横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 中井町北田でスレート屋根の棟板金交換とファインパーフェクトベストによる屋根塗装

    足柄上郡中井町の施工事例

    中井町北田でスレート屋根の棟板金交換とファインパーフェクトベストによる屋根塗装

    【施工前】
    塗装前のスレート屋根

    【施工後】
    ファインパーフェクトベストでダークグレーに塗装されたスレート屋根

    【お問い合わせのきっかけ】

    【工事内容】
    屋根塗装 棟板金交換
    【工事詳細】
    使用材料
    ファインパーフェクトベスト
    施工期間
    4日間
    築年数
    約築23年
    平米数
    53.6㎡
    施工金額
    詳しくはお尋ねください
    お施主様
    N様邸
    保証
    詳細な築年数が不明のため、お付けしておりません
    ハウスメーカー
    中古住宅のため不明
    足場アイコン屋根塗装棟板金交換ン

    点検の様子~塗膜が剥がれて棟板金に不安を覚えるスレート屋根

    白く塗装されたスレート屋根 元は黒かったらしい

    スレート屋根の色はほぼ白でした。遮熱塗料のサーモアイの登場が2008年ですから、当時としてはかなり珍しい色だったのではないでしょうか。暑さ対策で塗ったのか、それとも他の理由があったのかは定かではありませんが、現在では塗膜が剥がれてかつての屋根の色が分かる状態です。

     

    棟板金も劣化している 棟板金には錆も発生

    建物の間取りに合わせて屋根の形状も複雑になっています。そのため、棟板金もいろいろなところに継ぎ目があり、そのシーリングも剥がれかかっている状態です。棟板金の一部には錆も出始めている状態です。

     

    施工の様子~棟板金の交換とスレート屋根塗装

    棟板金を交換しました 新しくなった棟板金

    屋根が複雑な形状をしているため、棟板金の一辺が短く、風の負担が少なかったのか、これまで飛散したことはないそうです。しかし、このまま放っておくと次の強風に耐えられるかが不安ですので、交換することにました。これから屋根に塗装する色に合わせて棟板金は黒です。

     

    高圧洗浄 高圧洗浄で脆弱な塗膜が剥がれ、以前の塗膜が現れた

    屋根塗装する前にスレート屋根に高圧洗浄を行っていきます。やはり、これまでの塗膜は脆弱になっており、高圧洗浄でどんどん剥がれていきます。元の黒い塗膜が剥がれてこないということは塗膜が傷まないうちに塗装されたということも考えられますね。

     

    シーラーで下塗り タスペーサーで縁切り

    シーラーを塗布していきます。雪止めは後付けで白いものが取り付けられたのでしょうか。それほど劣化しているように見えません。シーラーの塗布が終わりましたら、タスペーサーで縁切りを行っていきます。各スレート材の下端、スレートとスレートの重なり部分には屋根材の下に入った雨水やその蒸気を逃がすための隙間が必要なのです。塗装するとその隙間が塗料で埋まってしまうため、タスペーサーと呼ばれる商品を挟み込み、隙間を確保します。

     

    ファインパーフェクトベスト 中塗り開始

    仕上げの塗装にはファインパーフェクトベストを使用しました。ラジカル制御塗料ですから紫外線に強く、耐用年数も長めです。コストパフォーマンスはかなり高く、私たち街の屋根やさんでもお薦めしている塗料です。

     

    最後の工程の上塗り スレート屋根がダークグレーに生まれ変わりました

    仕上げ塗り2回目です。屋根塗装も、外壁塗装も、下塗りを行ってから、仕上げ用塗料での中塗り、仕上げ用塗料での上塗り、計3回塗りが基本となっています。「塗り重ね回数をもっと増やせば、耐用年数も長くなりそう」と考えるのは最もなことですが、現実的には計3~4回塗り程度が限度です。計3回塗りでも完全乾燥には約1年の月日が掛かるからです。塗り重ね回数を増やしても乾かないのであれば脆弱となり、耐用年数も短くなってしまいます。

     

    竣工、棟板金交換と屋根塗装

    スレート屋根塗装、竣工

    塗膜が剥がれてボロボロだったスレート屋根が屋根塗装によって蘇りました。棟板金も交換しましたので、強風が吹いても問題ありません。この築年数でスレートが割れていないというのはアスベストが含有された頑健な屋根材ということもありますが、新築当時の施工も丁寧だったのでしょう。これで屋根に関しては不安が解消されました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-09-17 11:21:23 横浜市青葉区奈良にてお家の点検調査、外壁と一緒に軒天や雨樋など付帯部と呼ばれる場所も塗装をします

      IMG_8524

       横浜市青葉区奈良にお住まいのS様より、お住まいの点検調査とお見積もりの作成のご依頼をいただき、ご自宅へ伺いました。私たち街の外壁塗装やさんでは点検調査〜お見積もりの作成まで無料で行っております(詳しくはこちら)。  いまだ収束の兆しが見えない新型コロナウイルスに多くの方が不安を抱えているかと思います。街の外壁塗装やさんでは新...続きを読む

      2020-09-15 11:04:51 横浜市港南区笹下にて築15年のお住まいの点検調査、外壁のコーキング材は塗料と同じ耐用年数のものがお勧めです

      IMG_8524

       横浜市港南区笹下にお住まいのS様より「築15年が経った家の屋根と外壁の塗装を検討中」とのご相談をいただき、点検調査に伺いました。  街の外壁塗装やさんでは新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を徹底し、お客様のお家へ伺っております。 屋根の色あせと苔の発生は塗料の劣化が原因です  まずは屋根に登って点検調査をし...続きを読む

      2020-09-09 12:04:12 横浜市泉区下和泉にて下屋の点検調査、金属屋根の塗装には錆を落とすケレン作業が欠かせません

      IMG_8524

       横浜市泉区下和泉にお住まいのY様より「塗装を考えている」とのご相談があり、点検調査に伺いました。  街の外壁塗装やさんでは新型コロナウイルスの対策を行ってお客様のお家に点検調査に伺っております。詳しくは「新型コロナウイルスについて」をご覧ください。 金属屋根の軽度な劣化は塗装によって補修します  今回は下屋を...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る