横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 外壁や屋根の塗料は様々な試験を受けています

    外壁や屋根の塗料は様々な試験を受けています

    更新日:2017年8月16日

    実は、外壁塗装や屋根塗装の塗料は様々な試験を受けてから市場に出ているのをご存知でしょうか。
    塗料や塗膜の試験は、塗料が正常に生産され、塗料によって目的の塗膜が出来るかどうかを知るうえでとても重要です。
    また、試験を行うことで、各塗料の性能や性質を知ることができるため、適材適所で塗料を使用するころが出来るのです。
    塗料や塗膜の試験方法はJIS(日本工業規格)によって形式と規格が定められています。
    本日は、その中でもひっかき傷や曲げなどの物理的な試験をご紹介致します。
    お家
    ●塗膜の概観
    乾燥し、仕上がった状態の外観を肉眼で調べるもので、正常な外観であるかどうかを判断します。

    ●鏡面光沢度
    塗膜のつやがどの程度あるのかどうかを光沢度計を用いて測定します。

    ●硬さ試験
    鉛筆法、鉛筆引っ掻き値、荷物重針法があります。
    塗膜の硬さを調べる試験で、それぞれ塗膜を規定時間乾燥させてから硬度を試験します。

    ●耐屈曲性
    塗膜の柔軟性を表す性質に可とう性があります。可とう性がないとひび割れや剥離を起こしてしまうことがあります。
    可とう性を調べる試験が耐屈曲性試験です。
    鉛筆
    塗装
    ●付着性
    塗膜にカッターで切り込みを入れ、規定されたテープを張り付け引きはがし、塗膜の剥がれ程度を試験結果の分類表で判定します。

    ●耐おもり落下性
    規定された高さからおもりを落下させ、落下した衝撃による変形や割れ、はがれが認めれるかどうか判定されます。

    ●耐摩耗試験
    塗膜がこすられたり削られたりすることに耐える能力を測定します。

    ●耐洗浄性
    耐摩耗性試験は乾燥状態での試験ですが、それとは反対で、耐洗浄性は湿潤状態での耐摩耗性を測定します。


    外壁塗装の用いられる塗料は塗装する箇所や外壁材によって求められる塗料の性能は変わってきます。
    硬ければ良いというものではありません。ある程度の柔軟性がないと、地震や振動でひび割れが入ってしまうこともありますし、寒暖差による伸縮についていけないこともあります。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る