横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 川崎市中原区下小田中でヒビ割れたサイディングの目地をオートンイクシードで打ち換え.....

    工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
    新型コロナウィルス対策について
    オンラインでの無料相談・ご提案について

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    川崎市中原区下小田中でヒビ割れたサイディングの目地をオートンイクシードで打ち換え工事

    更新日:2021年4月1日

     川崎市中原区下小田中で塗装工事を検討中の建物を調査しました。

     塗装工事といっても実際に外壁を塗装するのではなく、サイディング張りの外壁の目地がボロボロになっているので、打ち換え工事のみご希望のお客様です。

     サイディング張りの外壁は縦に目地があります。動きを緩衝させるために隙間をあけて張るのですが、そこから雨水が張り込まない様にコーキングを打っています。新築でサイディングを張る場合、最期にコーキングを打って仕上げますのでサイディングよりも劣化が早くなります。新しいうちは弾力性があるので良いのですが、紫外線や風雨に曝される事で固くなりヒビ割れが出てしまいます。ヒビ割れなどから雨水が浸入してしまう為、劣化したコーキングは早目に直す必要があります。

    劣化したサイディングの目地

    サイディング張りの外壁 サイディングの目地

     サイディング張りの目地は経年によって劣化します。色を付ける塗装工事をおこなう際には、コーキングを打ち換えてからコーキングの上に塗膜を被せる方法を取りますので劣化は進みにくいのですが、新築時は逆の工程になりますので、劣化の進行が早くなります。

    ヒビ割れたコーキング

     画像の様にひび割れが出ていてサイディングとの間に隙間が出来ている場合は、ここから雨水が入り込んでしまい外壁の裏側から雨漏りしてしまう事があります。この様な劣化が出ていたら雨漏りする前に早めに打ち換え工事をおこなう必要があります。

    高耐久のオートンイクシードを使用します

    オートンイクシード カートリッジ式

     今回は外壁の塗装工事をおこなわずにコーキングの打ち替えだけをご希望されていますので、新築時と同じ様に目地のコーキングが剥き出しの仕上がりになります。この様な場合には、耐久性の高いコーキング材を使用する必要がありますので、今回使用するのはオート化学のオートンイクシードを使います。

     紫外線などに非常に強く弾力性が長期間持続しますので、今回の様なコーキングだけおこなう場合にはお勧めの材料です。

     川崎市中原区下小田中でおこなうコーキング工事は、高耐久の材料を使用して同じ様な症状が出ない工事をおこないます。

     私たち街の外壁塗装やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の外壁塗装やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る