横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 鎌倉市雪ノ下で車がぶつかった社屋の庇を鋼板でカバーし、塗装で補修

    鎌倉市の施工事例

    鎌倉市雪ノ下で車がぶつかった社屋の庇を鋼板でカバーし、塗装で補修

    【施工前】
    トラックがぶつかって凹んだ庇

    【施工後】
    トラックがぶつかって凹んだ庇をカバー工法で補修

    【お問い合わせのきっかけ】

    「会社の外壁にトラックがぶつかってしまい破損してしまって補修を考えている。まずはお見積りをお願いしたい。」と鎌倉市雪ノ下の法人様からご相談をいただきました。調査にお伺いしたところ、トラックがぶつかった部分は外壁ではなく、社屋の庇でした。軽く凹み、塗膜が剥がれている部分もあります。こちらの社屋に物品を搬入する際に近づきすぎてしまったのでしょう。庇はしっかりしていたので、傷ついた部分を丸ごと覆う庇カバー工法と美観のために塗装を行って直すことになりました。


    ITS事業部:魚住


    「会社の外壁にトラックがぶつかってしまい破損してしまって補修を考えている。まずはお見積りをお願いしたい。」と鎌倉市雪ノ下の法人様からご相談をいただきました。調査にお伺いしたところ、トラックがぶつかった部分は外壁ではなく、社屋の庇でした。軽く凹み、塗膜が剥がれている部分もあります。こちらの社屋に物品を搬入する際に近づきすぎてしまったのでしょう。庇はしっかりしていたので、傷ついた部分を丸ごと覆う庇カバー工法と美観のために塗装を行って直すことになりました。


    ITS事業部:魚住


    【工事内容】
    部分塗装 庇工事
    【工事詳細】
    使用材料
    ガルバリウム鋼板,ファインウレタンU100
    施工期間
    4日間
    築年数
    12年
    平米数
    6.1m(庇側面)
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    S株式会社
    保証
    部分補修なのでお付けしておりません
    商業施設アイコン庇工事

    点検の様子~トラックがぶつかったのは外壁ではなく、庇

    ある法人の社屋の外観 凹んだ庇

    お客様からは「トラックが外壁にぶつかった」とお聞きしていたのですが、実際にぶつかったところは庇でした。それほど酷い事故ではなく、数センチ程度、凹んだ程度です。何はともあれ、建物にも、トラックにも、この社屋の方達、トラックの運転手の方にも大きな被害や怪我がなくて何よりです。

     

    潰れた庇 傷で塗膜が剥がれた庇

    法人の方が「できるだけ早く直したい」ということで、雨の中での点検となりました。凹みと衝撃で塗膜が削がれています。塗膜の傷や削がれた部分をタッチアップしてあげれば、それほど目立たなくなるので、そのご提案をしようとしたのですが、こちらの担当者様は「法人としての立場というものがあり、お客様に対しての信用がなくなるので完璧に直してほしい」というご要望でした。何でもこちらの法人は工芸品や美術品を取り扱っているそうで、社屋に傷などがあっては困るということです。確かに工芸品や美術品を扱っているのであれば、社屋に傷などがあると「ぞんざいに扱っているのではないか」と思う方もいるでしょう。そういうことであれば、しっかりと直します。ガルバリウム板金でカバーし、庇全体を塗装して統一感を出しましょう。

     

    施工の様子~板金によるカバーと庇の塗装

    シールを除去 シールが除去された目地

    まずは庇のシールを部分的に撤去していきます。こちらの庇、窯業系ですね。結構な厚みがあります。窯業系の庇はあまり見かけませんが、構造は正確につかんでいます。玄関外側の窯業系の飾り柱のようなものです。

     

    鋼板でカバー 目地にビスで固定

    板金でカバーに、板金を固定します。固定はビス穴から内部に水が入っていかないようにゴムのシールを挟んでおきます。この上からもシーリング材を充填するのですが、こうして二重にしておけば外側のシールに不具合が出ても、雨水の浸入には時間がかかるでしょう。

