横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 横浜市港北区綱島西にて築28年の戸建て住宅をパーフェクトトップで外壁塗装、グレー.....

    横浜市港北区綱島西の施工事例

    横浜市港北区綱島西にて築28年の戸建て住宅をパーフェクトトップで外壁塗装、グレー系のモノトーン仕上げで落ち着いた雰囲気に

    【施工前】
    幕板や破風板など木部の劣化が相当すすんでおり、ささくれの様に塗膜が劣化しています。またコーキングの割れやはく離も多く雨漏りの心配をしてしまうほどでした。

    【施工後】
    幕板や破風板も下地処理を行い外壁同様しっかり塗装でき、綺麗な塗膜を形成できるまでになりました。グレー系のモノトーン調で仕上げました。

    【お問い合わせのきっかけ】
    T様は元々関西にお住まいで、今回ご紹介する建物に引っ越されてお住まいになる予定で、塗装リフォームをするならやはり地元で実績にある会社が良いとの事がきっかけで弊社にお問合せを頂きました。こちらは実はご子息様一家がお住まいで、以前の施工事例でご紹介した物件へ引っ越されています。そこで空き家になっている所へ引っ越す前にリフォームを全て終わらせてから気持ちよく生活したいとの事でした。 調査時は、事前に関西から横浜へ来る日にちを指定されていた為、担当が日程を調整し立ち合いの下、どれくらい傷んでいるかの説明が欲しいとの事でしたので調査時に撮った写真をご覧頂きながら打合せをし、塗装の必要性を確認頂きました。一番傷みが激しかったのがサイディングボードに必ずあります接合部、目地に打たれているコーキングです。
    こちらはごく一般的に使われているものですと早いと5年程で劣化が始まってしまいますので、塗装のご提案時に通常よりも長持ちし高い耐候性を誇るオートンイクシードを組み込んだところ、塗料は長持ちするものもあると知っておられたようですが、コーキングも長持ちするものがある事自体は初耳との事で即断でこちらを使用する事となりました。
    幕板でツートンに色分けされている外壁は日本ペイントさんのラジカル制御型塗料パーフェクトトップの2色使い、色はグレー系が好みとの事でカラーシミュレーションの結果モノトーン調で落ち着いた感じにまとめる事となりました。塗装は建物を守るためもありますが、美観を保つとともに楽しめる物でもあります。仕上がりが楽しみな現場となりました。

    【工事内容】
    外壁塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    パーフェクトトップ、ファインSi
    施工期間
    10日
    築年数
    築28年
    平米数
    132平米
    施工金額
    90万円
    お施主様
    T様
    保証
    10年
    ハウスメーカー
    ハウスメーカー不明
    足場アイコン外壁塗装
    15年以上前に一度どんな塗料を使ったか不明だが塗装した外壁。幕板や破風の劣化がすぐに分かります。
    北側の日当たりが悪い場所からは特に塗膜の膨れなどの外壁自体の劣化の様子が分かります。
    T様邸は一階と二階が化粧として使われるグレーの幕板で仕切り、上下で色を変えて塗装してあります。
    しかも一階は窯業系サイディング、二階はモルタル。外壁の素材自体違う為にそれぞれの外壁に出る傷みの特徴であるクラックや、コーキングの劣化が見受けられました。特に木部に塗装してある箇所はささくれの様に塗膜が剥がれて割れが多く見つかりました。幕板や破風板も劣化しすぎたり間違った塗料を選択してしまうと次回の塗装がまともに行えなくなってしまいますので注意が必要です。
    目地に打ってあるコーキングのはく離が至る所で見つかりました。
    特に戸建て住宅ではこのように雨樋の裏に目地がある事が多くここの後処理が甘く雨水の侵入を許している建物も多くあります。そもそもがコーキング自体5年ほどで劣化が始まるので保護が必ず必要です。
    外壁を調査していて一番多くみつかったのが、窯業系サイディングに必ずあるボードの継ぎ目、目地(めじ)に打たれているコーキングの劣化です。紫外線や経年による建物の揺れなどを吸収し、柔らかかったはずのコーキングも硬化してしまい、写真の様にはく離したり、真ん中から割れたりするようになってしまいます。放置するともちろん外壁から雨漏りしてしまう事になるので早めの補修が必要です。写真右の様に雨樋の支持金具の裏にもよく目地があります。
    塗膜の膨れ目地横に複数あるのが見て取れます。
    二階を見上げている途中も気になるコーキングの傷み。
    コーキングの劣化に目が行きがちですが、すぐ横には塗膜も膨れてしまっているのが分かります。
    要因としては前回の下塗りが適正に行われていなかったり、塗料の密着性が薄く水を吸ってしまっていたり、コーキングの割れからの雨水の侵入で内部から水分が膨張して膨らんでしまったり、要因はいくつもあります。
    今回は下塗り時から丁寧に作業しないときちんと塗料がのらないかもしれない為、洗浄時からこの様な箇所はいつも以上に注意して塗装をする必要がありますね。

