替えるというメンテナンスが可能です。塗り替える際は、コーキングも打ち替えた方が良いでしょう。樋も塗り替えでのメンテナンスが可能です。

    上裏錆び① 上裏錆び②

    こちらは建物から突き出したスペースです。下から見上げると上裏も塗膜が剥がれたあとがあります。床面に溜まる雨水が浸透することによる影響を受けて剥がれておりますので、床面の防水も行わないと塗ってもすぐに剥がれてくる可能性があります。塗装を行ってすぐに剥がれてしまえば、メンテナンスをした意味がありませんので、キレイに長持ちさせることに必要なことも一緒にご提案させて頂きます。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例