横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市栄区本郷台でスレートと窯業系サイディングの屋根外壁塗装、ラジカル制御形塗料.....

    横浜市栄区の施工事例

    横浜市栄区本郷台でスレートと窯業系サイディングの屋根外壁塗装、ラジカル制御形塗料でピカピカに仕上がりました

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】

     今回は横浜市栄区本郷台にお住いになられているA様のお宅で屋根外壁塗装工事を行うこととなりました。築21年が経過した建物で新築当初からお住いになられているとのことでした。屋根はスレートで外壁は窯業系サイディング。3建ての2階と3階の間に幕板が取り付けてあり、その幕板を中心に上下で色と柄の違う窯業系サイディングが使用されておりました。
     これまでにも訪問業者によるメンテナンスのすすめなどはあったそうですが、メンテナンスを行ってはこなかったそうです。最近になって「幕板の表面が変色してきた」と感じる機会があり、21年目にして初めてのメンテナンスを行おうとお考えになられたそうです。
     調査にお伺いしたときは晴天で屋根に上ることも可能な天候でしたが、3階建てということもあり、2階の屋根は上って調査いたしましたが、3階の屋根はドローンを飛行させて調査いたしました。スレートに表面の劣化や小さなひび割れがありましたが塗装でのメンテナンスは可能な状態でした。幕板は確かに表面が劣化して変色しており、幕板上端に打たれているコーキングも傷み始めておりました。窯業系サイディングはコーナー部分の剥がれと大きな亀裂が1箇所ありました。全体的に傷み始めている症状が見受けられましたので、屋根外壁塗装工事のご提案をさせていただきました。  
     屋根に使用する塗料は、日本ペイントさんのファインパーフェクトベストという、ターペン可溶2液ラジカル制御形ハイブリッド高耐候屋根用塗料。そして外壁は日本ペイントさんのパーフェクトトップという、1液水性ラジカル制御形ハイブリッド高耐候性塗料を使用します。どちらもラジカル制御形の塗料です。近年ラジカル制御形の塗料の需要が高まってきておりますが、日本ペイントさんのパーフェクトシリーズはラジカル制御形塗料の中でも一番最初に人気になったシリーズです。外壁は既存と同様に2色使用して色分けを行いました。
     新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数や重症者数が最近は減りつつあるようですが、常に注意が必要な状態が続いております。街の屋根やさんでは、ソーシャルディスタンやマスクの着用、こまめ消毒やzoomを活用しての打合せなど、これまでと同様に講じてきた対策を取り続けて参ります。


    担当:佐々木


     今回は横浜市栄区本郷台にお住いになられているA様のお宅で屋根外壁塗装工事を行うこととなりました。築21年が経過した建物で新築当初からお住いになられているとのことでした。屋根はスレートで外壁は窯業系サイディング。3建ての2階と3階の間に幕板が取り付けてあり、その幕板を中心に上下で色と柄の違う窯業系サイディングが使用されておりました。
     これまでにも訪問業者によるメンテナンスのすすめなどはあったそうですが、メンテナンスを行ってはこなかったそうです。最近になって「幕板の表面が変色してきた」と感じる機会があり、21年目にして初めてのメンテナンスを行おうとお考えになられたそうです。
     調査にお伺いしたときは晴天で屋根に上ることも可能な天候でしたが、3階建てということもあり、2階の屋根は上って調査いたしましたが、3階の屋根はドローンを飛行させて調査いたしました。スレートに表面の劣化や小さなひび割れがありましたが塗装でのメンテナンスは可能な状態でした。幕板は確かに表面が劣化して変色しており、幕板上端に打たれているコーキングも傷み始めておりました。窯業系サイディングはコーナー部分の剥がれと大きな亀裂が1箇所ありました。全体的に傷み始めている症状が見受けられましたので、屋根外壁塗装工事のご提案をさせていただきました。  
     屋根に使用する塗料は、日本ペイントさんのファインパーフェクトベストという、ターペン可溶2液ラジカル制御形ハイブリッド高耐候屋根用塗料。そして外壁は日本ペイントさんのパーフェクトトップという、1液水性ラジカル制御形ハイブリッド高耐候性塗料を使用します。どちらもラジカル制御形の塗料です。近年ラジカル制御形の塗料の需要が高まってきておりますが、日本ペイントさんのパーフェクトシリーズはラジカル制御形塗料の中でも一番最初に人気になったシリーズです。外壁は既存と同様に2色使用して色分けを行いました。
     新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数や重症者数が最近は減りつつあるようですが、常に注意が必要な状態が続いております。街の屋根やさんでは、ソーシャルディスタンやマスクの着用、こまめ消毒やzoomを活用しての打合せなど、これまでと同様に講じてきた対策を取り続けて参ります。


