横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • イオン銀行住宅ローン

    HOME > 施工事例 > 横浜市保土ヶ谷区上星川にて汚れが目立つようになってしまった木製玄関ドアにオスモカ.....

    の施工事例

    横浜市保土ヶ谷区上星川にて汚れが目立つようになってしまった木製玄関ドアにオスモカラーのウッドステインプロテクター(マホガニー)にて塗装工事を行いました

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】

     横浜市保土ヶ谷区上星川にお住まいのS様より「最近玄関ドアがやけに汚れやシミが目立つようになった為になんとかいい方法はないか。」と街の外壁塗装やさんへご相談がございました。S様邸は築20年程経過しているお住まいでしたが、外観はしっかりと塗装のメンテナンスをされていらっしゃったので綺麗でしたが、玄関ドアは盲点で、外壁塗装の時には何も手をかけなかったそうです。

     現地調査にお伺いし玄関ドアをさっそく見させて頂きました。すると艶がかろうじて残っている所以外はカビやシミで木製の意匠性の高い玄関ドアが黒ずんでしまっておりました。お住まいを建てられたからの経年での汚れが蓄積されている事や、玄関が北東にあり、あまり日が当たりにくい為に表面に施されているクリアコーティングが傷みやすく、それらが剥がれた所から湿気や雨水が染み込んでしまい黒カビやシミに繋がってしまっている様でした。

    今回はどのような仕上がりにされたいかのお打合せをした際に、できたら新築時の様に艶のある綺麗な木目を残してくれるような塗装を、とのご希望がございました。しかしご予算も限られているとの事でしたので、木目を潰してしまうが予算を抑える塗りつぶしの塗装と、木目を生かす塗装のご提案をさせて頂き、木目をいかす玄関ドアの塗装工事をお選び頂き、施工する運びとなりました。

     木目を生かすには既存の汚れを全て落とし切らないとなりませんので、通常の塗装よりも手間をかけて塗装しております。仕上げに使用致しましたのは日本の風土に合わせた耐候性やはっ水性能の高さを持ち、また木部の呼吸を妨げない自然由来の半透明着色塗料、オスモカラーのウッドステインプロテクターです。それでは施工の様子です。


    担当:新海


     横浜市保土ヶ谷区上星川にお住まいのS様より「最近玄関ドアがやけに汚れやシミが目立つようになった為になんとかいい方法はないか。」と街の外壁塗装やさんへご相談がございました。S様邸は築20年程経過しているお住まいでしたが、外観はしっかりと塗装のメンテナンスをされていらっしゃったので綺麗でしたが、玄関ドアは盲点で、外壁塗装の時には何も手をかけなかったそうです。

     現地調査にお伺いし玄関ドアをさっそく見させて頂きました。すると艶がかろうじて残っている所以外はカビやシミで木製の意匠性の高い玄関ドアが黒ずんでしまっておりました。お住まいを建てられたからの経年での汚れが蓄積されている事や、玄関が北東にあり、あまり日が当たりにくい為に表面に施されているクリアコーティングが傷みやすく、それらが剥がれた所から湿気や雨水が染み込んでしまい黒カビやシミに繋がってしまっている様でした。

    今回はどのような仕上がりにされたいかのお打合せをした際に、できたら新築時の様に艶のある綺麗な木目を残してくれるような塗装を、とのご希望がございました。しかしご予算も限られているとの事でしたので、木目を潰してしまうが予算を抑える塗りつぶしの塗装と、木目を生かす塗装のご提案をさせて頂き、木目をいかす玄関ドアの塗装工事をお選び頂き、施工する運びとなりました。

     木目を生かすには既存の汚れを全て落とし切らないとなりませんので、通常の塗装よりも手間をかけて塗装しております。仕上げに使用致しましたのは日本の風土に合わせた耐候性やはっ水性能の高さを持ち、また木部の呼吸を妨げない自然由来の半透明着色塗料、オスモカラーのウッドステインプロテクターです。それでは施工の様子です。


