横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 二宮町中里にて築20年目を迎える窯業サイディング外壁を一液シリコンセラUVにて塗.....

    二宮町の施工事例

    二宮町中里にて築20年目を迎える窯業サイディング外壁を一液シリコンセラUVにて塗装工事を行いました

    【施工前】
    施工前

    【施工後】
    施工後

    【お問い合わせのきっかけ】
    二宮町中里のお客様より、外壁メンテナンスの相談をいただきました。 今年で築20年目を迎えるとのことで、最近外壁の汚れや劣化具合が気になるとの事で、外壁メンテナンスを考えている、とのことでした。他にも軒の部分や1階の屋根部分なども見てほしいとの事でした。 お住まいも築10年を過ぎますと、塗膜の劣化によりいろいろとほころびが出てくるものです。ましてや築20年ともなりますと、塗膜の劣化だけでなく軒や破風といった付帯部分の劣化具合も気になるところです。 今回はお客様のご要望もあり、外壁塗装工事と1階屋根と軒天の塗装工事を承りました。

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装 破風板板金巻き工事
    【工事詳細】
    使用材料
    一液シリコンセラUV
    施工期間
    14日間
    築年数
    20年
    施工金額
    130万円
    お施主様
    H様邸
    保証
    10年
    ハウスメーカー
    ハウスメーカー不明
    外壁塗装屋根塗装

    外壁と一階屋根の点検

    外壁の点検
    塗膜が劣化して剥離してきています
    今回のお住まいは窯業サイディング外壁です。やはり築20年で一度も塗装工事を行ってこなかったとの事で、近寄ってみますと外壁のあちらこちらで色褪せ、汚れが目立ちます。特に普段日の当たらない北側の外壁にはカビの繁殖が見受けられました。塗膜が劣化してしまい、塗膜が持つ防水性や防藻性といった機能を失ってしまい、カビが繁殖してしまったようです。汚れやカビの付着だけでなく、塗膜が外壁から剥離してきている個所もありました。
    一階瓦棒引き屋根の様子
    瓦棒引き屋根の表面が劣化してきています
    お話に合った一階屋根部分を見てみます。屋根は瓦棒引き屋根です。表面の劣化が目立ち、錆びてきている個所がありました。全体的には大きな歪みや変形もありませんでした。
    破風板の塗膜の劣化具合
    破風板の劣化具合
    破風板を見てみますと、こちらはかなり劣化が進んでいるようです。表面の塗膜が劣化し剥離している状態ですが、雨水が素材の板にまで浸透し破風板自体まで傷めてしまっている状態です。ただ板全体が腐食してしまっているわけではないですので、破風板そのものの交換工事を行うほどではないようです。 お客様には写真をご覧いただきながら現状をご報告いたしました。 お客様には1階屋根部分と外壁の塗装工事と、破風板の板金巻き補修工事をご提案させていただき、今回の工事となりました。
    外壁のケレン作業
    軒天のけれん作業
    足場の設置、駐車場のお車への養生などを済ませてから、外壁と屋根に下地作業を行っていきます。 まずは荒めのスポンジやヘラなどを使用して外壁や付帯部分の素地を均していきます。浮いて剥がれそうになっている塗膜などを落とし、屋根の金属部分などの錆を落としていきます。
    高圧洗浄
    高圧洗浄
    ケレン作業が終わりましたら高圧洗浄を行います。外壁の汚れやカビ、ケレンで落ちなかった塗膜などを水圧で洗い落としていきます。水圧が高いと外壁の素地まで傷めてしまいますので、水圧を調整しながら洗浄していきます。
    ローラーを使用して塗装
    ローラーを使用
    下地作業後、塗装しない部分や違う色を塗る部分などに養生を施していき、いよいよ塗装作業です。 今回使用する塗料は、下地に一液ハイポンファインデグロを、仕上げ塗装には一液シリコンセラUVを使用します。 塗装は下塗り、中塗り、上塗りの全三工程で行います。 最初に下塗り用塗料である一液ハイポンファインデグロを塗布します。ローラーを使用し満遍なく塗っていきます。下塗りは外壁材と仕上げ用塗料との密着性を高めるために塗布します。サイディング特有の段差に注意しながら丁寧に塗っていきます。 下塗りを終えて十分に乾燥させたら中塗り、上塗りの作業に移ります。塗料を一液シリコンセラUVにかえてローラーと刷毛を駆使して塗っていきます。外壁には、表面の凸凹やサイディングのつなぎ目の段差にも対応できるようやや毛足の長いローラーを使用します。
    外壁塗装
    外壁塗装
    中塗り塗装後、再度しっかりと乾燥させてから、上塗り塗装に移ります。都度都度しっかりと乾燥させることにより塗膜の厚みを増していきます。こうすることで塗料メーカーが公表する性能をフルに発揮させることができます。 一階屋根の瓦棒引き屋根の塗装に移ります。塗料はファインパーフェクトベストを使用しました。 こちらはスポンジ系のローラーを使用してムラなく塗っていきます。外壁と同様に下塗り、中塗り、上塗りの三回重ねていきます。
    破風板の塗装
    破風板の塗装
    軒天・破風板など付帯部分もローラーを使用して丁寧に塗っていきます。

