横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 違う色でも同じ色にみえるのは何故?

    違う色でも同じ色にみえるのは何故?

    更新日:2015年9月2日

    照明の暗いお店で買った品物を外で見てみたら買った時とイメージが違った、なんて経験はありませんか?

    人間の眼と脳は様々な状況に応じるように見え方を補正していますが、そのすべてに完璧に対応しているわけではないようです。

    例えば明るい場所から暗い場所へ出た時に、人間の目が完全に慣れるまで30分ほど掛かると言われていますし、暗い場所では暗い色は見えづらく、明るい色は見えやすくなります。実際に白系統の自動車は他の色と比べると夜間の事故率が低く、黒や青系の自動車は事故率が高いという統計もあります。これは暗い所ではすべての色が同じように見えている訳ではない、という事を証明しています。

    同じ色でも明るさによって見え方が異なるというのは私たちにとって想像しやすいですが、その逆の現象があるのをご存知でしょうか?

     

    人間の眼は周囲の色に応じで自動的に調節する機能を持っています。

    例としては、色の付いたサングラスを掛けると最初はそのサングラスの色を通した色味に見えますが、しばらくするとサングラスの色味を意識しなくなるといった事が挙げられます。

    明るいベランダ

    こちらは日中のベランダの写真と夕方のベランダの写真です。

    夕焼け色のベランダ

    2枚の写真は並べて比べると明確な色の差が出ますが、実際に夕焼けの中では白い壁をオレンジの壁と認識する事はないでしょう。

    これは記憶されている色(白い壁)に対して、脳が自動的に周囲の赤みを補正して捉えているからです。

    塗装に関して置き換えてみるとちょっと極端な言い方ですが、一度気に入った色はどんな時でもその色の記憶が強く残り、その色にしか見えなくなるという事も言えます。

    お家の塗り替えは約10年に一度。気に入った色で長く過ごせるように色選びは吟味したいですね。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る