    またこの様な箇所が写真右の様に見上げると、目地とサッシ回りが繋がっている箇所も見つかりました。
    このままですと、建物の上部のコーキングの傷みから雨水が伝わってきてそのままサッシ回りのコーキングの割れている箇所から室内へと雨水が侵入してしまっている事も考えねばなりません。
    高圧洗浄は塗装工程の一番最初に行います。旧塗膜表面に残っている汚れを落とし切ります。
    駐車スペース上の軒天も洗浄します。塗装するところは全て洗浄致します。
    塗装において最初に行うのは高圧な水で外壁の汚れを落とし切る洗浄作業です。
    どんなにいい塗料を塗ろうと思っていても旧塗膜の汚れを落とし切り、下地処理を行っておかないと新しい塗膜が形成できません。
    写真左の赤い矢印の上は、ちょうどその汚れが洗浄により流れ落ちてきている様子です。
    塗装する箇所は全て洗浄します。
    コーキングを打ち替え、増し打ちする箇所の横にマスキングテープを使い養生。
    サッシ回りなども全て同様にマスキングテープで養生をします。
    洗浄が終わり、一日経った外壁の様子が写真左です。写真左を見ると壁に何か違う色が無造作に塗られたように見えてしまいますが、洗浄で素の外壁が出てきた証です。きちんと洗浄しないまま塗装を始めてしまうと、汚れの上から塗装してしまう事になり、近い将来塗膜の剥がれに繋がってしまいます。
    洗浄の後は一階のサイディングに使われているコーキングを打ち替え、増し打ちをするために養生テープを貼ります。
    コーキングの状態により素手で剥がしたりカッターで切り落としたり、対応は様々です。
    既に切れて手でつまめるところもあります。
    養生が終わったらまずは目地に打たれている古いコーキングの撤去から始まります。
    建物によって劣化具合が変わりますが、基本はカッターで全ての既存コーキングを取り除きます。ある程度剥がれたらペンチで引っ張ったり場合によっては手を使ったりと、全て取り除いておきます。剥がれた後、外壁にもこびりついて残る場合もある為、最後に細かくカッターで残ったコーキングも削り落としておきます。
    職人さんの真剣な横顔です。
    玄関周りなどのアルミ部分は万が一にも傷つかないように増し打ちしますが、こちらにももちろんプライマーを塗ります。
    コーキングを取り除くと、バックアップ材が見えてきます。そこにコーキングの下塗りであるプライマーを塗りこみます。
    密着性を高めてくれるものですね。こちらはローラーなどは使えませんので細い刷毛を使い丁寧に塗りこみます。
    シーリング界の王者、オートンイクシード。15年を超える高耐候、長寿命を誇ります。
    コーキング(シーリング材)は太陽光や紫外線などから自分を守る耐候性、建物の揺れなどにも長期に耐え伸縮性を保つ耐久性が求められますが、今回使いますのはオート化学工業さんのオートンイクシードです。期待耐用年数が15年超と長く、通常は5年から7年程で劣化が始まるものと比べると性能の違いが分かります。建物を守るためもありますが、コーキングの打ち替えや増し打ちだけの為に足場を架けての工事は無駄な出費になるため、コーキングも外壁塗料と同じく長く使えるものがいいですね。
    (オートンイクシードについての詳しい説明はこちらをご覧ください。)

