横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 松田町松田惣領にて築16年になるスレート屋根をサーモアイSiで、窯業サイディング.....

    足柄上郡松田町の施工事例

    松田町松田惣領にて築16年になるスレート屋根をサーモアイSiで、窯業サイディング外壁をパーフェクトトップにて塗装工事を行いました

    【施工前】
    施工前

    【施工後】
    施工後

    【お問い合わせのきっかけ】

    足柄上郡松田町松田惣領のお客様から、台風の影響によりスレート屋根の一部が破損してしまったとのご相談を承りました。雨漏りはまだしていないとの事でしたが、不安なため早期に補修したいとの事でした。台風による被害という事で、火災保険を利用して復旧工事を行う事に致しました。ただ今回補修作業には足場仮設が必要となったために、この機会に屋根と外壁の塗装工事も同時に行う事に致しました。


    担当:渡辺


    足柄上郡松田町松田惣領のお客様から、台風の影響によりスレート屋根の一部が破損してしまったとのご相談を承りました。雨漏りはまだしていないとの事でしたが、不安なため早期に補修したいとの事でした。台風による被害という事で、火災保険を利用して復旧工事を行う事に致しました。ただ今回補修作業には足場仮設が必要となったために、この機会に屋根と外壁の塗装工事も同時に行う事に致しました。


    担当:渡辺


    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    サーモアイシーラー サーモアイSi パーフェクトトップ
    施工期間
    14日間
    築年数
    16年
    施工金額
    130万円
    お施主様
    K様邸
    保証
    10年
    ハウスメーカー
    ハウスメーカー不明
    火災保険アイコン台風アイコン外壁塗装屋根塗装

    塗装前点検の様子

    スレート屋根の点検 ひび割れたスレート

    今回の台風により、お客様のお住まい周辺にも被害に遭われてしまい、台風直後は道路や庭先に屋根材や看板、ゴミなどが散乱していたようです。幸いお客様に置かれましては被害に遭う事もなくご無事だったそうです。台風などの災害の後は二次被害の発生を抑えるという意味でも慎重に点検が必要となります。
    それでは屋根の調査を行います。
    今回のお客様は築16年目のお住まいで、化粧スレートの屋根材を使用しています。化粧スレートはセメントと繊維質を形成した屋根材で、瓦よりも軽い材質で今では一般住宅では広く使用されている屋根材です。しかしセメントベースの素材ですので、防水性を備えておらず、雨水を吸い込むと劣化してしまうため、塗料による保護が必要です。

    棟板金付近の割れたスレート 外壁の塗膜劣化の様子

    お客様のスレートは塗膜の劣化により防水性を失っている状態で、全体的に色あせ、カビや苔の付着が若干見られます。しかし全体的には反りなどの変形もなく、大きな破損は見当たりませんでした。ただ、やはり台風の影響からか、数か所で亀裂が入っているスレートがありました。こちらはシーリングで処理をして補修を行えば直すことができます。

    今回の強風の影響なのかはわかりませんが、スレート屋根材にはひび割れが見られました。ひび割れは屋根材の重なり部分から風が吹き込んで割れるケースもあり、特に棟周辺は強風の影響を受けやすく、強風でひびが入った可能性が高いといえます。火災保険に申請しても問題はないでしょう。

    今回は火災保険を利用して化粧スレート屋根の補修工事を行います。その際足場の仮説が必要になるため、この機会に屋根と外壁の塗装工事を同時に行うことにいたしました。築16年目で塗膜がすでに経年で劣化してしまっている状態でしたので、補修工事ために足場仮設するときに塗装工事も同時に行えば、仮設費用分の支出を抑えることができます。

     

    屋根塗装工事の様子

    足場設置 足場設置と養生

    まずは足場仮設と養生のためのメッシュシートを取り付けます。メッシュシートをつけずに工事を行いますと、洗浄中の水や塗装中の塗料などが周囲に飛散してしまい、ご近所の外壁やお車を汚してしまいかねません。

    屋根の高圧洗浄 外壁を高圧洗浄でキレイに

    養生を終えますと、まずは高圧洗浄を行い、お住まいに付着している汚れや苔などを落としていきます。既に劣化してしまった旧塗膜も同時に洗い流していきます。工事に使用する業務用洗浄機の水圧は家庭用のものよりも強く、圧力の調整を誤ると外壁などの素材を傷めてしまいますので慎重に行っていきます。

    ひび割れ補修 シーリングで補修

    まずひび割れた場所を補修していきます。塗装前に補修を行い、上から塗装を行うとほとんど目立たなくなります。

    下塗り作業 タスペーサー設置

    スレートの補修を終えますと、屋根塗装に移ります。まずは下塗りを行います。下塗りは下塗り専用の塗料を使用します。屋根材への過剰な吸い込みを防ぐ効果と仕上げ塗料と屋根材との密着性を向上さる効果があります。
    使用する塗料は日本ペイントの遮熱性塗料のサーモアイシーラーです。一般的には仕上げ塗料にしか遮熱機能がない塗料が多い中で、このサーモアイシリーズの場合は下塗りにも遮熱機能があります。