    担当:新海


    【工事内容】
    その他塗装 木製玄関ドア塗装工事
    【工事詳細】
    使用材料
    オスモカラー ウッドステインプロテクター (マホガニー)
    施工期間
    2日間
    築年数
    19年
    施工金額
    14.7万円
    お施主様
    S様邸
    ハウスメーカー
    地元工務店
    低汚染塗料

    【調査時の様子】

     

    全体に散見されるカビと染み 玄関ドアの上よりも下の方が汚れが多い

     

     現地調査にお伺いした時の様子です。S様邸の玄関は北東にあり、日中日陰になる事が多いとの事でした。その影響もあるかもしれませんが、外部にある木製の玄関ドアは経年で表面のコーティングが剥がれてきますと湿気や雨水を吸い込んでしまいます。それらが日当たりが少ないと乾くのに時間がかかり、それらが原因で黒カビやシミとなって木製の玄関ドアを蝕むのです。

     少し離れて確認しますと地上に近い下側へ向かうほど黒カビやシミが多く散見されました。

     

    綺麗な木目を生かすには汚れを落とさなければなりません

     

     間近で見てみますと、黒カビやシミが浸透してしまい玄関ドアが傷んでしまっている様子がはっきりと確認できます。あまりにも傷んでしまった後では新築時のようなきれいな木目を残すような塗装でのコーティングが不可能になってしまう事もございます。塗るだけであれば溶剤系の塗料を使用すれば塗る事は可能ですが、風合いは損なわれます。そこで今回は汚れを綺麗に落としきってから木目を生かすステイン系の塗料にて塗装する運びとなりました。街の外壁塗装やさんで承っている工事はこちらをご覧ください。

     

    【塗装開始】

     

    まずは既存のコーティングを剥離剤を使って剥がします コーティングを剥がしませんと汚れ落としが不可能です

     

     まずはスケルトンと呼ばれる既存のコーティングの塗膜を剥がす剥離剤を刷毛を使って全体に塗り込んでおきます。塗り込んでゆきますとだんだんとドア表面に糊のような剥離している様子が出てきて見ていて面白い工程です。この後スクリーパーと呼ばれる塗装時に良く使用される汚れや錆落としに使う道具を用いて剥離剤を塗り込んだところを削り取ります。

     

    スクリーパーで剥離作業

     

     見ていて気持ちいいほど旧塗膜が簡単に剥がれていきます。塗り込んだ後に15分前後時間をおいてからこちらの作業に移ります。この剥離剤を使用しての塗装はこの後の仕上に使用しますステイン塗料を塗装する際にとても有効となります。旧塗膜を剥がしませんと汚れも落とし切れませんし塗料の食いつきも全く変わってまいります。

     

    【灰汁洗いから開始】

     

    灰汁取り用のアクロン シミ抜き

    灰汁洗い等を行うと白木の様に綺麗な木下地が出てきます

     

     ミノキから出ているアクロン(灰汁洗い)・ノーベル(カビ落とし)・レブライト(シミ抜き)の3セットを使用して下準備を行います。

     まずはアクロンを刷毛で玄関ドア表面に塗り込んでいきます。塗り込みすぎて薬品が残ってしまわないように灰汁洗いで汚れを出した後は綺麗に洗い流します。

     

    灰汁洗い 漂白

     

     写真左の養生の上に流れているのが灰汁です。面白い様にドアから流れ落ちていきます。約20年近く紫外線の影響や外外的要因により汚れが染み込んでしまっていたものが一気に解放されていきます。その後にレブライトとノーベルを使用し、黒カビやシミを落とし切る工程に入ります。ここで焦っては仕上がりに影響が出ますので、しっかりと染み込ませてカビやシミをしっかりと落とし切ります。

     

    汚れが綺麗に落ちた玄関ドア

     

     玄関ドアが白木の様に綺麗になりました。調査時に多く散見された黒カビやシミが綺麗さっぱりと落ちてくれた様子です。これを見ていたS様はこれでもいいんじゃないかと仰られているほどでした。しかりこのままでは何も保護されていない状態ですぐに汚れが浸透していってしまいますので、仕上げに入ります。表面に若干残っている汚れはケレン作業を行い均しておきます。