    目地に溢れるほどオートンイクシードを充填。
    ヘラを使い均一にならしていきます。その後に養生テープをはがします。
    溢れるくらいにたっぷり充填した後はヘラを使い均して均一にします。
    養生はコーキングが乾いてからではなく、その前に剥がしてしまいます。
    この後に同じように他の目地やサッシ回りも同様に作業しておきます。

    玄関まわりの養生の様子。
    サッシやアルミ製品などの塗っても数年で塗膜が剥がれてしまうのが分かっていて塗らない箇所にももちろん養生です。
    現場では塗る箇所と塗らない箇所がありますが、なにもしないままでは職人さんも人間です。誤って塗ってしまう事もありますし、お客様宅を汚してしまったり、安全に作業するためや仕上がりの影響も考え、塗料を使う前に建物全体の養生をしておきます。養生が雑な現場は仕上がりも良くないと言えます。
    シーラーとフィラーの性能を兼ね備えている万能下塗り塗料。
    下塗りには日本ペイントさんのパーフェクトフィラーを使用しました。
    モルタルや窯業系サイディングにも使えるほか、コンクリート面などにも使える万能塗料です。
    ひび割れ追従性能も持ち、水性で環境にも優しく、塗料の密着性にも優れています。
    これを今回のT様邸全面に使用しました。
    一階サイディングへの下塗り。
    さすがに築28年程も経っていると下地処理を行っても微妙な凹凸があり、その分使う塗料も綺麗に平坦な面よりも多くなってしまいます。
    吹き付けスタッコのモルタルにも同様にフィラーで下塗りします。
    養生がしてあれば下塗り面に集中できます。
    モルタルとサイディングが白く染まっていきます。
    多くの下塗り塗料は白色で、乾くとザラザラしているように見えます。基本的に上塗り剤は付着性をもたない為に下塗り材が外壁と上塗りに使う仕上げ塗料の密着性を作り出し、両面テープのような役目を担います。
    下塗りがきちんと行われていないといくら上塗りで厚みをもたせた塗膜ができたとしてもすぐに剥がれてしまいます。
    パーフェクトトップのND103
    こちらは同じくパーフェクトトップのND012
    今回外壁メインの仕上げには日本ペイントさんのラジカル制御型塗料、パーフェクトトップを2色使いツートンで仕上げます。色系統は同じグレーですが幕板で分けて違いを作ります。
    下塗りがきちんと行われているおかげで綺麗にパーフェクトトップが塗られてゆきます。
    白い部分が徐々にグレーに染まっていきますね。
    さすがに築28年で前回が15年以上前となると、どうしても外壁には潰して均した膨れの後がありうまく塗れない所もありますが、そこは職人さんの腕でカバーです。綺麗に中塗りができているのを見て担当も一安心です。

