横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 相模原市南区築20年のサイディング住宅を外壁調査

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    相模原市南区築20年のサイディング住宅を外壁調査

    更新日:2016年11月6日

    相模原市南区のお宅より外壁調査のご依頼がありました。

    外観

    築20年のサイディング住宅です。10年前に1度塗装を行っており、今回は2回目の塗装を計画中とのことです。それでは調査に入ります。

    チョーキング① チョーキング①拡大

    チョーキング② チョーキング②拡大

    まずは外壁の状態を確認します。指で触ってみると粉が付着します。これはチョーキングと言いまして、塗料の持つ撥水効果が無くなっている証拠です。塗装を行わなければならないシグナルと言えます。戸袋も表面も塗装されており、チョーキングが発生しております。

    コーキング塗膜破れ コーキング塗膜破れ拡大

    コーキングの表面に塗られた塗膜が切れだしております。これは塗膜の劣化というよりも、コーキングの動きについていけなくて切れております。という事はサイディングが動いているということです。塗装では動きを止めることはできませんが、ビスで再固定して動きを防止しながら、今の幅に合わせてコーキングを打ち直すことはできます。

    サイディングコーナー割れ サイディングコーナー割れ拡大

    サイディングコーナー膨れ サイディングコーナー膨れ拡大

    サイディングのコーナーが割れております。年数の経ったサイディングのコーナーでは割れてしまうことが良くあります。割れている部分の真下にあたるサイディングも膨れております。これは割れた部分から雨水が浸入して、真下に溜まってしまうことで発生しております。

    コーキング劣化③ コーキング劣化④

    コーキングがサイディングと離れてしまっていたり、表面の塗膜に亀裂が入っているところも確認できます。

    笠木コーキング劣化① 笠木コーキング劣化②

    バルコニーのアルミ笠木の継ぎ目に打たれているコーキングが笠木から離れてしまっております。上下がずれて設置されているのを見ると、内部で組み合わさっているではなく突き付けられている可能性が高いです。コーキングが劣化しているこの状態では浸入した雨水が壁の内部へ流れてしまい、サイディングの割れや膨れを引き起こす可能性もあります。塗膜の状態やコーキングの状態を全体的に確認しましたが、すでに塗り替えの時期を超えております。あちこちで傷みだす前に、破損したサイディングは1部交換し、コーキングを打ち直して、塗装することをご提案いたします。

     

    ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せ下さい。

     

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2016/11/13 相模原市南区出窓への雨漏り発生により原因の究明

         相模原市南区のお宅より出窓からの雨漏りについてご相談がありました。 実際にお伺いしてみると、いろいろと確認した形跡がありました。以前に外壁のサイディングを改修した業者に依頼をして何度か補修したそうです。しかし一向に改善されず3か月が経過したそうです。 確かに漏水の跡が確認できます。手前のクリーム色...続きを読む

      2016/11/6 相模原市南区築20年のサイディング住宅を外壁調査 【現在閲覧中!】

         相模原市南区のお宅より外壁調査のご依頼がありました。 築20年のサイディング住宅です。10年前に1度塗装を行っており、今回は2回目の塗装を計画中とのことです。それでは調査に入ります。 まずは外壁の状態を確認します。指で触ってみると粉が付着します。これはチョーキングと言いまして、塗料の持つ撥...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-05-13
      横浜市緑区東本郷で積水ハウスのアパートの外壁塗装工事

       横浜市緑区東本郷で外壁塗装工事をおこないます。  アパートのオーナー様からのご要望で塗装工事をおこなうのですが、建物は積水ハウスで建てられていて、外壁はパネルで目地部分にはガスケットという樹脂製の目地材が嵌め込んであります。  築年数が経過してい...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-05-13
      横浜市青葉区美しが丘にて現地調査、スレート屋根の端が変色している場合はスレートが雨水を吸収しているサインです

       横浜市青葉区美しが丘にお住まいのH様より、「屋根・外壁塗装を検討している」と、メールでお問い合わせをいただき、現地調査へ伺いました。私たち街の外壁塗装やさんでは、お電話以外にもメールでのお問い合わせも可能となっています(メールでのお問い合わせはこちらから)。...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-05-11
      横浜市中区本牧満坂で外壁の点検、塗膜のひび割れとチョーキングを確認いたしました

        以前に塗装した外壁も年数が経過してくると傷んできます。横浜市中区本牧満坂にお住いになられているM様のお宅では、12年前に建物全体をメンテナンスした際に外壁塗装も行っておりました。しかし、12年が経過して少し異変に気が付いたそうです。それは外...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る