     

    【仕上げ塗装】

     

    仕上にはオスモカラーウッドステインプロテクターのマホガニーを使用 刷毛やローラーで仕上げます

     

     仕上塗料には天然由来の無公害塗料を基本としているオスモカラーの「ウッドステインプロテクター」を使用致します。

     外装木部ならどちらにも相性が良い浸透型の木目を生かせる半透明仕上げ塗料となります。防腐や、防カビ性能も高く近年木部塗装では多く使用させて頂いております。艶もあり、日本の気候にも耐えうる高耐候性塗料です。予算があれば気軽に手に入るDIY用の木部塗料よりもまったく仕上がりが違いますので、プロに任せてみてはいかがでしょうか。

     洗浄の時点からしっかりと下地処理を行ってきたおかげで塗料も吸い付くように綺麗に塗られていきます。細かい所は刷毛で染み込ませていきますが、広い面に関してはローラーを使って二回塗りにて仕上げます。

    最後にクリアコーティングを行い玄関ドア塗装の完了となります。

     

    【完成】

     

    調査時とのビフォーアフター ウッドステインプロテクター塗装後

     

    最後はクリア塗料でコーティングして完了

     

     横浜市保土ヶ谷区上星川S様邸の玄関ドア塗装工事が無事に竣工となりました。塗装が終わり乾燥を待ってから撮影したところです。S様にもすぐに確認していただき、こんなに汚れも落ちて新品に交換したようになるとは思っていなかったと大変満足いただける施工となりました。

    今回使用しましたのはMIYAKIから出ておりますアクロン・レブライト・ノーベルを使用してしっかりと旧塗膜の剥離から始まり汚れを落とし切れたために仕上げのオスモカラー、ウッドステインプロテクターがより映えるように塗装できました。玄関ドアの塗装では木目を生かす塗装をする際は下準備がとても大切です。街の外壁塗装やさんでは玄関ドアの塗装実績も豊富にございます。ウッドデッキや玄関ドア、木製の外装材の塗装工事は街の外壁塗装やさんへ是非ご相談ください。

     今回使用しました仕上げ塗料は、オスモカラーのウッドステインプロテクター。お色は数ある中のマホガニーを使用しての塗装となりました。

     この度はご利用頂きまして誠にありがとうございました。

     

     

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2020-10-01 11:38:00 横浜市中区港町にて外壁の点検調査、劣化しやすい庇や軒天は外壁塗装と同時に塗装するのがおすすめです

      IMG_8524

       横浜市中区港町にお住まいのH様より「外壁塗装を検討中」とのご相談をいただき、点検調査に伺いました。築20年が経過し、2度目の塗装をご検討中とのことでした。  街の外壁塗装やさんでは、こまめな消毒やソーシャルディスタンスの確保など新型コロナウイルス対策を徹底して点検調査に伺っておりますのでご安心ください。 コーキング...続きを読む

      2020-08-20 11:37:02 横浜市鶴見区寺岡町にて外壁とバルコニーの点検調査、苔の発生は塗料の防水機能が低下が原因で塗装が必要です

      IMG_8524

       横浜市鶴見区寺岡町にお住まいのO様より、外壁とバルコニーの塗装を検討しているとご相談がありました。ご自宅へ伺い、点検調査を行いました。私たち街の外壁塗装やさんでは無料点検を行っておりますので、お家の塗装をお考えの方はお気軽にご連絡ください。 モルタルは汚れや苔がつきやすいので定期的な塗装が必要です  O様の...続きを読む

      2019-10-06 18:33:08 三浦市南下浦町上宮田でアパートの鉄骨階段を塗装するための事前点検

      IMG_8524

      三浦市南下浦町上宮田にあるアパートです。こちらのオーナー様から「鉄骨階段の見栄えが悪くなってきたので、塗装を考えている」とご相談をいただきました。よく見かけるタイプの外階段で、蹴込み板(踏み面の奥にある垂直部分)のないタイプです。   蹴込み板のないタイプは風通しがよい分だけ、雨などの水分も乾きやす...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る