    担当:佐々木


    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    ファインパーフェクトベスト(Jブラック),パーフェクトトップ(ND-184,ND-342)
    施工期間
    16日間
    築年数
    21年
    平米数
    屋根61.8㎡,外壁210.4㎡
    施工金額
    144.3万円
    お施主様
    A様
    保証
    8年間
    ハウスメーカー
    タムラ建築設計
    足場アイコン3階建て外壁塗装屋根塗装

    【点検の様子】

    幕板が傷んでいる コーキングが破れている

     窯業系サイディングの継ぎ目に合わせて幕板も取り付けられておりましたが、窯業系サイディングのの継ぎ目も幕板の継ぎ目も打たれているコーキングが傷んでおりました。コーキングが傷んでしまうと、ここから窯業系サイディングや幕板の割れが発生していまいます。雨漏りを引き起こす建物をございますので気を付けなければなりません。

     また、他のコーキング部分でも表面が破れていたり、すでに無くなっていたりする部分がございました。

     

    サイディングの割れ サイディングの傷み

     窯業系サイディングに大きな割れが見つかりました。サッシとの取合いではよく見かける現象です。コーキングが裂けているところから割れが始まっており、地震などの大きな揺れで割れてしまうケースもございますが、この割れはコーキングの劣化から引き起こされた割れのようです。裂けたコーキング部分に雨水が侵入したことで窯業系サイディングに染みてしまったことで割れやすい状態にないっておりました。また、コーナー部分にも傷んでいる箇所がございました。

     

     

    【施工の様子】

    スレートの表面を洗浄 窯業系サイディングの表面を洗浄

     屋根外壁塗装を行う場合は、最初に建物全体を高圧洗浄機を用いて洗浄していきます。上から順番に下に向かって洗浄していくことで、効率よく汚れを落としてくことが出来ます。

     普段から常に外部に面していて紫外線の影響を受け続けておりますので、スレートの表面は傷んでおります。傷んで脆弱になっている部分を洗い落としていきます。屋根の色が暗めの色なので確認しずらいですが、下に落ちてくる洗浄に使用した水はかなり濁った色をしておりました。屋根も外壁も汚れが見る見る落ちているのが分かります。

     

    継ぎ目のコーキングを撤去 撤去したコーキングを集めました

     窯業系サイディングの外壁では塗装前に必須の作業があります。窯業系サイデイングにはコーキングが使用されている箇所がたくさんあります。塗装を行う前にコーキングのメンテナンスを行っていきます。コーキング部分は最終的に塗膜で隠れてしまいます。

     コーキング工事には施工の種類があります。サイディング同士の継ぎ目に対する打ち替え作業、サッシまわりやベントキャップまわりに対する打ち増し作業、それ以外にも破風板や鼻隠し板継ぎ目、外壁と笠木の取合い、ひび割れや亀裂に対する埋め作業などを行っていきます。

     

    継ぎ目にプライマー塗布 新規コーキング打設

     打ち替え作業の工程を順番に載せております。既存のコーキング材をカッターを使用して綺麗に撤去してから、その溝に対してプライマーと呼ばれる密着剤を塗っていきます。密着剤を糊のような役割があります。プライマーを塗ってから新しいコーキング材を充填していきます。充填した後に押し込んで均す作業が続きますので、必ずコーキング材は溢れんばかり打ち込んでいきます。

     既存のコーキングは露出しておりましたのでかなり傷んでおりました。打ち込みが終わるとすぐに専用のヘラを使用して押し込みながら均していきます。縁の両側にマスキングテープを使用しておりますので、均してからマスキングテープを剥がしていきます。

     

    コーキングを押し込みながら均す 綺麗なコーキングの仕上がり

     追い込んでいる両側にコーキングが溢れて汚く見えますが最終的には綺麗なラインができます。マスキングテープに付着しているコーキング材は、サイディングの表面に付着しておりませんので、マスキングテープを剥がすと無くなります。マスキングテープをは剥がすと溝に打たれている部分だけが綺麗に残ります。

