横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > サイディングのコーキング(シーリング)補修

    サイディングのコーキング(シーリング)補修

    更新日:2015年5月15日


    住宅もファッションと同じように流行りの建築様式があり、数年から十数年ごとに流行りの建築スタイルがあります。

    30年程前にはモルタル壁が大いに流行りましたがモルタル壁は施工に時間がかかった為、より工期が短く比較的安価なサイディング壁が流行しました。

    サイディングとは板状の外壁材の事で、主に窯業系と金属系のものがあります。

     

    窯業系サイディング

    粘土、ケイ砂、石灰岩などのセメント質に木片などを混ぜ、窯で熱処理して作った非金属系の外壁材。
    金属系サイディング

    表面材にガルバリウム鋼板やアルミなどの金属を使用し、裏に断熱材を入れた外壁材。

    窯業系、金属系サイディング材自体はどちらも耐用年数が長いのですが、経年変化により表面塗装が劣化しますので10年~20年で塗り替えが必要です。

    また、サイディングは下地部分に外壁材を張り付けていますので、外壁材と外壁材のすき間を目地材(コーキング剤など)で埋めています。

    このコーキング部分は紫外線や風雨の影響によって劣化しますので、補填材の種類にもよりますが平均で5年毎にメンテナンスをすると良いでしょう。

     

    下記の手順で基本的なコーキング補修を行います。

    サイディング補修 既存コーキング撤去

    1.既存のコーキング剤撤去。

    サイディング補修 バックアップ材

    2.清掃後、周囲を養生しバックアップ材で補強します。

    サイディング補修 

    3.補填材塗布後、均し作業をします。

    サイディング補修 塗装後

    4.補填材が十分に乾いてから外壁塗装を行います。

     

    コーキングの打ちかえで重要なポイントは、如何に既存のコーキングを除去できるかです。

    傷んでいるコーキングの上からコーキング剤を補填しても、十分な耐用年数は得られません。
    サイディングの下には防水面があるため、コーキングの劣化が直ちに構造体を傷めることはありませんが、
    劣化したまま放置し続けるとサイディングの反りを招いたり、雨が内部に入り込む事によってカビが発生し構造体を腐食させる要因になります。
    コーキングの劣化を見つけたらお住いの強度維持の為にも早めの対処が望ましいですね。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る