横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > サイディングの目地はワーキングジョイントといいます|横浜市神奈川区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    サイディングの目地はワーキングジョイントといいます|横浜市神奈川区

    更新日:2018年1月15日

    横浜市神奈川区で塗装工事中の建物です。屋根と外壁の塗装工事をおこなうのですが、先日高圧洗浄が終わり外壁目地のコーキングの打ち換え工事をおこなっています。スレートは小さなヒビ割れが大分出ていますので、色を付ける前におこなう補修工事で問題ありません。このスレートはスリットが深くまで入っているのでヒビ割れが入りやすくなってしまう材料ですので、劣化して反りが出始めるとあっという間に割れて落っこちてしまいます。塗装をする事で劣化の速度を遅くする事が出来ますので、今のタイミングで塗装をする事は最適だと思います。外壁のサイディングは目地のコーキングがヒビ割れていて大分劣化しているので、塗装の前に新しいコーキングへ打ち換えます。塗装のタイミングでのコーキングは塗膜で覆われるので、剥き出しにならないので今の様なヒビ割れが起こりにくくなります。

    汚れで気付かないスレートの傷みもあります

    屋根のスレートはスリットが大きくて深いものが使われています。高圧洗浄で汚れを落としていくと、表面の状態が良くわかります。

    小さなヒビ割れが何箇所か出ていますが、脱落するほどの状態ではありませんので、大き目のヒビ割れは補修をおこない、小さなヒビ割れは塗装の下塗りで対処出来ます。

    木造住宅のサイディング目地はワーキングジョイント

    サイディングの目地は『ワーキングジョイント』といい、動きの大きな部分はコーキングを2面接着にして動きを緩衝させる必要があります。剥がした目地の青い部分にはコーキングが接着しませんので、左右のサイディングにだけ接着させます。剥がした後はプライマーという接着剤を塗布してから新しいコーキングを充填します。

    充填したあとは隙間なくコーキングが詰まる様に、空気を押し出しながら上からおさえていきます。その時にあまり奥まで押し込んでしまうと折角打ったコーキングの厚みが無くなってしまうので、サイディングの表面で納まる様に打っていきます。防水の役割もありますので、ここから雨水が入らない様にして塗装工事を進めていきます。横浜市神奈川区の塗装工事はまだ始まったばかりです。ワーキングジョイントのサイディング目地の打ち換えをおこなって塗装工事の下地処理は完了しました。次は下塗りにとりかかります。

    ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-08-12 22:04:06 横浜市緑区で外壁塗装仕上げはパーフェクトトップ、色は日塗工のJ09-60L

      IMG_8524

      本日は横浜市緑区での屋根外壁塗装の現場より、外壁塗装の仕上げに入る様子をお伝えいたします。 お色決めの段階から、今はグレーで統一されて気に入ってはいるが、塗り替えるなら温かい感じの暖色系、オレンジとピンクが合わさったような色でガラっと変えたいとのイメージをお持ちだったので、何度もカラーシミュレーションを重ねて決めたものです...続きを読む

      2018-08-08 16:23:44 秦野市で外壁のツタやコケにお困りの方へ、外壁塗装で綺麗なお住まいに

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-08-07 09:55:18 相模原市緑区のお客様からのご相談「軒天の塗装やメンテナンスについて」

      IMG_8524

      ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る