横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市磯子区|外壁塗装の時期の目安に目地コーキングをチェック

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市磯子区|外壁塗装の時期の目安に目地コーキングをチェック

    更新日:2016年11月14日

    本日は横浜市磯子区で行った外壁調査をご紹介いたします。外壁の塗り替えしたいというご希望でしたので、まずは下地の状態や他に悪い箇所などがないか徹底的に調査し、必要な工事をご提案させていただきたいと思います。

    横浜市磯子区 点検対象のお住まい 横浜市磯子区 外壁が汚れている

    これから調査を行うお住まいです(左写真)。今回が初めての外壁塗装ということらしいのですが、だいぶ長い時間メンテナンスをしていないようで外壁にはチョーキングが見られました。(チョーキングとは塗料が劣化して粉状になった状態です)撥水効果もないため外壁も汚れやすくなっているようで、随所に汚れが見られました(右写真)。
    外壁の塗り替えを考える場合、やはり気になるのはこのような汚れや色褪せです。新築で購入したお住まいはぴかぴかで、見ていても気持ちがいいものですが、それは外壁表面の撥水性や艶などがあるからであって時間が経ってその効果がなくなればどうしても汚れなどが目立ってしまいます。

    横浜市磯子区 目地のコーキングがひび割れしている 横浜市磯子区 軒天付近がひび割れしている

    外壁目地のコーキングにひび割れが見られました(左写真)。外壁同様、コーキングも同じだけ年数が経っているので経年劣化は仕方ありません。殆どの場合、塗装よりもコーキングの方が早く耐用年数を超えてしまうので、その都度メンテナンスをしていく必要があるのです。
    コーキングは本来弾力性を有しており、建物の伸縮に追従するようになっています。しかし、経年によって硬質化したり痩せによってひび割れし、機能を果たせなくなってしまいます。コーキングの隙間から水分が侵入すればそこから雨漏りしてしまいますので、放置せず早めに対応するようにしましょう。

    今回の調査の結果、外壁塗装と目地コーキングの補修をご提案させていただきました。外壁塗装を検討するにはこのようにまずは点検でどこがどのように悪いか判断する必要がありますが、最初の一歩は「そろそろ外壁塗装が必要かも?」とご自分で気が付く必要があります。外壁塗装の塗り替え判断はご自分でもできるようにチェックシートをご用意しております。(お住まいが教えてくれる塗り替えのサイン

    横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-07-19 10:23:50 窯業系サイディングのメンテナンスについて|相模原市南区

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-07-14 07:48:41 横浜市鶴見区|5,6年後を見据えたメンテナンス・屋根外壁塗装

      IMG_8524

      本日は横浜市鶴見区にお住いのS様より、屋根外壁塗装の為の調査依頼を頂きました。S様宅は築30年、5,6年後には建て替え、若しくは建て壊しを検討。現状、雨漏りなどはないが、5、6年間何も手を付けないのには不安があるとの事で、全体的に塗装を施したいとのご要望です。 外壁にはところ所で補修痕が見受けられます。今まではご...続きを読む

      2018-07-10 09:31:39 窯業系サイディングの劣化症状とメンテナンスをご紹介|伊勢原市

      IMG_8524

      ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る