    下塗りの後はタスペーサーを設置していきます。このタスペーサーは屋根材の重なりにあえて隙間を与え、毛細管現象による雨漏りを防いでいく役割があります。

    タスペーサーを設置し終えるといよいよ仕上げ塗装に移ります。
    仕上げには遮熱塗料サーモアイSiを使用します。仕上げ塗装は中塗り・上塗りの2回塗となります。都度都度しっかりと乾燥させて重ね塗りを行う事で、十分な塗膜の厚みを作り、メーカーが期待する効果が発揮できます。

    屋根塗装完工 屋根塗装完工

    塗装はローラーを使用し、丁寧に隙間なく塗っていきます。棟板金も含めて塗り終えますと屋根塗装工事の完工となります。

    撤去した古いシーリング プライマー塗布
    続いて窯業系サイディングの工事に移ります。塗装を行う前に、屋根と同様下地処理を行います。
    まずは目地のシーリング材をカッターやペンチなどで切り取り除きます。
    古いシーリングを取り除いたらプライマーを塗布していきます。これは塗装の下地塗装と同様に外壁とシーリングとの密着性を高めるために行います。

    シーリング注入 シーリング仕上げ処理

    プライマー塗布後、シーリングを注入し、表面を均してマスキングを剥がします。シーリング材は劣化すると雨水が外壁内部に入り込む可能性もありますので、劣化してきたら打ち直しをご検討することをおすすめします。

    下塗り処理 中塗り処理

    ある程度打ち替えたシーリング材の表面が硬化してきましたら、塗装工事に入ります。下塗りはパーフェクトサーフを使用します。こちらはラジカル制御形塗料のパーフェクトトップとセットとなります。
    ローラーを使用して段差で塗り残しが発生しないよう丁寧に塗っていきます。

    全体的に下塗りが終わり乾燥しましたら、仕上げ塗装に移ります。今回は外壁に2色のカラーを使用してツートンカラーに塗装していきます。濃い目の1階はND-343のカラーを使用します。

    仕上げ塗装 2階部分の塗装

    全体的に下塗りが終わり乾燥しましたら、仕上げ塗装に移ります。今回は外壁に2色のカラーを使用してツートンカラーに塗装していきます。

    濃い目の1階はND-343のカラーを使用します。中塗り塗装を行い、十分乾燥させた後、同じ色で上塗りでしっかり塗り重ね、斑をなくしていきます。

    2階塗装の様子 2階塗装

    2階はND-500になります。一階と同様にローラーを使用して隅々まで塗っていきます。

    ファインパーフェクトトップで塗装 上塗り塗装

    雨樋や破風板・鼻隠しといった付帯部を塗装します。まず塗装前にケレン作業を行い、ペーパー掛けをして目粗し(表面に傷をつけること)を行い、密着性を高めます。ケレン作業後に塗装を行います。使用する塗料はファインパーフェクトトップです。ローラーや大小の刷毛を駆使して隅々まで丁寧に塗っていきます。

    錆止め 塗装処理

    庇や戸袋等の鉄部は錆びないよう下地調整後、錆止め塗料を先に塗ってから仕上げていきます。

    完工

    一通り塗装を終えますと、最後に複数スタッフにより、塗り残しや汚れがないかを最終チェックを行い、お客様に確認していただきます。ご確認後、足場を解体、清掃を行って工事は完了となります。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-09-26 13:00:55 横浜市鶴見区上末吉でモルタル壁からクラック、クラック補修をして外壁塗装でメンテナンス

      IMG_8524

       建物の外壁にモルタルを使用したモルタル壁は、築年数が経過して傷んでくると、傷んできている目安になる現象が発生します。それがクラックです。クラックはひび割れや亀裂を総称しております。細い幅のものや太い幅のものなど種類はたくさんございますが、築年数の経過と比例するよう発生する件数も増えていきます。横浜市鶴見区上末吉にお住いにならて...続きを読む

      2020-09-23 22:35:26 横浜市金沢区能見台でモルタル外壁の点検、ひび割れが増えてきたら外壁塗装でメンテナンスしましょう

      IMG_8524

       横浜市金沢区能見台にお住いになられているH様より「築年数が15年以上で以前よりも色が暗くなってきたので一度外壁を見てほしい」とご自宅の外壁にご不安を抱えていたそうです。建物の外部に使用されている建築資材は、紫外線や雨風の影響よって傷んだり劣化してくものです。築年数の経過に合わせて定期的に点検や調査をしてもらってください。横浜市...続きを読む

      2020-09-23 11:47:49 藤沢市石川にて築15年が経つお家の点検調査、擁壁や門も屋根と同じように塗装をお勧めします

      IMG_8524

       藤沢市石川にお住まいのM様より、お家の点検のご依頼をいただき、ご自宅へ点検調査に伺いました。M様のお家は築15年で、初めての塗装をご検討中とのことでした。初めての塗装はいろいろ不安かと思います。街の外壁塗装やさんでは豊富な知識を持ったスタッフがお家の隅々まで調査し、状態をわかりやすくご説明いたします。また、新型コロナウイルス対...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る