横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 県央地区大和市築17年の住宅で屋根と外壁の塗り替え調査

本日の現場ブログ

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

県央地区大和市築17年の住宅で屋根と外壁の塗り替え調査

更新日:2016年7月18日

県央地区大和市にある住宅より、屋根と外壁の塗り替え調査のご依頼がありました。

外観

築17年のサイディングで造られた外壁で、屋根は化粧スレートが葺かれてあります。南側は山と隣接しており、陽が当たりづらく、湿気の多い環境のようです。最近になって飛び込み行業者の訪問が多くなってきたとの事で、ご心配になられたそうです。それでは調査を始めます。

コーキング痩せ コーキング痩せ拡大

外壁を見ながら建物のまわりを調査していくと、コーキングが痩せてきていることがわかりました。築17年ということで、サッシまわりやサイディングのジョイントなどに打たれているコーキングも劣化傾向にあるようです。

屋根外壁取合い① 屋根外壁取合い①拡大

屋根外壁取合い② 屋根外壁取合い②拡大

下屋根がある場合は、外壁と下屋根がぶつかるところが必ずできます。その場合は外壁と屋根の取合い部分にもコーキングが打たれておりますので、確認が必要になります。取合いに打たれてるコーキングも痩せてしまい、表面にひび割れが出来ている状態でした。

亀裂 亀裂拡大

2階にあるバルコニー周辺のサイディングには、サッシのコーナーから亀裂が発生しております。コーナーからの亀裂は経年により、よく発生する現象です。本来は亀裂が発生するまえに塗り替えを行いたいところです。

保護コート剥がれ 保護コート剥がれ拡大

これから屋根に上がるところですが、バルコニー床の表面が剥がれているを見つけました。床は防水仕様になっており、材質は繊維強化プラスチック(FRP)です。FRPは強固な材質ですが、表面劣化を避けるために保護コートを塗ることが多く、こちらのバルコニーも塗ってあります。普段良く歩いたり、サンダルが置いてあるところを中心に保護コートが剥がれているようです。屋根や外壁を塗り替えるタイミングで一緒に行った方が良いでしょう。

北面 東面

屋根にあがります。化粧スレートは施工されたから10年前後で塗装を行うと長持ちすると言われおりますが、こちらの屋根は築17年目ということもあり、屋根の表面がザラザラと粉のようなものが付着しており、とても滑る状態でした。しかしひび割れや欠損などはなく、高圧洗浄でよく洗えば塗装が可能な状態です。下塗り材は付着性の高いもの選んだ方が良いでしょう。

釘抜け① 釘抜け①拡大

棟板金を留めている釘がいくつか飛び出ておりました。これは板金内部にあり、板金を留めるときの下地となる貫板という木材が腐食し出していることが原因です。腐食が進むと固定できなくなり、板金が飛んだり落下したりする恐れがありますので、屋根を塗り替える前に棟板金を交換した方が、近隣や通行人へのご迷惑、架設足場の再設置などのリスクを回避できてコスト的に効率が良いです。調査結果としましては、すでに塗り替えをしなくてはならないタイミング入っております。屋根・外壁塗装工事、棟板金交換工事のご提案をさせて頂きます。

 

ご質問やご不明な点が御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にお問合せ下さい。

このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

2017-09-22 23:25:10 横浜市南区|付け出隅がある場合は隙間にシーリングをして外壁塗装

IMG_8524

近年で使用されている外壁の材質は絞られてきております。そこにもともとの柄や仕上りなどを含めるとたくさんの種類になります。外壁塗装と言うくらいなので、メインは外壁塗装なんですけれども、どのお宅でも「外壁塗装の際に外壁塗装以外でやっておかなくてはならないところ」があり、お宅によってそれはそれぞれ違います。   ...続きを読む

2017-09-22 00:44:01 横浜市神奈川区で傷んだスレート屋根に最適な下塗り材を使います

IMG_8524

横浜市神奈川区で塗装工事中の建物です。木造二階建て住宅の屋根と外壁の塗装工事をおこなっています。 高台に位置しているので見晴らしが良く、窓からみなとみらいが一望出来るなんとも羨ましい立地です!しかし、見晴らしが良い反面非常に風当たりが強いので、建物が傷みやすいというデメリットもあります。建物は紫外線や風雨によって年...続きを読む

2017-09-20 23:29:02 横浜市瀬谷区で傷みが出てきたスレートのメンテナンスはどうするか

IMG_8524

横浜市瀬谷区で屋根の調査をおこないました。建物は定期的にメンテナンスをおこなわないと建物の構造材に傷みが進行してしまい大規模な修繕工事をおこなわなければならなくなる事もあります。メンテナンスは早目におこなうのが建物にとって一番良い方法です。 今回伺ったのは、築20年で二回目のメンテナンスをお考えのお客様です。3階...続きを読む

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る