横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 意外と知らない塗料の乾燥時間と乾燥までの注意点

    意外と知らない塗料の乾燥時間と乾燥までの注意点

    更新日:2017年8月22日

    屋根・外壁の塗り替えにはとても高いお金がかかるのをご存じでしょうか?
    かなりの高額で工事を行ったのに、塗って間もなく塗膜がはがれてしまった、ということは避けたいところです。
    塗膜の剥がれの原因には、下塗り、中塗り、上塗りを塗り終わった後の塗料の乾燥が大きく関わってきます。
    そこで本日は、塗料が完全に乾燥するまでに気をつけるべき点や日数をご説明したいと思います。
    お住まい
    上記で述べたように塗膜の剥がれには「乾燥」が大きく関わってきますが、塗料が乾燥したかどうかの判断はとても難しいと言われています。実際に、プロの職人さんでもわかりにくいと言われているそうです。
    塗料が乾燥されているかどうかの判断が難しい理由には、塗料や水性塗料といった塗料の種類や気温、湿度などの要因が関わってくるために、その時その時での正しい判断が必要とされるからです。
    しかし、塗料を完全に乾燥させれば塗膜が剥がれてしまうという事態は避けられるのです。
    塗膜
    塗装
    では、塗料が完全に乾燥するまでにはどれくらい時間がかかるのか?
    実際に養生を外すのは24時間後となりますが、完全に乾燥されてはいません。
    塗料が完全に乾燥するには、塗料によって変わってきます。
    約2週間はかかると言われているものから、半年かかると言われているものもあります。
    また、塗料が完全に乾燥するまでは、むやみに触ることや物を立掛けたりすることはやめましょう。完全乾燥するまでは表面のみが乾燥している状態なので何か負荷をかけてしまうと、内部から剥がれてしまう可能性もあります。
    乾燥時間は伝えてもらえても、乾燥するまでの注意事項は意外と伝えてくれない業者もいます。
    そのため、塗料がしっかりと乾燥するまでは注意しましょう。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る