横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > いろいろなコーキング材について

    いろいろなコーキング材について

    更新日:2016年11月29日

    ますます寒くなり北風が身にしみるようになりました。 イチョウの葉もいっせいに落ちだしてもう冬へまっしぐらといった感じですね。また、乾燥対策も本格的に考えなければなりませんね。
    銀杏並木ストーブ
    さて、家も経年劣化で少しずつ外壁も劣化します。長期間、日に照らされていたり、風雨にさらされてればどうしてもコーキング部分の劣化は目立ってきます。 コーキング材にも用途によって異なりますので、選び方に注意が必要です。

    変成シリコン系
    外壁の目地、窓枠や屋根の板金などほぼ全用途に対応しています。天候の影響にも強いので10年から15年ぐらいもちます。

    ウレタン系
    コンクリートや木材、金属、配管に使われます。充填後にゴムのような弾力を持ちます。耐久性は高いのですが、紫外線に弱いので家の外回りには不向きです。使う場合には上から塗装をする必要があります。

    油性系
    表面に皮膜を形成しますが、内部は固まりません。窓枠、ドア枠に使用されます。

    アクリル系
    硬化するとゴムのような弾力を持ちます。湿った面でも使用可能です。内装の目地に使われます。 但し耐久性に乏しいのが弱点です。
    目地剥がれコーキング中

    主なコーキング材はこのとおりです。ただ自分でやるとなると気象条件など色々考えながら最適なものを選ぶのは困難なものです。

    このような場合には私たちにお任せください。点検、お見積もりも無料で対応させていただきます。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る