     

    養生テープ シーリングの前にプライマーほ塗布

    シーリング材を注入する部分に養生テープを貼っておきます。これでシーリングがはみ出しても、周りを汚す心配がありません。シーリング材の接着力を増し、剥がれにくくするため、シーラーを塗布しておきます。

     

    シーリング材充填 ヘラで均す

    シーリング材を充填していきます。統一感を出すために、庇と同じような色を選択肢しました。充填が完了したら、ヘラで均していきます。ヘラで均すと表面が平らとなり、綺麗な面となります。

     

    塗装前にケレン 周囲の鋼板はちぢみ塗装

    塗装を行う前にケレンを行います。塗装前の下地処理のことで、今回は滑らかな鋼板に塗装するため、塗料がその場に留まるよう下地をざらざらにします。窯業系の部分も下地処理を行い。塗料がよく載るように細かい傷をつけていきます。

     

    錆止め塗布 全体に錆止め塗布

    下塗りにはエポキシ系のファインシーラーを使用しました。エポキシ系の造膜で水分と空気をシャットアウトするので、サビ止め効果の高い塗料です。

     

    ファインウレタンU100 ファインウレタンU100、二度塗り

    仕上げにはファインウレタンU100を使用しました。ウレタン塗料というと寿命が短いというイメージがありますが、そんなことはありません。塗膜が柔らかい分、塗装面に追従しますので、剥がれにくいというメリットもあるのです。中塗りが終わりましたら、規定時間が経過するまで待って、上塗りを行います。表面がわざとざらざらになっているちぢみ塗装は高級感があっていいですね。

     

    竣工、庇の側面一部貼り替えと、その全塗装

    庇の補修、完成

    庇の側面一部貼り替えと、その全塗装が完了しました。庇の上面は陸屋根のような構造となっており、防水層が設けられているため、塗装は行いませんでした。さすがに工芸品を扱うという会社だけあって庇の雨樋は海外で人気の高い鎖樋が使用されています。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-06-21 22:27:11 横浜市泉区西が丘にて屋根カバー工事中、部分的に傷んでいた破風板の塗装も同時に行いました

      IMG_8524

       横浜市泉区西が丘にて、屋根の傷みが酷かった為に雨漏りする前に屋根カバー工事中、気になる所のみ部分塗装を行いました。気になる所とはケラバと呼ばれる部分に設置されている「破風板」です。屋根や外壁と同じく、塗装でのメンテナンスが必要な部分です。今回は外壁全体のメンテナンスは見送る事になりましたが、部分的に特に気になる破風板部分のみの...続きを読む

      2020-06-14 17:50:35 横浜市磯子区洋光台にて部分的に交換した雨樋へ、現地にて調色をし雨樋塗装を行い綺麗に仕上げました

      IMG_8524

       雨樋の一部に雨水が溜まる様になったので、雨樋を部分的に交換。しかし以前の外壁塗装工事時に雨樋も塗装しており同色の雨樋は用意できない状態でした。横浜市磯子区洋光台にお住まいのN様邸ではその新しく交換した雨樋部分のみを、現地にて職人が調色をし部分塗装を行った様子をご紹介いたします。  以前塗装した時に塗料の型番をどこかへ控え...続きを読む

      2020-05-29 21:28:31 横浜市青葉区美しが丘にて外壁塗装工事中、鉄部塗装の下準備であるケレン作業はとても重要です

      IMG_8524

       外壁塗装といっても外壁だけを塗装するわけではございません。破風板や雨樋、軒天や霧除けなど様々ございます。お見積りにそれらを一式と書いている様な業者への依頼はやめておきましょう。大切なお住まいを守る為に塗装をするのですがその調査に伺う者が平米や長さ、塗るべき箇所を見落としているとすれば大きな失敗に繋がります。 本日はその内の一つ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!