横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市中区で2回目の外壁塗装、パーフェクトトップで艶やかに仕上げました

    横浜市中区の施工事例

    横浜市中区で2回目の外壁塗装、パーフェクトトップで艶やかに仕上げました

    【施工前】

    【施工後】

    【お問い合わせのきっかけ】
    横浜市中区M様はこちらの建物を中古でご購入しました。最初は屋根工事のみのご依頼でしたが、屋根工事に差し当たり勾配が急なため足場を架ける必要がありました。外壁の状態も状態といことで、足場を架けるこのタイミングで行うのが費用的にも効果的とのご判断のもと、外壁塗装工事も行う運びとなりました。こちらの建物は今回が2回目の外壁塗装となります。2回目の外壁塗装はパーフェクトトップで艶やかな仕上りにいたします。

    【工事内容】
    外壁塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    パーフェクトトップ,ファインSi
    施工期間
    11日間
    築年数
    22年
    平米数
    268.8㎡
    お施主様
    M様
    保証
    8年間
    足場アイコン外壁塗装
    IMG_1705
    IMG_1746-1
    床のタイルに擦っても取れない白いものが付着しております。これは塗料です。塗料が劣化しすぎて外壁から流れてきているのです。前回の塗装からだいぶ経過しているようで、遠目から見ると白色が濃い部分とモルタルの色が少し見えるくらい薄い部分ありました。フードや霧除けなどの金属部分も錆が出始めている状態です。
    IMG_1707-1
    IMG_1716-1
    塗膜は劣化している分、亀裂やひび割れが発生しております。塗膜が劣化しすぎると、雨水を吸うようになります。モルタルにも吸い込んでしまいますので、下地に亀裂やひび割れが発生すると、表面の劣化した塗膜も同じ状態になりやすいのです。
    IMG_7148
    IMG_7146-1
    まずは既存の表面に付着した汚れや脆弱な塗膜を、高圧な水を当てながら落としていきます。外壁以外にも金属部や雨戸、雨樋などの表面にも行っていきます。高圧洗浄と呼ばれる作業です。高圧洗浄により新しい塗膜の付着性が向上します。
    IMG_7125
    IMG_7126
    高圧洗浄が終わり乾燥させてから次の工程に入ります。外壁に亀裂やひび割れがある場合は、このタイミングで補修を行います。横浜市中区M様のお宅の外壁には、亀裂やひび割れが数箇所ありましたので、縁をカットしてコーキング材を埋めて均して補修します。
    IMG_7116-1
    IMG_7109-1
    亀裂やひび割れの補修が終わると、塗りの作業に入っていきます。まずは下塗りを行います。下塗り材は、上塗り材に合わせた塗料でなくてはなりません。上塗り材で使用する日本ペイントさんのパーフェクトトップの場合は、パーフェクトトップモルタル下地用のパーフェクトフィラーを使って下塗りを行います。パーフェクトフィラーが乾燥してから中塗りを行います。中塗りは上塗り材の日本ペイントさんのパーフェクトトップを使用します。
    IMG_7094
    IMG_6586-1
    下塗りは下塗り用塗料しますが、中塗りと上塗りは上塗り用の塗料を使用して計3回塗り重ねていきます。中塗りが終わり乾燥すると、次は上塗りを行います。上塗りも日本ペイントさんのパーフェクトトップを使用します。既存の外壁は表面がゴツゴツしておりますが、これは塗料でゴツゴツとした柄を造っているのです。玉吹きという玉状になる塗料を外壁に吹付けて、玉状に仕上がった塗料を押し潰すように平らにしてこのような柄にしてあります。これをヘッドカットと言います。
    IMG_7079-1
    IMG_7064
    外壁と同時進行で付帯部も塗装します。霧除けやフードなどの金属部に対しては、ケレンをしてから錆び止め塗料を塗っていきます。上塗り材には日本ペイントさんのファインSiを使用しますので、錆び止め塗料は日本ペイントさんのハイポンファインプライマーⅡを使用します。
    IMG_7062
    IMG_6580
    外壁と同様に中塗りと上塗りは上塗り用の塗料を使用して、錆び止めを含めて計3回塗り重ねていきます。外壁と付帯部はそれぞれ違う色にすることで、付帯部に使用する色がアクセントとなります。外壁と付帯部の色の組み合わせで外観の印象も大きく変えることが可能です。
    IMG_7105-1
    IMG_6609-1
    付帯部には金属部以外にも雨樋やスリムダクトなどの硬質塩ビ製の材料もあります。雨樋やスリムダクトはケレンが終わるとファインSiを2回塗りします。軒樋の裏側の汚れは高圧洗浄でも落ちづらいことが多いので、特に念入りにケレンをしてから塗装します。
    IMG_6975-1
    横浜市中区M様の外壁塗装が終わりました。外壁に使用した日本ペイントさんのパーフェクトトップの色はND-102。付帯部に使用したファインSiの色はND-401で仕上げました。外壁の色に関しては既存とほとんど変わりませんが、染みや汚れが無くなり艶もありますので、新築当初のような輝きに生まれ変わりました。この度はご利用頂きまして、誠にありがとうございました!!

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-06-09 18:53:55 川崎市麻生区高石にて築10年目で初めての外壁塗装、モルタル外壁の凹凸には汚れや水分が留まりやすく苔や藻も発生しやすい

      IMG_8524

      築10年経ち、そろそろ家のメンテナンスをと考えはじめたのがきっかけで外壁塗装調査のご依頼を頂きました川崎市麻生区高石にあるお宅へ調査に伺った時の様子を紹介します。 現地に到着し、外観を見たところモルタル外壁で意匠性が高い建物でした。 モルタルを塗る職人さんの腕や考えでデザインが変わる味のある外壁が多いのがモルタルが使...続きを読む

      2019-06-07 08:29:52 横浜市港北区篠原町のマンションにてALCパネルの外壁塗装の為の点検調査

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区篠原町のマンションにて、ALCパネルの外壁塗装の為の調査にうかがってまいりました。 こちらの建物は築15年程で今回が初めてのメンテナンスになります。ALCは軽量気泡コンクリートと呼ばれる建材で住宅やマンションなどの外壁に広く用いられております。サイディングやモルタルを使用した外壁よりも断熱性や耐火...続きを読む

      2019-05-25 08:42:48 横浜市港北区綱島西にて築15年目で初めての外壁塗装のための点検調査、サイディングの目地コーキングの打ち替えは必須です

      IMG_8524

      本日は横浜市港北区綱島西S様宅にて、築15年目で初めての外壁塗装を行うための点検調査を行いました。きっかけは屋根のアンテナの撤去のご相談で屋根の調査を行ったことです。屋根は棟板金の浮きや釘浮きが見受けられ、屋根材表面も傷みが見受けれたため、棟板金の交換と屋根塗装を行う方向でお話が進んでおりました。外壁は見た目ではまだ大丈夫では、...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る