    破風板に板金巻き補修工事

    破風に板金を巻く
    板金を巻き終わった状態
    傷みの激しい破風板の補修に取り掛かります。 今回は破風板表面の劣化が激しく塗装だけでは凸凹した表面までは補えない状態ですので、表面にガルバリウム鋼板でできた板金を巻く補修工事を行います。 今回のように板表面の劣化が進み、塗装工事を行っても表面の凸凹が残ってしまい、工事を行っても美観的に良くならない場合、表面にガルバリウム鋼板を巻くカバー工法が便利です。工事後は塗装よりもはるかに長い耐久性を誇り、長い間美観を保つことができます。 ケレン作業後に表面にコーキング処理を行い、板金をあてがった後釘で固定していきます。美観的にも新築同様の美しさになり、防水効果や耐久性もぐっと上がりました。 これで工事は完了です。
    完工
    お客様のイメージにピッタリ合った仕上がりに、とても満足された様子でした。 使用した色に関しましては、事前にカラーシミュレーションを行い、ご希望の色を伺っていました。 今回は築20年目で初めてのメンテナンスという事で、外壁も付帯部分も傷んでしまってからの補修となりましたが、やはり10年目あたりを目安に一度塗装メンテナンスを行っておくと素材までの傷みをある程度防ぐことができます。屋根も外壁も、早期のメンテナンスをおすすめします。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-11-12 20:06:52 伊勢原市田中でスレート屋根塗装の事前調査、縁切り不足で雨漏りする可能性あり

      IMG_8524

      本日は伊勢原市田中で屋根塗装をご検討されているお客様邸の点検を行いました。屋根塗装のお見積りと台風15号と台風19号で被害を受けているのなら、その部分も直したいということです。伊勢原市は建物被害はあまりなかったようですが、近隣の県があれだけ被害を受けているとなると、やはり不安になりますよね。   お...続きを読む

      2019-11-11 20:08:06 秦野市平沢で窯業系サイディングにカタツムリの食痕を発見、外壁が食べられている!?

      IMG_8524

      秦野市平沢のお客様から「1階の陸屋根の防水工事のお見積りをお願いしたい」とのご依頼を受け、その調査にお伺いしました。あまり見たことのないタイプのお家で、2階は普通の屋根の寄棟屋根なのですが、1階は全て陸屋根です。   そろそろ防水工事が必要な陸屋根 陸屋根はパラペット(棟壁)が低く、柵などを設けなけ...続きを読む

      2019-11-10 18:38:46 海老名市勝瀬で窯業系サイディングの外壁塗装とジョリパッドの塀塗装の事前点検

      IMG_8524

      海老名市勝瀬にお住まいのお客様から「2回目の外壁塗装を考えており、今回は塀も塗りたいのだが、塀の塗装にも対応していただけますか」とご相談を承りました。弊社は建設されたものでしたら、ほぼ全ての塗装に対応しております。もちろん、塀も例外ではななく、しっかりと塗装致します。   お客様のお家は窯業系サイデ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る