横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 雨漏りは笠木が原因で発生することもあります|横浜市保土ヶ谷区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    雨漏りは笠木が原因で発生することもあります|横浜市保土ヶ谷区

    更新日:2018年6月18日

    雨漏りは築年数が長い建物のほうが多く発生している傾向が実際にあります。それは建物のあちこちで劣化が進行するからです。雨漏りで代表的なところと言えば屋根ですが、基本的に屋内外でも問題があれば、どこからでも雨漏りは発生していまいます。建物と雨漏りを繋ぐのに、「継ぎ目」や「ジョイント」というのはキーワードとなります。「継ぎ目」や「ジョイント」というのは雨漏りに絡んでいることが多くあします。ベランダやバルコニーの手摺壁に被さっている笠木というのも、雨漏りの原因となることがあります。今回は横浜市保土ヶ谷区A様のお宅でお見かけした笠木をメインに、笠木と雨漏りの関係性についてお伝えします。

     

     

    【雨漏りは笠木が原因で発生することもあります】

    笠木から雨漏り1

    笠木とは、ベランダやバルコニーの手摺壁に被さっている部分や箇所のことを言います。被さっているものの材質は、アルミで造らているものや板金で造られているものが主流です。横浜市保土ヶ谷区A様のお宅の笠木は、アルミで造られているものでした。本来は笠木の天端に防水紙を張ったあとに被せてあるはずですが、浸入する水量によっては防ぎきれないこともあるようです。稀にですが防水紙が張っていなかったこともありました。固定して被せてある以上、内部を見ることができないため、調査の段階では想定や仮定でしか考えることが出来ません。また1度外してしまうと再設置が難しいため新しいものへ交換しなくてはならなくなり、費用もかかることになります。

     

     

     

    笠木から雨漏り2 笠木から雨漏り3

    そんな中でもコーキングが打たれている部分というのは、メンテナンスや補修が必要なところと言えます。建てた方からすれば、問題ないところにコーキングを打ったりはしないでしょう。可能性がゼロではないところに関しては、オーキングを打っておこうと思うはずです。従ってメンテナンスや補修するプラン中には、コーキングが打たれている部分は外せません。やっておくべきところです。コーキングが打たれており、そのコーキングが少しでも切れていたり、剥がれていたりするならば調査では見逃せません。また板金で造られた笠木も同じようなことが言えませす。あからさまに隙間や開いた部分があれば、メンテナンスや補修が必要なところと言えますが、継ぎ目に関しては指で触って緩くなっていないか確認します。指が入るような歪みや固定が弱まっていうようであれば、それはメンテナンスや補修の対象にするべきです。街の外壁塗装やさん横浜店では、外壁以外にも笠木やサッシ、屋根などの他のところの調査にも対応しており、また雨漏りにも対応しております。雨漏り調査や雨漏りは街の外壁塗装やさん横浜店にお任せ下さい。

    フリーダイヤル0120-948-355。

     

     

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2018/06/18 雨漏りは笠木が原因で発生することもあります|横浜市保土ヶ谷区 【現在閲覧中!】

         雨漏りは築年数が長い建物のほうが多く発生している傾向が実際にあります。それは建物のあちこちで劣化が進行するからです。雨漏りで代表的なところと言えば屋根ですが、基本的に屋内外でも問題があれば、どこからでも雨漏りは発生していまいます。建物と雨漏りを繋ぐのに、「継ぎ目」や「ジョイント」というのはキーワードとなります。「継ぎ目」や「ジョ...続きを読む

      2018/06/9 建物外部のメンテナンスをしておかないと雨漏りの可能性|横浜市青葉区

         築年数の経過とともに、建物外部は劣化が進行していきます。建物外部は、外壁や笠木など細かい部分も含めていろいろな部材で造られておりますが、どれも劣化しないものはございません。材料的には劣化しないまでも、材料と材料の継ぎ目だけ劣化してしまうところもあります。横浜市青葉区S様のお宅より、「気づいたら天井や壁に染みができており、どうやら...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      その他の施工事例一覧→

      横浜市保土ヶ谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

      ページの先頭へ戻る