     コーキングを切れづらくすることが出来ます。溝だけでなくサイディングに少しはみ出るように、マスキングテープとマスキングテープの間隔を予め広めにとっておくことです。そうすることでコーキング材が溝とサイディングの継ぎ目を隠すように硬化してくれますので、後々に剥離が起こりづらくなります。

     

    塗装前に板金部分をケレン 屋根の下塗り

     板金部分は塗料の食い付きを良くするためにけれんという目荒し作業を行っておきます。サンドペーパーを表面に当てていきます。洗浄して乾いたスレートと板金部に下塗りを行っていきます。下塗りは下塗り材を塗ることで完成します。下塗りは塗る対象物と上塗り材の間を取り持つ塗料です。外壁用の塗料ではサイディングとモルタルでは使用する下塗り材が変わる種類も存在します。

     今回使用した下塗り材は色がグレーなので。一旦屋根が白っぽくになります。どの工程も欠かすこの出来ない作業です。この下塗り材を塗ることで、初めて上塗り材が塗れる状態となります。下塗り材が乾燥するまで時間を置きます。

     

    スレート下塗り中

     ドローンを飛行させて屋根塗装中のスレート屋根を撮影してみました。以前は黒かったスレートですが表面が脆弱だったせいか殆どが洗浄時剥がれ落ちてしまったようです。表面の剥がれたスレートが乾燥して白くなっております。そこへ職人さんが下塗り材を塗っているところです。

     棟や谷で分けながら順番に塗っていきます。屋根の上を上から見下ろす機会はほとんど無いと思います。ドローンを飛行させることで屋根の上でどのようなことが行われているか様子を見ることが出来ます。

     

    タスペーサー差し込み 差し込んだタスペーサーはそのまま

     下塗り材が乾燥して上塗り材を中塗りする前に行うことがあります。すれがタスペーサーを使用した間隔調整です。上下の重なり部分にタスペーサーを差し込んで、塗装した後に雨水が流れ出るような仕組みにしておきます。屋根塗料の取扱説明書に記載のある縁切りの代わりとなる作業です。

     タスペーサーは差し込んだままにしておいてこのまま中塗りを行います。上塗りが塗り終わってもこのまま完成を迎えます。塗装をしてしまうと重なり部分が目詰まりしてしまうので目詰まりを防止する作業といえます。

     

    屋根塗装上塗り

     タスペーサーを差し込んでも重なり部分の隙間がくて抜け落ちてしまうときは、皮すきやカッターなどを使用して塗膜を切って予め隙間を開ける作業を行います。この作業が終わってから中塗りを行います。横浜市栄区本郷台A様のお宅で使用した屋根用塗料は、日本ペイントさんのファインパーフェクトベストです。

     日本ペイントさんのファインパーフェクトベストは、ターペン可溶2液ラジカル制御形ハイブリッド高耐候屋根用塗料です。同じ価格帯の塗料の中では長持ちする部類に属します。中塗りから上塗りに移るタイミングでも色ムラが出ないように隙間なく塗っていきますが、乾燥・硬化してから色ムラのチェックは怠りません。

     

    外壁の下塗り 外壁の中塗り

     外壁の塗装やっていきましょう。屋根塗装と同様に下塗り材を塗ってから上塗り材を中塗り・上塗りと2回塗りしていきます。外壁塗装で使用する上塗り材は、日本ペイントさんのパーフェクトトップです。ラジカル制御形と言われる種類に属しておりラジカル制御形の元祖とも言われている塗料です。

     パーフェクトトップを使用するには指定された専用の下塗り材を使用します。パーフェクトサーフという下塗り材を塗っていきます。既存のサイディングの色が見えなくなるまで塗っていきます。パーフェクトトップは塗る外壁材の種類や既存の仕上がりによって使用する下塗り材を選ぶ必要があります。

     

    外壁の上塗り 外壁の上塗り色違い

     横浜市栄区本郷台A様のお宅では、外壁の柄2種類使用されております。窯業系サイディングに塗る塗料を2色使用しております。明るい茶色と薄い茶色を使用しております。色割りは既存と同じしており、既存の色に近い色をお選びになられました。

