横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

大和市の施工事例

大和市築14年の屋根外壁塗装ファインシリコンフレッシュとサーモアイ4F

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】
バルコニー上裏の染みとコーキングの劣化が著しい事にお気づきになり調査のご依頼がありました。外壁材は窯業系サイディング、屋根材は化粧スレートの使用した3階建ての住宅です。外壁をファインシリコンフレッシュ、屋根をサーモアイ4Fにて塗装しております。

【工事内容】
外壁塗装 屋根塗装
【工事詳細】
使用材料
ファインシリコンフレッシュ,サーモアイ4F,ファインSi
施工期間
21日間
築年数
14年
平米数
外壁151㎡,屋根45㎡
施工金額
130万
お施主様
U様邸
保証
外壁10年,屋根12年
IMG_88602
シールの表面に劣化見られます。表面がボソボソしており弾力が失われております。ゆくゆくは大きな亀裂が生じて割れてきます。
IMG_88101
こちらは真ん中に亀裂が入りだしており、さらに劣化が進行した状態で裂ける手前です。
IMG_88282
こちらはサッシまわりのシールですが、すでに無くなってしまっております。必要だからこそシールが打たれております。無いとなると影響が出てきます。早急にメンテナンスしなければ建物内部へと雨水が入り込んでしまいます。
IMG_89041
こちらはバルコニーの上裏です。ご主人様がお問合せのきっかけになったところでもあります。実際にバルコニーを見てみましょう。
IMG_87691
バルコニーは防水シートに砂を吹付けたような仕上げになっております。タイルの馬張りのように張っております。ジョイント部分にところどころ染みがありますので、雨水が浸入している可能性が高いです。バルコニーは防水自体をやり直さないといけません。
IMG_88321
屋根は化粧スレートを使用しております。縁が変色しだしております。このまま進行すると化粧スレートの表面が剥がれてしまい塗装が困難な状態になります。長持ちさせるためには早めの塗装が必要です。
DSC03251
まずは建物全体を高圧洗浄します。屋根から始まり徐々に下へ降りていきます。
DSC03257
北側や陽のあまり当たらない屋根や壁は苔の繁殖が目立ちますので、このタイミングでキレイにしておく必要があります。
DSC03266
また塗装を終えた後は新築のようにキレイになりますので、玄関まわりもそれと合うように一緒にキレイにしてゆきます。
DSC03269
通路や塀、花壇なども同様にキレイしてゆきます。特に高基礎のお宅はコンクリートや塀の面積が大きい場合が多いので必須項目となります。
DSC03291
高圧洗浄を行ったあとは乾燥を待ち、塗装前に必要な作業を行ってゆきます。今回の外壁はサイディングで造られておりますので、サイディングの継ぎ目に打たれている既存のコーキングを撤去することから始まります。
DSC03295
全部で221.4mのコーキングを撤去しました!!トラック半周分と同じくらいですね!!
DSC03310
撤去された継ぎ目にはプライマー塗って、新しいコーキングを打っていきます。このタイミングでサッシまわりもプライマーを塗って打ち増しを行っていきます。
DSC03312
しっかりと継ぎ目の溝にコーキング材を打ち込んでから、表面を均してゆきます。今回のサイディングの表面は柄の影響で凹凸が激しいので、職人の腕の見せ所です!!
DSC03322
雨樋も長年使用していると、表面に汚れが付着します。サンドペーパーなどで削り落としてからの塗装作業となります。
DSC03329
こちらは鼻隠し板です。こちらも雨樋と同様に塗装作業の前に削り落とします。
DSC03332
金属部も同様に表面の汚れを落としますが、表面を荒くさせて塗料の付着を高めるというもう一つの理由があります。
DSC03348
こちらの建物は化粧板の上端にも金属製の水切りが取り付けてあります。上端をコーキングだけで納めている建物ありますが、水切りが取り付けてあった方が化粧板の傷みが和らぎます。
DSC03338
金属部の下塗り材は錆止め塗料です。上塗り材は同じでも下塗り材は塗る材料によって変わってきます。
DSC03350
外壁塗装と言っても塗る材料によりけりで下塗り材が変わったり、上塗り材も変えなくてならなかったりしますので、部分ごとに塗り分けて作業を進めます。
DSC03369
化粧スレートの隙間にはタスペーサーを差し込んでいきます。
DSC03373
金属部は錆止め塗料を塗って乾燥をを待ち、上塗り材を塗っていきます。今回ご使用の上塗り材はファインSiの黒です。
DSC03387
サイディングも下塗りをしてゆきます。今回ご使用の下塗り材はサイディング専用の下塗り材パーフェクトサーフです。
DSC03423
下塗りが終わり乾燥させた後は中塗りに入ります。3回塗りの2回目になります。凹凸が多い柄ですので下塗りの段階で塗り残しがあると下塗りの白色が見えますので、上塗り前に無くしてゆきます。
DSC03453
最後は仕上げの上塗りです。今回ご使用の上塗り材はファインシリコンフレッシュND-490です。ファインシリコンフレッシュは仕上りの艶感がとても良いです。
DSC03398
屋根も下塗りから始まります。サーモアイ専用の下塗り材を塗っていきます。
DSC03417
下塗りの乾燥を待ち、中塗りを行ってゆきます。今回ご使用の上塗り材はサーモアイ4Fのクールマルーンです。
DSC03430
サーモアイ4Fは遮熱塗料の中でも耐用年数が長い部類に入る塗料です。
IMG_3955
IMG_39423
IMG_38801
IMG_3864
IMG_3871
IMG_3912
IMG_41111
IMG_4123
IMG_41181
IMG_41102
IMG_41051
この度はご利用頂きまして誠に有難う御座いました。新築と同じくらいの輝きを感じます。既存の色と同じ色とのオーダーでしたが、化粧板や破風板だけグレーからブラックに変えたことにより、ラインが際立ちよりスッキリとしたと思います。次回の定期点検でお会いできることを心よりお待ちしております。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る