    モルタルは吹き付けスタッコ仕様で段差が多いために何度もローラーを走らせます。
    グレーにも強弱をつけると暗くイメージしがちな色も鮮やかに見えます。
    玄関横の駐車スペースの軒も豪快に塗っていきます。
    棟違いの屋根に塗料が落ちない様養生をしてケラバの軒もきちんと塗装します。
    仕上げの中塗りの様子です。
    モルタルやサイディング、付帯部の軒天なども中塗りを行います。
    人を増やし一階と二階を同時に塗装したとしても、塗装工事は決められた乾燥時間を待たないといけない為に今回は二階のモルタル部から中塗りをはじめ、その後一階の中塗り。一階の中塗りが終わる頃には二階の上塗りができる段取りで、効率よく塗装をしていきます。
    中塗り塗装乾燥後、撮影。艶もあり落ち着きもありの良い仕上がりになってきています。
    中塗りが終わった所で一枚撮影しました。
    まだ上塗り前で塗膜が薄いですが、表面の艶が綺麗に出ているのが分かります。
    これから塗膜を厚くする為に時間をおいてから上塗りです。
    濃く出ている所は中塗りした所、薄くローラーで塗っている所が上塗りしている所です。同じ色を使っているとは思えないくらい塗装の途中では違うのが分かります。
    モルタルの方が吸い込みが多いため塗料も多く使用しました。凹凸にきちんと塗膜を作るためには平たんな外壁以上に事前に用意しておかなくてはなりません。
    最後に仕上げの上塗りです。外壁塗装は屋根も同じですが基本下塗り後に中塗り・上塗りと同じ色、塗料にて二回塗りです。
    しっかりと長い間お住まいを守ってくれるよう厚い塗膜を作るべく丁寧に上塗りをしていきます。
    モルタルとサイディングで綺麗に塗り分けができています。
    想像以上に塗膜が厚く形成できており、仕上がりにも施主様には満足いただけました。
    上塗り後、日を置いて撮影した外壁の様子です。
    瑞々しくグレーに塗り替えられたのが確認できますね!
    カラーシミュレーション時ではT様も少し色が近過ぎててツートンにならないかもしれないと思っていらっしゃったようですが、完成後に足場が外れた外観を見て大変喜んでいただけました。
    まだ足場を架けていて日当たりもあまりよくない所ですが、あえて撮影してみました。塗装の出来栄えがわかるほどの光沢です。
    少し夕刻に近くなり現場確認作業中に撮った一枚です。T様邸はお隣様のお宅との距離が近くなかなか足場が架かっている状態で明るい場所がないのもありましたが、こちらで確認できるかぎりは塗膜が厚くできており、光沢もありたいへん綺麗に仕上がっていると思います。
    一階のはND-012、二階はND-103を使用しました。足場が外れた外観を見るのが楽しみです。
    付帯部は二階の色と合わせND103のファインSiで塗装。
    下塗りを行ってこそ仕上げが活きます。
    付帯部の塗装としては、同じく日本ペイントさんのファインSiを一階と二階の幕板を境に使い分けです。
    木部や鉄部への塗装はケレン(下処理)をし、表面の汚れや錆びを落とし切ってから行います。
    ケレンをしないまま塗装してしまいますと、状態によりますが1年もたずに塗膜が剥がれるなどもありますので屋根や外壁などの分かりやすい部分と違い、塗装するときにはきちんと確認しておくと良いと思います。
    もちろん下塗りもしておくのも忘れずに塗装します。

