横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 傷んできた屋根と外壁にパーフェクトシリーズで塗装|横浜市神奈川区

    横浜市神奈川区の施工事例

    傷んできた屋根と外壁にパーフェクトシリーズで塗装|横浜市神奈川区

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    「屋根・外壁塗装を検討している」とのことで調査にお伺いさせて頂きました。屋根は化粧レートで、外壁は窯業系サイディングのお宅でした。特に窯業系サイディングに関しては、表面が剥がれ出しており、反っているところもありました。また破風板の表面も剥がれており、このままでは傷みが進行してしまう可能性が高い状態でした。

    【工事内容】
    外壁塗装 屋根塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    パーフェクトトップ,ファインパーフェクトベスト,ファインSi
    施工期間
    19日間
    築年数
    18年
    平米数
    屋根75.7㎡ 外壁122.5㎡
    お施主様
    S様邸
    保証
    10年間
    IMG_2901
    IMG_2848
    窯業系サイディングの継ぎ目には、必ずと言って良いほどコーキングが打たれてあります。またバルコニーの笠木のと窯業系サイディングの取合いにも打たれてあります。コーキング材は劣化してくるとシワシワな状態になってきます。横浜市神奈川区S様のお宅に打たれているコーキング材は、すでにシワシワな状態でした。塗装の際はこのコーキング部分もメンテナンスする必要があります。
    IMG_2896
    IMG_2924-1
    窯業系サイディングを上から下まで舐めるように見ていきます。固定するために打たれている釘の周りを中心に、小さなひび割れが発生しております。バルコニーの手摺壁のあたりでは、窯業系サイディングが反ってしまっており、下から眺める段差が出来ているのが分かりました。このような反りに対しては出来る限り再固定してから塗装する必要があります。
    IMG_2852-1
    IMG_2854
    破風板や鼻隠し板には、基材としして繊維混入セメントケイ酸カルシウム押出成形板が使用されております。もともと断面が塗装されていない箇所もあるようで、素地がそのまま露出した状態になっております。素地が露出した状態だと、雨水や湿気をそのまま吸い込んでしまうので、早期劣化の原因に繋がります。破風板の表面も剥がれ出しておりますので、このような付帯部もちゃんと塗装するしましょう。
    IMG_6228
    IMG_6221
    屋根外壁塗装で最初に行うのは、新しい塗膜がしっかりと付着するように屋根や外壁の表面を洗浄することから始まります。屋根や外壁の表面に高圧な水を当てて、長年かけて付着した汚れを落としていきます。この作業を高圧洗浄と呼びます。
    IMG_6225
    IMG_6219
    高圧洗浄は屋根や外壁のみならず、雨戸や破風板などの付帯部も一緒に汚れを落とします。建物で一番高いところにある屋根から一番低いところにある基礎の水切りまで、上から下へと洗い流していきます。
    IMG_6207
    IMG_6206
    窯業系サイディングの継ぎ目に打たれているコーキング材は、全て綺麗に撤去して、新しいコーキング材に打ち替えます。建物によりますが、破風板や鼻隠し板の継ぎ目にも打たれていることがあります。そんなときも同じように打ち替えます。打ち替える際には、プライマーを塗布してから打ちます。
    IMG_6191
    IMG_6192
    サッシまわりに打たれているコーキング材に対しては、既存のコーキング材の上に打ち増すかたちをとります。その際もコーキング材を打つ前に、既存のコーキング材に対してプライマーを塗布してから打ちます。マスキングテープを外すと綺麗に真っ直ぐなラインが出ます。
    IMG_6146
    IMG_6182-1
    破風板には表面が剥がれているところが最初からありましたが、高圧洗浄やケレンをするとそれ以外にも剥がれてくることがあります。白く見えているところが表面が剥がれてしまっているところです。このようなところは、カチオンシーラーという密着性を高める塗料を塗ってから通常の塗装工程に入ります。
    IMG_6208
    IMG_6174-1
    屋根塗装は高圧洗浄が終わって乾燥させたあとに、下塗り材を塗っていきます。白い塗料が下塗り材なのですが、既存の化粧スレートの色が見えなくなるまで塗っていきます。化粧スレートを屋根塗装する際は、雨漏り防止のためにタスペーサーを、化粧スレートの重なり部分の隙間に差し込みます。
    IMG_6154-1
    IMG_6142
    上塗り材を使用して中塗り・上塗りと行っていきます。横浜市神奈川区S様のお宅で使用している上塗り材は、日本ペイントさんのパーフェクトシリーズの屋根用塗料、ファインパーフェクトベストを使用しております。中塗りでは下塗り材の白色が見えなくなるまで塗り込んでいきます。中塗りの塗料が乾燥・硬化したのを確認してから上塗りを行って仕上げていきます。
    IMG_6201-1
    IMG_6181-1
    外壁塗装も行っていきます。横浜市神奈川区S様のお宅の窯業系サイディングは、反っているところがありました。塗装工程に入る前に、ビスを使用して再固定していきます。白色の塗料は下塗り材です。外壁も屋根と同様に、窯業系サイディングの色が見えなくなるまで塗っていきます。
    IMG_6158-1
    IMG_6150
    窯業系サイディングを塗るために使用している塗料は、日本ペイントさんのパーフェクトシリーズの外壁用塗料、パーフェクトトップを使用しております。中塗りでは下塗り材の白色が見えなくなるまで塗り込んでいきます。中塗りの塗料が乾燥・硬化したのを確認してから上塗りを行って仕上げていきます。パーフェクトトップは艶の種類も豊富で、様々な場面で選びやすいのも魅力の一つです。
    IMG_6123
    IMG_6120-1
    屋根や外壁の塗装と同時進行で、付帯部の塗装も行っていきます。上の画像にあるのは出窓の屋根部分にあたる霧除けです。金属部ですのでケレンした後はケレンをして目荒らしを行います。金属部は上塗り材を塗る前に錆び止め塗料を塗ります。今回付帯部に使用している上塗り材は、日本ペイントさんのファインSiを使用しておりますので、錆び止め塗料はこちらも日本ペイントさんのハイポンファインプライマーⅡを使用します。ファインSiは2回塗りになります。
    IMG_5813
    IMG_5806-1
    日本ペイントさんのパーフェクトトップは、既存の状態が思い出せなくなるくらい質感良く仕上がります。既存の窯業系サイディングの柄もきちんと綺麗に残りました。また、ファインSiの仕上りもとても良いです。雨戸に塗ったファインSiですが、反射して足場の柱や景色も写り込むくらいです。弊社職人の塗り方が良いのもありますが、新品のような輝きになります。
    IMG_8124-2
    横浜市神奈川区S様のお宅の屋根塗装と外壁塗装、付帯塗装が完了しました。使用する塗料の色をある程度絞った方が、統一感があり締まった外観になる傾向があります。屋根塗装に使用したファインパーフェクトベストの色はブラック。外壁塗装に使用したパーフェクトトップの色はND-322。付帯部に使用したファインSiの色は23-255。基本的には3つの色を使用して仕上げたことになります。この度はご利用頂きまして、誠にありがとうございました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-10-13 07:46:15 横浜市旭区で築11年のコンクリート(RC)造の外壁調査を行いました

