横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 傷んだ柄のあるモルタル壁をエラストコートで塗り替え|横浜市緑区

    横浜市緑区の施工事例

    傷んだ柄のあるモルタル壁をエラストコートで塗り替え|横浜市緑区

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    「息子夫婦のために家をメンテナンスしたい」とのご要望で、弊社に調査依頼がありました。柄ついたモルタル壁が傷んだ状態でしたが、以前に行った亀裂補修の部分が変色しており、その部分だけが目立っている状態でした。変色が起こらないように補修して、高耐候塗料のエラストコートで仕上げます。

    【工事内容】
    外壁塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    エラストコート,ファインSi
    施工期間
    14日間
    築年数
    25年
    平米数
    14.2㎡
    お施主様
    A様邸
    保証
    10年間
    足場アイコン外壁塗装
    IMG_2127-1
    IMG_2152-3
    10年以上前に外壁塗装で亀裂補修をしたところが、変色をして目立つようになっております。横浜市緑区A様が仰るには、「塗装してから1年経たないうちに変色が始まっていた」とのことでした。亀裂補修に使用したコーキング材に問題があったようです。建物を少し離れたところから眺めると、亀裂補修したところがはっきりと分かります。
    IMG_2138-1
    IMG_2398-2
    前回の外壁塗装の後に出来た亀裂もありました。新しい亀裂ということになります。特にサッシの四隅のあたりから発生しているパターンが多かったです。横浜市緑区A様のお宅の外壁は、メンテナンスを行うにあたって亀裂がひとつのキーワードということになりそうです。以前に出来た亀裂も、新しく出来た亀裂も、変色やすぐに亀裂が浮き出てこないように補修する必要があります。
    IMG_5273
    IMG_5274-1
    外壁塗装を行うときは、外壁を洗浄することから始めます。高圧の水を使用して外壁をくまなく当てていきます。この作業を高圧洗浄と呼びます。長年にわたって付着した汚れを洗い流します。洗い流すことで、これから塗る塗料の付着性が向上します。高圧洗浄を行うときは、付帯部も一緒に洗い流します。雨樋や雨戸、シャッターBOXなど外壁に取り付けてあるものは全体的に表面の汚れを洗い流していきます。
    IMG_5266-1
    IMG_5261
    変色を起こしていた既存の亀裂補修の部分は、変色の原因となっていたコーキング材を除去するために、少し広めの幅でカットしていきます。変色の原因となっていたコーキング材が残らないようにします。そのうえで、改めて新しいコーキング材を打っていきます。今回使用してるコーキング材は変色しません。
    IMG_5257
    IMG_5253
    外壁塗装を行っていきます。白色の塗料を最初に塗りますがこれは下塗り材です。下塗り材を1回塗って、それから上塗り材を2回塗って、計3回塗っていきます。下塗りは、既存の仕上りが見えなくなるまで塗り込んでいきます。下塗り材が乾燥した後に、上塗り材を中塗りとして塗っていきます。中塗りは下塗り材の白色が見えなくなるまで塗り込んでいきます。
    IMG_5250-1
    IMG_5229-1
    中塗りの乾燥が終わると、仕上げの上塗りを始めます。エラストコートは上塗り材を2回塗ることで、本来の色がしっかりと出てきます。補修した亀裂補修も上塗りを終えて、見ても気づかなくなりました。雨樋などの付帯部塗装も外壁塗装と並行させながら行っていきます。
    IMG_5217-1
    IMG_5234-1
    上の画像は霧除けと雨戸の塗装を行っている風景ですが、赤色の塗料は錆び止め塗料になります。鉄部の部分に関しては、ケレンを終えて最初に塗るのは錆び止め塗料です。その上で上塗り材を2回塗りしていきます。鉄部も計3回塗っていきます。
    IMG_5215
    IMG_5231-1
    付帯部の上塗り材はファインSiを使用しております。ファインSiを2回塗ることで、錆び止め塗料の赤色を全く感じないまでに仕上がります。ファインSiは様々なところに塗装可能な塗料で、オールマイティな活躍をしてくれます。
    IMG_5395
    横浜市緑区A様のお宅の外壁塗装が完了しました。外壁と付帯部で計2色の塗料をしました。どこか温かみがありながらも、統一感のあるスッキリとした外観になりました。外壁のエラストコートの色はB-490 DesertGold。付帯部のファインSiの色は23-255を使用しております。この度はご利用頂きまして、誠にありがとうございました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-06-09 18:53:55 川崎市麻生区高石にて築10年目で初めての外壁塗装、モルタル外壁の凹凸には汚れや水分が留まりやすく苔や藻も発生しやすい

      IMG_8524

      築10年経ち、そろそろ家のメンテナンスをと考えはじめたのがきっかけで外壁塗装調査のご依頼を頂きました川崎市麻生区高石にあるお宅へ調査に伺った時の様子を紹介します。 現地に到着し、外観を見たところモルタル外壁で意匠性が高い建物でした。 モルタルを塗る職人さんの腕や考えでデザインが変わる味のある外壁が多いのがモルタルが使...続きを読む

      2019-06-07 08:29:52 横浜市港北区篠原町のマンションにてALCパネルの外壁塗装の為の点検調査

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区篠原町のマンションにて、ALCパネルの外壁塗装の為の調査にうかがってまいりました。 こちらの建物は築15年程で今回が初めてのメンテナンスになります。ALCは軽量気泡コンクリートと呼ばれる建材で住宅やマンションなどの外壁に広く用いられております。サイディングやモルタルを使用した外壁よりも断熱性や耐火...続きを読む

      2019-05-25 08:42:48 横浜市港北区綱島西にて築15年目で初めての外壁塗装のための点検調査、サイディングの目地コーキングの打ち替えは必須です

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区綱島西S様宅にて、築15年目で初めての外壁塗装を行うための点検調査を行いました。きっかけは屋根のアンテナの撤去のご相談で屋根の調査を行ったことです。屋根は棟板金の浮きや釘浮きが見受けられ、屋根材表面も傷みが見受けれたため、棟板金の交換と屋根塗装を行う方向でお話が進んでおりました。外壁は見た目ではまだ大丈夫では、...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る