横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 海老名市上今泉にて屋根カバー工法とパーフェクトトップND-373による外壁塗装工.....

    海老名市の施工事例

    海老名市上今泉にて屋根カバー工法とパーフェクトトップND-373による外壁塗装工事

    【施工前】
    施工前

    【施工後】
    施工後

    【お問い合わせのきっかけ】

     海老名市上今泉にお住まいのお客様より、屋根補修と外壁塗装工事のご依頼を承りました。「築20年になり、一部で雨漏りがするようになった。この機会に一度屋根、外壁を見直したい」というご相談でした。お客様の屋根はスレート屋根を使用しており、経年により塗装塗膜が劣化しており、苔が繁殖、その下の防水紙や野地板まで傷んでいる状態で、雨漏りが発生したようです。外壁も塗膜が劣化して色褪せてしまい、シーリングもひびが入っている状態です。将来を見据えてこの機会に一部葺き替え工事を伴う屋根カバー工事と外壁の塗装工事をされることになりました。


    担当:藤崎


     海老名市上今泉にお住まいのお客様より、屋根補修と外壁塗装工事のご依頼を承りました。「築20年になり、一部で雨漏りがするようになった。この機会に一度屋根、外壁を見直したい」というご相談でした。お客様の屋根はスレート屋根を使用しており、経年により塗装塗膜が劣化しており、苔が繁殖、その下の防水紙や野地板まで傷んでいる状態で、雨漏りが発生したようです。外壁も塗膜が劣化して色褪せてしまい、シーリングもひびが入っている状態です。将来を見据えてこの機会に一部葺き替え工事を伴う屋根カバー工事と外壁の塗装工事をされることになりました。


    担当:藤崎


    【工事内容】
    外壁塗装 屋根補修工事 屋根カバー工法 屋根カバー工事
    【工事詳細】
    施工期間
    15日間
    築年数
    20年
    施工金額
    240万円
    お施主様
    M様邸
    保証
    10年
    外壁塗装屋根カバー工法

    傷んだ屋根の点検

     苔が繁殖したスレート

     屋根に上がらせていただき確認したところ、全体的に塗膜劣化による苔が繁殖した状態で、棟近くの野地板がフカフカと踏むと沈む状態にありました。すでに雨漏りで野地板が傷んでしまっている状態でした。棟板金も釘の浮きが多く、貫板の劣化が見られます。

    棟板金の釘の浮き
     点検口から入って屋根裏をチェックします。軒近くを重点的に調べましたところ、一部の野地板が腐食しているのが確認できました。雨水のシミも見られ、そこから伝って天井に染みを作った模様です。補修には野地板を交換するしかありません。
     今回、築年数も考慮に入れて、屋根の一部葺き替え工事と、全体の屋根カバー工法による工事をご提案しました。

     

    外壁の調査に移ります。

    塗膜劣化により色褪せている シーリングの劣化具合

     外壁は窯業サイディングを使用しています。やはり20年が経過していますので、塗膜がすっかり劣化している状態で、全体的に色褪せた感じが否めません。サイディングボード自体には防水機能がなく、表面を塗装することで防水されています。その塗膜が劣化してしまいますと、雨水を防ぐことができずどんどん劣化してしまいますので、定期的な塗装メンテナンスは欠かせません。
     サイディングボードのつなぎ目に充填しているシーリングも同様に硬化しており、全体的に細かいひび割れが入り、サイディングボードとの間に隙間ができて剥離してきている個所もありました。
     外壁に関してはシーリングの打ち替え工事と塗装工事をご提案し、承りました。

     

    屋根カバー工事の様子

    傷んだ野地板と交換 新しい野地板

     まずは安全確保のための足場を設置しましたら、軒側の雨漏りの原因となりました、野地板の補修から行います。
     傷んだ部分のスレートとルーフィング、そして腐食してボロボロとなった野地板を撤去します。そのうえで新しい合板の野地板を設置していきます。

    粘着式ルーフィングを使用 ルーフィングを葺いていく

     次に屋根カバー工事に入ります。既存の棟板金を撤去し、今あるスレートの上に防水紙を被せていきます。粘着式の改質アスファルトルーフィングですので、既存のスレートにもぴったりと密着します。
     屋根カバー工法は、既存の屋根材を撤去せずにその上から新しい屋根材を葺いていく工法で、既存の屋根を撤去せずそのまま利用することから、撤去費用がかからないこと、撤去作業分の工期を短縮できることなどメリットが多いです。

    スーパーガルテクト 軒側からスーパーガルテクトを葺いていく

     続いて屋根材を葺いていきます。今回使用しますのはスーパーガルテクトです。スーパーガルテクトは遠目から見ますとスレートのように見えるかもしれませんが、材質は金属、ガルバリウム鋼板でできています。重さが日本瓦のおよそ1/10と非常に軽量でありながら固く丈夫で錆びにくい上に、雨音が響かないという特徴があります。近年スレートに代わる主流の素材といえます。

    スーパーガルテクト 片面を仕上げたスーパーガルテクト

     屋根の軒側から順に葺いていきます。軒側から葺いていくことで、屋根の傾斜に沿って雨水が伝って降りてきても屋根材の下に入り込みにくくなります。ビスを使用して、しっかりと一枚一枚固定していきます。

     

