横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > 施工事例 > 横浜市港南区でルーフバルコニーを通気緩衝工法にて防水工事

横浜市港南区の施工事例

横浜市港南区でルーフバルコニーを通気緩衝工法にて防水工事

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】
15年前に防水工事をして以来メンテナンスをしていなかったとの事でご依頼を頂きました。既存の防水膜は剥がれてしまっており、コンクリートが露出した状態です。コンクリートの中には湿気が溜まっており、従来のウレタン塗膜密着工法では、施工は出来ても塗膜の浮きが早く起こる可能性が高いです。よって今回はウレタン塗膜防水絶縁工法の通気緩衝工法と言われる工法を用いて施工致しました。

【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
施工期間
5日間
築年数
築38年
平米数
24㎡
施工金額
20万
お施主様
M様邸
IMG_40981
今回はこちらのルーフバルコニーの点検を行います。ルーフバルコニーとは、下の階の屋根部分を利用したバルコニーのことを言います。
IMG_8866
さっそく調査に入ります。こちらのルーフバルコニーは屋根の様に傾斜がかっており、床に落ちた雨水を軒樋で受けるタイプです。
IMG_05761
床表面はネズミ色と黒色がまばらになっておりますが、ネズミ色の部分はが既存の防水膜です。黒色の部分が露出してしまったコンクリートです。
IMG_8868
近くで見ると表面がカサカサで剥がれているのが分かります。今回は通気緩衝シートを使用して既存床と新規防水膜を絶縁させたウレタン防水工事を行います。
IMG_0569
今夏のルーフバルコニーは、建物外周の半分に沿うようにあり、裏側まで伸びております。
IMG_08951
表面を高圧洗浄して脱脂を行います。乾燥させたのち通気緩衝シートを張っていきます。
IMG_0884
端部や立上りはシーリングを行い、シートの継ぎ目は専用のジョイントテープで固定します。
IMG_0904
主材と硬化剤の分量を計測してから、主材・硬化剤の順に入れてムラ無くしっかり撹拌します。この作業はウレタン防水の工程で要の作業です。
IMG_0911
撹拌したウレタンを丁寧に流します。
IMG_0917
流したウレタンは硬化剤が入っておりますから、固まる前にコテやヘラ、ローラーを使って均します。
IMG_0924
まだ固まった状態ではありませんが、それでもこの艶です。以前と比べれば違いがわかるほどの潤った感じがします。
IMG_09482
1層目が乾燥すると2層目を塗ります。1層目から2層目は中1日はあけます。とくに冬場は乾燥が極端に遅くなりますので、中1日でも足りないときがあります。2層目を塗る際は、乾燥の確認が必須です。
IMG_1058
こちらは脱気盤と言います。既存の床に残った湿気や防水層との間に発生する蒸気を脱気盤を用いて排出します。脱気盤を設置することにより施工後の防水層の浮きや剥離が防げます。
IMG_11201
最後にトップコートを塗ります。トップコートはウレタンの主材を紫外線などから守るために必要です。特にウレタンは防水能力は高いですが、紫外線に弱いので必ず保護します。これで工事は完成です!!

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る