横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > 施工事例 > 横浜市港南区で傷んだ屋根を鮮やかに!

横浜市港南区の施工事例

横浜市港南区で傷んだ屋根を鮮やかに!

【施工前】
港南区、施工前

【施工後】
港南区、完成

【お問い合わせのきっかけ】
横浜市港南区で屋根の塗装をしたいというお問い合わせを頂きました。屋根に上ってみると、過去に何回か塗装工事をしていた様で、塗膜が剥がれたりコケが生えたりとあまり良い状態ではありませんでした。野地板などに痛みはありませんでしたので、塗装工事を行う事になりました。スレートの表面の傷みが大分出ていましたので、今回は、下塗り材にスズカファイン社の『ベスコロフィラー』を使用する事にしました。付着性が高く肉厚の塗料の為に、傷んで痩せているスレートを蘇らせます。しっかりとした塗膜が形成されるので、その後の上塗り塗料の食い付きが抜群に良くなり、ツヤの乗りが良好な塗料です。傷んだスレートの塗装にがお薦めの下塗り剤です。仕上げの塗料には、サーモアイSiを使用して、太陽からの電磁波を反射させ建物内に熱が届きにくくしました。鮮やかな色に蘇ってお客様も大喜びでした。

【工事内容】
屋根塗装
【工事詳細】
使用材料
ベスコロフィラー、サーモアイSi
施工期間
7日
築年数
30年
平米数
130㎡
お施主様
Y様邸
92ea1a7631ed8588a108830a9fbddd48
スレート葺きの屋根です。塗装をしてある様ですが、劣化が進行しています。
fb30f526e3c09ecf11c098896b8d16d8
スレートの重なり部分には雨染みがあります。雨が降ると雨水が溜まって常に濡れた状態になっていた様です。
7a25503edda670840a9ad75bf18000fb
雨染みの原因は塗装の時点で行われていなかった『縁切り』です。重なり部分が塗膜で覆われてしまうと、スレートの裏側に回り込んだ雨水が抜けるところが無くなってしまうので、雨漏りの原因になります。
b8fcd80e5c95d584a8e5c227d90f1d8d
雨漏りしないように、スレートの重なり部分は必ず隙間を開けないとならないのですが、それが『縁切り』という事です。塗装も劣化が進行していてチョーキングが出ています。
4cf1583e7f7671317febbadef6e9008a
スレートが欠けているのですが、この程度の欠けでしたら直ぐに雨漏りする訳ではありません。
71f818ace1d646771685c4ff3b3c3757
ここは棟板金のジョイントです。コーキングが詰めてあった様ですが、劣化してひび割れています。塗装の前にコーキング工事が必要です。
150706-095011
塗装工事の最初の工程は、高圧洗浄です。ポンプによって圧力を欠けた水で汚れや古い塗膜を洗い流して綺麗にします。高圧洗浄をしっかり行わないと、せっかく塗装をしても直ぐに剥がれてしまったりするので、念入りに行います。
150706-095055
塗装中で唯一雨が待ち遠しいのが、この高圧洗浄なんです。足場を架けてメッシュシートも架けますが、洗浄時の水が霧状になって飛散する場合があります。その時に雨が降っていればお隣近所の皆さんが洗濯物を外に干す事も無いので、ご迷惑を掛けずに済むのです。
150706-133143
高圧洗浄のあとはタスペーサーを入れます。タスペーサーとは、スレート同士をくっつかない様にする材料です
150706-133303
タスペーサーを入れる事で、塗装をした際に重なり部分が塗膜で覆われるのを防ぎ、雨漏りの原因をなくす効果がある重要な作業なんです。
150707-084258
棟板金などの金属部分の下地処理を先に行います。ペーパーなどでサビや塗膜の劣化を落としていきます。
150707-090309
汚れやサビが落ちたら、下塗りとしてサビ止めを塗装していきます。サビ止め入の塗料などが市販されていますが、別々に分けて塗装をすることで、耐久性が間違いなく上がります。
0620-19
スレート屋根の下塗りには、ベスコロフィラーHGを使用しました。劣化が進んだスレートに最適な下塗り材で、付着性が高く厚塗りのために目止め効果があります。
150707-112504
傷んだスレートに浸透していき表面を仕上げていきます。
150707-122838
ガサついたスレートの表面をベスコロフィラーがツルツルな表面に変えていきます。
150708-085714
下塗りが完成です。傷んだスレート全体を塗膜でしっかりと覆いました。
150710-104512
仕上げの塗料の1回目、中塗りです。今回使用したのは、サーモアイです。太陽からの電磁波を反射する性質があり、これからどんどん暑くなっていく季節には非常に効果のある塗料です。
150710-134208
中塗り完成です。まだ一回しか仕上げの塗装をしていませんが、以前と比べたら表面の状態が改善されました。
150710-142611
サーモアイでの二回目の塗装『上塗り』です。仕上げの塗料を2回塗ってムラのない仕上がりになります。
150710-143850
全体的に中塗りよりもツヤが出てきて、非常に良い仕上がりになっています。艷やかなエンジに仕上がりました。
150710-164013
一緒に雨戸の塗装工事も行います。退色してきて傷みの出ている表面をケレンがけして綺麗に仕上げます。
150711-101000
下塗りをして塗膜の下地を形成していきます。雨戸の塗装は吹付けで行います。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る