    塗り分ける境目などの細かい塗装が必要なときは刷毛を使って時間がかかっても丁寧に塗装します。
    中心はローラーで塗りこみます。
    今回化粧の幕板に関しては一階のお色と同じ仕様で合わせました。幕板から上に関しては二階のお色で仕上げております。
    当初はアクセントでもう一色追加するかのお話もありましたが、2色でとのお話になり幕板を含め色を分けました。
    外壁の塗装は基本ローラーですが細かい箇所に関してはお習字の筆の様な刷毛を用いて塗りこみます。
    28年経った木部でも、きちんと塗ればこのように綺麗に仕上がります。腐食がひどい場合は、板金巻きなど違う工法で幕板を守る手段も御座います。
    幕板の塗装が完了した所です。所々水を吸いすぎて塗装が難しい箇所でしたが綺麗に塗り終えました。
    塗膜で塞げなかった箇所はパテを入れて再塗装となります。
    庇もアルミ以外であればきちんと塗装できますので、塗れないとあきらめる事はありません。
    お隣との距離が近く足場のパイプにのりなんとか塗ってくれています。
    T様邸は南面以外にサッシが多く、またお隣様との距離が近いのもあり足場も職人が移動する為に設置するステージもないため、塗りにくい場所でしたが時間はかかりましたが綺麗に仕上げてくれました。写真だと白に見えてしまいますが同じグレー系統のND-103です。一階部分が全て濃いめのグレーND-012を使用している為余計白く見えてしまっていると思います。
    ただ、T様もこれくらいがちょうどよかったと足場解体後におっしゃっていられた為、丁寧に塗れてよかったです。
    笠木と幕板もきちんと塗り分けが出来ています。
    お風呂に設置してある小さいサッシ上の板金もアルミではなかった為塗装してあります。
    妻壁にある化粧幕板もきちんと塗り分けしました。
    換気扇フードもアルミや鉄、プラスチックなど種類が多くありますが、今回は鉄製だったため塗装しました。
    「鉄」部分はすべてケレン後錆止めを塗布し、二回塗りで仕上げました。こちらの写真ですと笠木や庇、換気扇フードです。
    T様邸は切妻形状の屋根ですので、必ず妻壁がありますがそちらにも一階と二階を分ける幕板とは別に化粧の幕板がついているため、そちらもきちんと塗り分けてあります。
    モルタルはクラックが多く補修に苦労しましたがこの光沢を見ると救われます。
    実は一番傷みが多かったのは二階のモルタル外壁部分でした。クラックも多く補修してからの塗装となりましたが、この光沢を見ると笑顔になれますね。吹き付けスタッコなどもそうですが、モルタル外壁はリシンやジョリパッドなど意匠性の高いデザインにしてあるものも多くあり、サイディングなどの平坦な外壁材よりも、凹凸がある分塗料を行きわたらせる面積が多く、多めに塗料を用意しておかなければ足りなくなることもあります。お見積り段階できちんと確認するといいかもしれません。街の外壁塗装やさんではご提案時、工事内容のご説明で上記のような事も事前にお伝えしております。
    足場解体後、南側から撮影したT様邸外観
    横浜市港北区綱島西T様邸、外壁塗装工事が竣工となりました。
    さすがに15年以上前に塗装した建物で、綺麗に仕上がるのかどうかと足場解体まで不安だったとの事でしたが、「満足!」とお言葉を頂けました。
    今回使用した塗料のご紹介です。

    外壁塗装には日本ペイントさんのラジカル制御型塗料パーフェクトトップ
    一階と二階で塗り分けました今回のT様邸の塗装には、一階窯業系サイディングと幕板まではND-012、二階モルタルと庇やシャッターBOXなど付帯部はND-103を使用しました。
    付帯部は万能型弱溶剤シリコン塗料、日本ペイントさんのファインSiを使用しました。

    今回はご利用いただきまして誠にありがとうございました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-11-11 20:08:06 秦野市平沢で窯業系サイディングにカタツムリの食痕を発見、外壁が食べられている!?

      IMG_8524

      秦野市平沢のお客様から「1階の陸屋根の防水工事のお見積りをお願いしたい」とのご依頼を受け、その調査にお伺いしました。あまり見たことのないタイプのお家で、2階は普通の屋根の寄棟屋根なのですが、1階は全て陸屋根です。   そろそろ防水工事が必要な陸屋根 陸屋根はパラペット(棟壁)が低く、柵などを設けなけ...続きを読む

      2019-11-10 18:38:46 海老名市勝瀬で窯業系サイディングの外壁塗装とジョリパッドの塀塗装の事前点検

      IMG_8524

      海老名市勝瀬にお住まいのお客様から「2回目の外壁塗装を考えており、今回は塀も塗りたいのだが、塀の塗装にも対応していただけますか」とご相談を承りました。弊社は建設されたものでしたら、ほぼ全ての塗装に対応しております。もちろん、塀も例外ではななく、しっかりと塗装致します。   お客様のお家は窯業系サイデ...続きを読む

      2019-11-07 23:07:18 松田町神山で屋根塗装と外壁塗装の事前点検、セメント瓦の屋根は塗装か葺き替えか

      IMG_8524

      築25年以上になるという松田町神山の戸建て住宅です。こちらにお住まいのお客様から「外壁塗装をしてほしい」とのご依頼を受け、今回はその事前点検にお伺いしております。これまで外壁塗装は十数年前に行ったそうです。 赤みが入った明るめのベージュというせいもあるのでしょうが、遠目から見ると前回の外壁塗装から十数年経過している...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る