横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 木目を活かした浸透性塗料でウッドデッキを塗装しました|川崎市麻生区

    川崎市麻生区の施工事例

    木目を活かした浸透性塗料でウッドデッキを塗装しました|川崎市麻生区

    【施工前】
    工事前

    【施工後】
    完成

    【お問い合わせのきっかけ】
    川崎市麻生区のM様邸は、周りを森林に囲まれてとても過ごしやすい環境に建っています。リビングから緑が見えるのでウッドデッキを造ってリビングの延長の様に使われていました。築12年が経過して、木材で造られたウッドデッキも大分傷みが出始めていて、一部木が腐ったり日が当たらない北面などは表面にコケがビッシリと生えていました。ウッドデッキなどの木製のものは、定期的に塗装工事をおこなう必要があります。塗装の種類も大きく分けて、表面を塗膜で覆う様ないわゆるペンキと呼ぶ塗料と、木材に浸透して木目を活かす事が出来る浸透性塗料に分けられます。木材は製材された後も湿気を吸ったり放出したりする性質がありますので、なるべくならばその調湿性を損なわないような塗料を選ぶのが良いでしょう。それに該当するのは浸透性塗料で、木の呼吸を妨げずに表面を保護します。しかし、浸透性塗料は耐久性がそれ程高くありませんので、数年に一度の塗装工事が必要になります。塗装の頻度が高ければ劣化も進行しませんので、DIY感覚でご自身でも塗装する事が出来ます。今回は大分傷みが進んでいましたので表面を削ってから塗装工事をおこなう事になりました。お客様も新築の時の様に戻った!ととても喜んでいらっしゃいました。 ウッドデッキ塗装

    【工事内容】
    その他の工事 ウッドデッキ塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    キシラデコール
    施工期間
    2日間
    築年数
    12年
    お施主様
    M様邸
    20170812_170812_0013
    緑に囲まれた素晴らしい立地です。リビングから緑の木が見えるのって良いですよね!
    20170812_170812_0004
    木が周りにあるとどうしてもコケの付着が起きてしまいます。
    20170812_170812_0007-1
    劣化して雨水を弾かなくなってしまうので、木が水を吸って腐ってしまいます。木が黒ずんでいる所は傷んでいて腐った部分です。
    20170812_170812_0023
    リビングから吐き出しサッシでウッドデッキへ繋がっていますが、コケの付着や腐りが出ていました。全体的に塗装工事をおこなって雨水を弾く様にしなければなりません。
    20170828_170828_0002
    腐った部分の木を交換しました。他の部分は特に傷みがありませんので、早速塗装工事を開始します。
    20170828_170828_0017-1
    コケが生えたり汚れが付着していたウッドデッキの表面を削ります。
    20170828_170828_0009-1
    ワイヤー製のブラシを機械で高速回転させて表面を削っていきます。
    20170828_170828_0018
    古い塗膜などが削られて、木材の表面が現れました。木目が綺麗に出ています。
    20170830_170830_0013-1
    全体をワイヤーブラシで削った後は、浸透性塗料で塗装していきます。木材に吸い込ませて着色する塗料で、使用したのはキシラデコールです。
    20170830_170830_0004
    基本は2回塗りで仕上げていくのですが、木材の状態によってはもう1回塗る必要が出てきます。今回は2回塗りで綺麗に仕上がりました。
    20170830_170830_0038
    こちらが塗装前の状態です。うっすらと木目は見えていますが、表面は劣化していて汚れの付着もありました。
    20170830_170830_0035-1
    こちらが仕上がりの様子です。ワイヤーブラシで削った後にキシラデコールを2回塗りして仕上がったので木目も綺麗に出ています。
    20170830_170830_0037-1
    同じ角度から撮影した画像ですが、こちらは塗装の1回目の状態です。色は付いていますが、まだしっかりとは着色されていません。
    20170830_170830_0032
    こちらは2回塗りで仕上がった状態です。色もしっかりと出ていて、木目も活かされています。ウッドデッキは定期的に浸透性塗料で塗装すれば木材も長持ちしますので、色が変わってきたり汚れが付着してきたら塗装をおこないましょう。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-05-11 08:47:22 川崎市麻生区百合丘にて窓枠からの雨漏り対策にコーキング工事を行いました

      IMG_8524

      本日は川崎市麻生区で行いました、窓枠(サッシ廻り)のコーキング工事の様子をお伝えいたします。今回工事を行ったのは、半円形のガラス張りの建物です。そのガラス部分(開閉部分)からの雨漏りのご相談を頂き、事前に調査を行いました。雨の漏り方や位置から、窓枠上部に設置されている小さな庇が雨漏りの原因の可能性が高いとの判断に至りました。 ...続きを読む

      2019-03-11 22:36:28 横浜市瀬谷区阿久和東で調査したコーキングは、傷みすぎて打ち替えが必要な状態でした

      IMG_8524

      建物にはコーキング材が使用されております。隙間を埋めるために使用されており、外壁を近くで見まわすと色々なところに使用されているのが分かります。特に外壁に窯業系サイディングを使用されている場合は、継ぎ目に必ずコーキンングが打ってあります。屋根外壁塗装を行う際は、このコーキング部分もメンテナンスが必要になります。横浜市瀬谷区阿久和東...続きを読む

      2019-02-13 19:48:58 横浜市金沢区柴町で外壁が落下、落下の原因を特定して対策を講じます

      IMG_8524

      「急に外壁が落下してきた」とご不安のご相談がございましたのは、横浜市金沢区柴町のお住いのH様からでした。幸い誰も怪我は無かったそうですがとても恐い出来事です。街の屋根やさんではご相談をいただいたあと、すぐに調査にお伺いして原因の特定とその後の対策を講じました。     【落下したのはバルコニーに...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る