横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 外壁と一緒に塗装を行う付帯部の一つ、軒天の役割と劣化症状とは?

    外壁と一緒に塗装を行う付帯部の一つ、軒天の役割と劣化症状とは?

    更新日:2020年2月25日

    付帯部は、外壁塗装の工程の中で一緒に塗装を行う部分でもあります。
    皆様は付帯部の一つである『軒天』という箇所はご存知ですか?
    軒天とは、"家・住宅の外壁から外側に伸びている屋根の裏側にある天井"のことを指します。
    また、ベランダやバルコニー裏のことも軒天と呼びます。
    今回は、お家の付帯部の一つである、『軒天』の役割、そして劣化症状についてご紹介いたします。
    軒天

    軒天ってどんな役割があるの?

    お家に付帯されているものは何かしら役割があるはずですよね。
    では、軒天はどんな役割を担っているのでしょうか?

    ①外観を美しくする
    軒天がないと、屋根裏の野地板や垂木が丸見えになってしまい、外観を損なってしまう場合が多いです。
    野地板や垂木を隠すためにも、軒天は張られています。

    ②燃え広がりの防止
    万が一火事が発生してしまった際、軒天がない場合ですと、あっという間に屋根は燃え尽きてしまうでしょう。
    そのため、現在では軒天には不燃材を使用することが多くなってきました。

    ③屋根裏の換気
    換気口が存在している軒天は、屋根裏の換気をしてくれる役割もあります。屋根裏の湿気を排出することで、内部の結露を防止します。
    ベランダ、バルコニーの軒
    換気口のある軒天
    では、上記のような役割がある軒天の劣化症状とは何でしょうか?

    ・色褪せ
    軒天は日陰になっているため外壁よりは比較的色褪せは早く発生しにくいですが、アスファルトの照り返しなどにより紫外線が当たり、徐々に色褪せていくことがあります。色褪せが発生した場合は、劣化のサインだと考えて、塗装をご検討した方が良いでしょう。

    ・染みがある
    軒天に染みがある場合、雨漏りしている可能性がありあす。放置してしまうと、内部に雨水が浸透し腐食にも繋がります。重度の劣化の場合は、張り替えが必要です。

    ・カビや苔などが発生している
    軒天は日陰になっていることが多いため、湿気が溜まりやすく、カビや苔なども発生しやすい部分です。
    塗装だけではカビや苔をしっかりと取り除けない場合もあるため、しっかりと取り除くためには、軒天の張り替えが必要になる場合もあります。

    ・塗膜が剥がれている
    塗膜の寿命が来ると、塗膜が剥がれます。その場合、塗装が必要になります。
    軒天の剥がれ
    軒天塗装
    軒天は高いところにありご自身で劣化症状をチェックしにくい部分です。
    軒天にご不安な点がある場合は、専門の業者に一度点検を依頼すると良いでしょう。
    また、軒天は付帯部といって、外壁塗装を行う際に一緒に塗装する部分でもあります。
    しかし、軒天の状態によっては、増張りや張替えなどの補修が必要になる場合もあります。
    街の外壁塗装やさん横浜店では、皆様がお住まいのお家の軒天の状態に合わせて、どの工事が最適なのかをご提案いたしますので、ご安心ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る