    サイディング塗装の様子

    高圧洗浄 塗装前の高圧洗浄

     塗装工事に入る前に、外壁に高圧洗浄をかけて、汚れや苔などを丁寧に落とします。

    劣化したシーリングの撤去 プライマーを塗布

     まずシーリングの打ち替え工事を行います。
     劣化したシーリングを除去するところから始まります。カッターで外壁と切り離しながら引っ張り出していきます。硬化が激しいところはボロボロと崩れてしまいますので、ペンチなど使用して根気強く丁寧に取り除いていきます。
     全て取り除いたらシーリングの溝の両側にマスキングテープを張り、プライマーを溝の部分に刷毛を使用して塗布していきます。プライマーは下地材で、シーリング材とサイディングの接着力を高める効果があります。

    シーリングを打ち込みます ヘラで均します

     プライマー塗布後、シーリングを充填していきます。充填したのち専用のヘラで押し込みながら表面を均していきます。この工程を丁寧に行わないと仕上げが大きく左右しますので丁寧に行います。
     表面が乾燥した時点でマスキングを剥がします。

    下塗り作業 パーフェクトサーフを塗布

     いよいよ外壁の塗装に移ります。今回使用する塗料は、下塗りにパーフェクトサーフ、仕上げ塗装にパーフェクトトップを使用します。パーフェクトトップは比較的お手頃な価格のわりに耐用年数も長く耐候性、対汚染性も高い人気の塗料です。

     まずは下塗り塗料のパーフェクトサーフから塗布していきます。屋根と同様に外壁と仕上げ塗料との密着性を高め長持ちさせる効果があります。また過度な吸い込みを抑える効果もあります。凹凸のある窯業サイディングの塗装には毛足の長いローラーを使用します。
    下塗り塗布完了後は、パーフェクトトップによる仕上げ塗装になります。色はお客様のご希望でクリーム系になります。

    中塗りはパーフェクトトップ パーフェクトトップによる中塗り

     仕上げ塗装は屋根と同様に中塗りと上塗りの2回行うのが基本です。使用します色はND-373です。壁材の吸い込み具合によっては下塗りを2回行ったり仕上げを3回行う事もあります。色斑を抑え美しく仕上げるためには重ねる回数を増やすことがあります。

    中塗り塗装 上塗り塗装
     サイディングの広い面をローラーを使い一気に塗っていきます。天戸や樋の周辺など入り組んだ複雑な作業はサイズの異なる刷毛を駆使して、丁寧に仕上げていきます。

    防錆の下塗り後上塗り 破風への仕上げ塗装
     破風板や天戸戸袋にもローラーと刷毛で丁寧に塗っていきます。屋根や外壁と同様、紫外線・雨水の外的影響を受けやすく、木部ですので劣化すると腐食しボロボロになってしまいますので、しっかりと塗膜を作っていきます。金属の戸袋には下塗り塗料として防錆効果のある塗料を使用します。

     塗装完了後、塗り残しがないか、または塗りムラ、汚れの付着などがないか複数名のスタッフで確認を行い、塗装工事の完了です。

     

    屋根カバー工事と外壁の塗装工事、竣工

    塗装工事完了

     今回は雨漏りがきっかけでしたが、スーパーガルテクトによる屋根カバー工法と外壁の塗装工事を行い、お住まいの寿命も格段と延びたことでしょう。また付帯部分の補修・塗装も行いすっかり見違えるように美しくなりました。お住まいを長く維持するには、どのような時期にどのような工事が最適なのか。私たち街の外壁塗装やさんではこうしたお住まいに関するお悩みにもご対応し、必要な補修工事をご提案させていただきますので、お悩みがございましたら一度ご連絡ください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-09-26 13:00:55 横浜市鶴見区上末吉でモルタル壁からクラック、クラック補修をして外壁塗装でメンテナンス

      IMG_8524

       建物の外壁にモルタルを使用したモルタル壁は、築年数が経過して傷んでくると、傷んできている目安になる現象が発生します。それがクラックです。クラックはひび割れや亀裂を総称しております。細い幅のものや太い幅のものなど種類はたくさんございますが、築年数の経過と比例するよう発生する件数も増えていきます。横浜市鶴見区上末吉にお住いにならて...続きを読む

      2020-09-25 11:41:11 座間市東原にてお住まいの点検調査、モルタルのクラックは幅0.3mm以上のものは危険度が高いです

      IMG_8524

       座間市東原にお住まいのO様よりお家の点検調査のご依頼をいただき、ご自宅へ伺いました。街の外壁塗装やさんでは無料点検を行っておりますので、塗装をご検討中の方はお気軽にご連絡ください。  現在街の外壁塗装やさんでは、スタッフの体調管理やこまめな消毒など新型コロナウイルス対策を徹底して点検調査に伺っております。詳しくは「新型コロナ...続きを読む

      2020-09-23 22:35:26 横浜市金沢区能見台でモルタル外壁の点検、ひび割れが増えてきたら外壁塗装でメンテナンスしましょう

      IMG_8524

       横浜市金沢区能見台にお住いになられているH様より「築年数が15年以上で以前よりも色が暗くなってきたので一度外壁を見てほしい」とご自宅の外壁にご不安を抱えていたそうです。建物の外部に使用されている建築資材は、紫外線や雨風の影響よって傷んだり劣化してくものです。築年数の経過に合わせて定期的に点検や調査をしてもらってください。横浜市...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る