横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • イオン銀行住宅ローン

    HOME > 屋根のメンテナンスについて~セメント瓦編~

    屋根のメンテナンスについて~セメント瓦編~

    更新日:2015年8月22日

    瓦は素材にによってメンテナンス方法が異なります。今回はセメント瓦のメンテナンス方法についてお話しようと思います。

    セメント瓦

    こちら一見すると粘土瓦のような見た目ですが、粘土瓦とは素材も製法も異なるセメント瓦です。

    粘土瓦は粘土を主な原料として窯で焼成されたものですが、セメント瓦はセメントへ川砂などの骨材を混ぜ成形した瓦です。工場でのプレス生産や型に流し込んでの生産になるので粘土瓦と比べ均一で施工しやすいといった特徴があります。

    セメント瓦は風雨や紫外線によって経年変化し、塗膜が劣化していきます。瓦内部の成分が流出すれば表面がざらつき、瓦自体が脆くなってしまいます。

    メンテナンスせず放置し続けた場合、アンテナ交換などで屋根に上った際にすぐ割れてしまう事でしょう。なお、屋根材の劣化が進むと塗装で対応できないので葺き替えが必要です。

    セメント瓦は塗装可能な瓦ですので脆くなって割れてしまう前に塗装してあげましょう。塗装の目安は10年に一度です。

    セメント瓦洗浄セメント瓦の塗装

    塗装メンテナンスの手順として、高圧洗浄で表面の汚れや塗膜を落としてから塗料を塗っていきます。瓦の状態によって重ね塗りの回数を調整します。(写真の屋根は計3回重ね塗りをしています)

    洗浄時に汚れをしっかり落とし、洗浄後の乾燥時間もしっかり取るのがセメント瓦の塗装を長持ちさせるポイントです。

    セメント瓦の塗装2セメント瓦 塗装後

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る