     中塗りは、その前に塗ってある下塗り材の白色が全く見えなくなるまで塗っていきます。中塗りをし終えると大体の完成のイメージが湧いてきます。中塗りが乾燥してから上塗りを行っていきます。中塗りを終えて上塗りを行っていくと同じ塗料を2回塗ることで艶がどんどん出てきて発色が良くなっていきます。太陽の光に照らされる輝くような印象を受けます。上塗りが終わって乾燥してからは、塗り分け部分のライン出しやサッシや板金部とのライン出しなどの細かな微調整を行っていきます。

     

    シャッターBOXケレン シャッターBOX錆び止め

     付帯部の塗装は日本ペイントさんのファインSiを使用します。鉄部には先にハイポンファインプライマーⅡという錆び止め塗料を使用してからファインSiを2回塗りします。付帯部はそれぞれの色を変えるより統一させたほうが、統一感があって完成したときの見栄えもスッキリしやすい傾向にあります。

     付帯部に使用したファインSiは、外壁に塗った23-255という焦げ茶色に統一いたしました。既存のサッシの色に近い色をお選びになられました。錆び止めを塗る前には必ずケレンという作業を行います。

     

    シャッターBOX下塗り シャッターBOX上塗り

     霧除けを塗っている写真を載せておりますが、霧除けや基礎水切り、バルコニー水切り、軒下換気口、雨戸や戸袋などの鉄部分も同様の塗り方をしていきます。ファインSiは、水性ではなく2液型のシリコン系塗料になります。

     ケレンは塗料の食い付きを良くするための目荒し作業です。ケレンが終わりハイポンファインプライマーⅡを塗って乾燥したあとに、ファインSiを2回塗っていきます。中塗りと上塗りの間隔も乾燥を待ってから上塗りを行います。

     

     

    【完成】

    塗装完成

     横浜市栄区本郷台A様のお宅の屋根外壁塗装工事が完成しました。今回使用したファインパーフェクトベストの色はJブラック。ブラックに少し青の入った色です。

     外壁に使用したパーフェクトトップの色は、薄い茶色はND-184。明るい茶色はND-342を使用いたしました。外壁も屋根同様に仕上がりを最後にもう一度見てまわります。コーキング部分に塗っている塗膜の被りの状態を確認してまわります。

     

     

    【ドローン撮影】

    ドローンで綺麗になった外観を撮影

     周囲の建物同士がかなり接近して建てられていることで、地上から全体を捉えた写真を撮れるスペースがございませんでしたので、ドローンを飛行させて上空からの撮影を試みました。屋根の色と外壁の2色がとてもマッチしていることが分かります。

     既存の色合いが気に入っているようで「今と同じ色にしたい」とのご希望でした。何でも新築時にも色はご自分でお選びになられたそうでお気に入りだったようです。そんな中ので行われた屋根外壁塗装工事ですが、「前と変わらない色合いで良かった」とお喜びのご様子でした。

    この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

     

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-05-15
      横浜市港南区日野南のお住まいの屋根では、以前行われた塗装時の縁切り作業、タスペーサーの挿入が不十分でした

       横浜市港南区日野南のお住まいの屋根の点検をしたときの様子をご紹介いたします。  こちらのお住まいは、築25年で屋根塗装を12年前に一度行っているとのことでした。経年で塗装が劣化している以外にも気になる箇所がありましたので詳しく見ていきます。 ...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-05-14
      横浜市保土ヶ谷区新桜ケ丘にて屋根外壁を塗装前に点検調査、苔や藻などの汚れは放置するとお住まい自体を傷めてしまいますので早めに塗装でメンテナンスを行いましょう

       横浜市保土ヶ谷区新桜ケ丘にお住まいのK様より、築10年を超えてきてそろそろ外装のリフォームを検討しているので一度屋根と外壁を詳しくみてほしいと街の外壁塗装やさんへお問合せを頂きました。まずは屋根外壁ともに塗装でメンテナンスできる状態か確認も必要ですので、日程...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-05-14
      横浜市瀬谷区南台にてお住まいの点検調査、傷んだ屋根にはベスコロフィラーで下塗りをして屋根を蘇らせます

       横浜市瀬谷区南台のT様邸にてお住まいの点検調査に伺いました。T様は屋根と外壁の塗装をご検討され、ご連絡くださいました。私たち街の外壁塗装やさんでは、点検〜お見積もりの作成まで無料で行なっておりますので、お気軽にご利用ください。新型コロナウイルス対策を徹底して...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る