横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
VORT新横浜2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > 施工事例 > 木製の玄関ドアを木目を活かした塗装に塗り替えました|横浜市金沢区

    横浜市金沢区の施工事例

    木製の玄関ドアを木目を活かした塗装に塗り替えました|横浜市金沢区

    【施工前】
    塗装前

    【施工後】
    塗装後

    【お問い合わせのきっかけ】

    【工事内容】
    その他塗装 木製ドア塗装
    【工事詳細】
    使用材料
    ファインウレタン,ウレタンクリヤー
    施工期間
    2日間
    築年数
    20年
    お施主様
    O様邸
    20180517-3_180517_0019-1
    木製のドアは、一件綺麗に塗装されている様ですが、よく見ると大分傷みが出ています。
    20180517-3_180517_0022-1
    表面を塗膜で覆ってしまう仕上げになっているので、あちこちでヒビ割れが出ています。
    20180517-3_180517_0021-1
    木製のドアは常に湿気を吸って這手を繰り返しますので、塗膜で覆うとヒビ割れが出てしまい、ボロボロな状態になってしまいます。
    20180517-3_180517_0017-1
    ドアの内側は、日が当たらないので劣化が殆どありません。内側は元々の塗装のままで、木目が綺麗に出ています。この仕上がりをご希望なので、木目を活かした塗装で表側を仕上げていきます。
    20180531_180531_0002
    今回の建具塗装は、塗膜で覆われた表面を木目を活かした塗装に塗り替えるので、現在の塗膜を剥がさなければなりません。
    20180531_180531_0001
    剥離剤を使用して塗膜を剥がしていきます。剥離剤を塗ると、油性の塗膜が溶けてきますので、丁寧に剥がします。
    20180531_180531_0003
    大量の剥離した塗料が溜まっていきます。
    20180531_180531_0004
    大きな面を先に剥がしていき、凹凸のある細かな部分に取り掛かります。
    20180531_180531_0013
    溝になっている部分は、ワイヤーブラシでこすり取っていきます。古い塗膜が残っていると仕上がりに影響が出ますので、剥がし残しが無い様に念入りに剥離します。
    20180531_180531_0018
    段々と木目が見えてきましたが、まだ塗膜が残っていますので、しっかりと落とす必要があります。
    20180531_180531_0029
    剥離剤で古い塗膜を落としたら、水洗いをおこなって剥離剤でヌルヌルした表面を綺麗に洗い流します。
    20180531_180531_0034
    剥離剤を綺麗に洗い流したら、木材の『アク洗い』をおこないます。アク洗いとは、簡単に言えば木材を漂泊して元の色に戻す事です。
    20180531_180531_0031
    木製ドアの表面に過酸化水素水の漂白剤を塗って染み込ませていきます。
    20180531_180531_0033
    古い塗料が浮き上がっているので、流れてくる漂白剤に色が混ざっています。たっぷりと染み込ませた後は暫くそのままの状態に放置します。
    20180517_180601_0038
    アク洗いが終わるとこんなに色が変わります。古い塗料の色は殆どなくなりました。これでやっと下地処理が完了したの、これから木目を活かす塗装にとりかかります。
    20180517_180601_0025
    今までは表面に塗膜が造られる塗装をおこなっていましたが、木目を活かす為には、木材に浸透して色を付ける必要があります。
    20180517_180601_0026
    浸透して色を付ける事で木目をつぶさずに木材の持つ良さを最大限に活かす事が出来ます。
    20180517_180601_0021
    3回塗ってしっかりと色を付けた後は、表面を保護する為にウレタンクリヤーを塗装していきます。
    20180517_180601_0013
    玄関ドアは常に雨風に晒されていますし、紫外線によって劣化が進みますので、着色しただけでは長持ちしません。
    20180517_180601_0014
    クリヤーで表面が保護されると、雨水を吸い込む事もありませんし、太陽の紫外線からも建具を守ってくれます。
    9cd8381123f914c485cf1f7aef8a9994
    殆ど劣化していない室内側と同じに色合いで仕上げましたので、新築当時の状態に近づける事が出来ました。
    c519eb00ced95617339c48aa797239d7
    綺麗に木目が出て美しいツヤが戻りました。玄関は建物の顔ですので、お客様にも大変満足していただけました。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-04-14
      横浜市青葉区荏子田で木製ドアを浸透性塗料で塗装工事

       横浜市青葉区荏子田で塗装工事をおこなっています。木製ドアの木枠が傷んでいた為に交換工事をおこないました。ドアは交換しませんので元々塗装がしてありますので、新しく交換した木枠も色を合わせて塗装工事をおこないます。  木部の塗装工事の場合大きく分けて2種類...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-04-07
      横浜市港北区高田東でサビが酷くなっているマンションの鉄骨製手すりを塗装で直します

      横浜市港北区高田東で塗装工事を検討されているマンションの調査にうかがいました。塗装を検討しているのは鉄骨製の手すりで、サビが大分広がっていました。鉄骨のサビが進行してしまうと穴が空いてボロボロになり、耐久性が著しく落ちてしまう事になります。強度が必要な手スリで...続きを読む

      IMG_8524

      IMG_8524

      2021-03-31
      横浜市鶴見区潮田町でモルタル外壁の建物点検、外壁のひび割れや鉄部の錆びが見つかりました

       建物の外部は築年数の経過とともにメンテナンスが必要となります。横浜市鶴見区潮田町にお住いになられているT様のお宅は築20年以上が経過した建物でした。外壁はモルタルで造られており表面は塗料で仕上げられておりました。モルタルは表面の塗膜が傷んでしまうと雨水が浸透...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る