横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 秦野市曲松で雨漏りしていたシート防水のバルコニーをウレタン防水で改修、雨の日も安.....

    秦野市の施工事例

    秦野市曲松で雨漏りしていたシート防水のバルコニーをウレタン防水で改修、雨の日も安心に

    【施工前】
    ウレタン防水前のバルコニー

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】

    「お部屋に雨漏りするようになってしまったので見てもらいたい」と秦野市曲松のお客様からご相談をいただきました。建物はかなり古いらしく、今は違うところで暮らしているご両親が建てたもので、詳しい築年数は不明とのことでした。雨漏りしているお部屋の様子を拝見させていただき、お客様にお話をお聞きするとお部屋の真上はバルコニーでいつメンテナンスされたかも不明のようです。バルコニーの様子も点検したところ、シート防水で継ぎ目がハッキリ分かるようになってしまっていました。バルコニーから雨水が浸入していることは間違いないのでウレタン防水で改修します。


    担当:渡辺


    「お部屋に雨漏りするようになってしまったので見てもらいたい」と秦野市曲松のお客様からご相談をいただきました。建物はかなり古いらしく、今は違うところで暮らしているご両親が建てたもので、詳しい築年数は不明とのことでした。雨漏りしているお部屋の様子を拝見させていただき、お客様にお話をお聞きするとお部屋の真上はバルコニーでいつメンテナンスされたかも不明のようです。バルコニーの様子も点検したところ、シート防水で継ぎ目がハッキリ分かるようになってしまっていました。バルコニーから雨水が浸入していることは間違いないのでウレタン防水で改修します。


    担当:渡辺


    【工事内容】
    防水工事 雨漏り修理
    【工事詳細】
    使用材料
    DSカラーゼロ
    施工期間
    5日間
    築年数
    約45年以上
    平米数
    小面積なので1式とさせていただきました
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    秦野市曲松
    保証
    お付けしておりません
    ハウスメーカー
    ハウスメーカー不明
    雨漏り修理防水工事

    点検の様子~雨漏りしているお部屋とその直上のバルコニー

    室内への雨漏りで木材が変色 室内への雨漏りで土壁が変色

    雨漏りしているお部屋です。雨水によって木材が変色してしまい、染みで斑になっています。違う部分では土壁も雨水によって変色していました。お客様は「これ以上、雨漏りしたら土壁も崩れてくるのではないか」とご心配なさっていました。

     

    雨漏りしていたお部屋の上のバルコニー シート防水されたバルコニー

    そのお部屋の真上にあるバルコニーです。外側に排水のための溝が設けられているタイプで、雨水の流れが悪くなっているらしく、その跡が残っています。笠木の部分も防水膜が剥がれてボロボロです。一段高くなったバルコニーの床面ですが、シート防水のようです。継ぎ目に汚れが溜まっているところを見ると、ここからも雨水が染み込んでいるようです。

     

    施工の様子~ウレタン防水で雨漏り解消

    バルコニーを徹底清掃 かなり綺麗になりました

    まずは徹底的な清掃です。掃き掃除や水拭き、薬品での清掃と拭き取りを何回も繰り返し、ウレタン防水が密着するようにします。以前、床面に付いたと思われる傷まで分かるようになりました。これで防水層を密着させる準備が整いました。

     

    立ち上がり部にシーラー塗布 排水溝にシーラー塗布

    ウレタン防水材を塗布する前にプライマー塗布していきます。まずは垂直の立ち上がり部に塗布していきます。その後、排水溝の部分に塗布していきます。パッチワークのように各部の色が違うは物を置いたために日に焼けた差なのでしょうか。古くなると建物は予想もつかない変化をするものです。

     

    立ち上がり部にウレタン防水材を塗布 排水口にウレタン防水材塗布

    プライマーが乾燥したところで立ち上がり部にウレタン防水材を塗布していきます。まずは垂直の立ち上がり部を塗っていきます。これは最初に立ち上がり部の上端の天端を塗ってしまうとそれが流れ出した時に立ち上がり部を垂れていくことになり、その上に塗ると凸凹になってしまうからです。今回は面積は小さいものの、排水溝部分が長いため、分けて施工することにしました。

     

    ウレタン防水2層目 立ち上がり部に防水2層目

    乾いたところでウレタン防水層2層目を形成していきます。落下防止の柵の下は塗りにくいので、殊更丁寧な施工を心掛けます。ウレタン防水はほとんどの場合、既存の防水層の上に塗布して新しい防水層を形成することが可能です。これまでの防水層を撤去することがない分、リーズナブルなのです。

     

    問題部分の床面は剥がして新しいシートを張ってシーラー塗布

    排水溝部分の防水工事が終わったので一番の問題点、床面のシート防水の繋ぎ目部分を施工します。清掃したところ、違う色の床が現れましたので、もしかしたらここだけ貼り換えられたのかもしれません。繋ぎ目にはシーリング材を充填し、ヘラで均しておきます。その後、プライマーを塗布していきます。規定時間が経過したところで、ウレタン防水材を塗布していきます。

    柵の足に穴を開けて錆止めとしてエキポシ樹脂注入 柵の足に穴を開けて錆止めとしてエキポシ樹脂注入

    ウレタン防水材が乾く間は落下防止用の柵の錆止め処理を行います。足にドリルで穴を開け、エキポシ樹脂を注入します。注入されたエキポシ樹脂が空気を遮断しますので、これ以上、錆が進行することはありません。

     

    ウレタン防水2層目が乾いたところでトップコート塗布 トップコート完了

    ウレタン防水材2層目を塗布し、乾いたところでトップコートを塗布していきます。ウレタン防水は紫外線に弱いため、トップコートで保護してあげなければなりません。環境にもよりますが、トップコートの耐用年数は5~7年と言われています。その頃にまたトップコートを行えばウレタン防水の寿命を延ばせます。

     

    竣工、シート防水されたバルコニーウレタン防水による改修

    雨漏りしないバルコニーに

    雨漏りの原因となっていたバルコニーへのウレタン防水が完了しました。竣工の数日後に雨が降り、その時に「雨漏りしなくなったので大変助かりました」とお施主様からご連絡をいただきました。こちらとしましても、雨漏りが止まって本当に良かったと思います。これからは雨の日も安心してお過ごしいただけると思います。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-04-13
      横浜市栄区小菅ヶ谷でアパート通路の点検、ウレタン防水層が膨れたり破けたりしておりました

         横浜市栄区小菅ヶ谷にあるアパートのオーナー様より「アパートの通路が以前には見られなかった傷みを感じる」とご不安なご相談がございましたので、実際に点検にお伺いいたしました。築30年以上が経過したアパートとのことですが、これまでにも何度か全体...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-04-08
      横浜市保土ヶ谷区川島町で裂けてしまった屋上のシート防水を補修工事で直します

       横浜市保土ヶ谷区川島町で屋上防水の調査をおこないました。屋上のシートが裂けてしまったので直したい、というご希望でご自身で補修をおこなっているという事でした。屋上に敷いてあるのは塩ビシート防水で、今の状態は2回目の防水工事をおこなった状態です。元々の防水の上に...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-04-05
      横浜市南区弘明寺でアパートの通路や階段の点検、防水層の傷みは雨漏りの原因となります

         横浜市南区上大岡にあるアパートの建物外部の点検を行いました。築30年以上が経過しているRC造のアパートですが、これまでも何度かメンテナンスを行ってきてはいたそうです。しかし、ここ13年は全く何もしていないということで「ここ最近の傷み方が心...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る