      IMG_8524

      本日は横浜市旭区T様宅にて、塗装の為の点検調査に伺ってまいりました。T様宅は築11年、コンクリート(RC)造の外壁です。屋根は陸屋根になっており、去年太陽光パネルの設置を行った際にウレタン防水の処置を施したそうです。そこで今回は外壁のメンテナンスを行うためにどの様な処置が必要かなどのアドバイスをいただきたいとの事で、ご相談を頂き...続きを読む

      2018-10-04 08:20:07 横浜市青葉区にて築15年のモルタル壁とサイディング壁の外壁調査

      IMG_8524

      本日は横浜市青葉区M様より、外装リフォームの為の点検調査のご依頼を頂きました。M様宅は築15年、今回が初めての外装リフォーム(メンテナンス)工事になります。工事を行うに伴って、現時点での建物の状況を確認する必要がございます。塗装でのメンテナンスを希望されていたとしても、雨漏りを起こしていたり、下地に腐食や劣化が見受けられる場合な...続きを読む

      2018-09-28 21:47:41 横浜市鶴見区にて築30年で2回目の外壁塗装、気になるコーキングの劣化を調査

      IMG_8524

      本日は約15年程前に中古物件を購入し、その時にリフォームして以来の2回目になる外壁塗装をご検討とのことで、どれぐらい劣化しているのかの点検をしてほしいとの事でお伺い致しました。2回目にはなりますが既に築30年以上経っているとのことですので、現状の傷みをしっかり調査し最適なご提案ができるよう調査致します。 【全てのコーキングに見...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る