横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 塗装にするかカバーにするかは状態を見て判断します|横浜市旭区

本日の現場ブログ

     

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

塗装にするかカバーにするかは状態を見て判断します|横浜市旭区

更新日:2018年5月12日

横浜市旭区で塗装工事をご検討中の建物です。実際に塗装工事をおこなう為には、塗装をするスレートの傷みの状態を確認する必要があります。割れたり反りが酷い状態だと、塗装をおこなっても破損が進んでしまい数年で駄目になる事もあります。その様にならない為にも屋根の状態をしっかりと確認しなければなりません。下地の状態も重要で、野地板や防水紙が傷んでいればスレート自体が綺麗な状態でも、カバー工事など屋根工事をお薦めする事になります。どちらのメンテナンスをおこなうのかは状態をみて判断します。

表面が大分傷んでいるスレート屋根

結構勾配がきついスレート屋根です。屋根の勾配(角度)が急な時は、雨水の流れがスムーズになるので、雨漏りなどの可能性は低くなります。しかし、メンテナンスをおこなおうとした時に、勾配が余りにも急だと足場が無いと上って屋根の状態を確認する事が出来なくなります。こちらの建物は表面が劣化していますが、ギリギリ上れる角度でした。

表面は大分劣化していますが、反りや割れは出ていません。元々グリーンだったスレートの表面は、コケと汚れの付着でオレンジ色に変わっています。

棟板金もサビが広がりつつありました。下地の貫板には問題はありませんでしたが、釘が抜け掛かっています。釘が抜ける原因は、下地の貫板は劣化しているか経年によって木が痩せているかです。こちらの建物は経年によって木が痩せてしまい釘が緩んだことが原因でした。横浜市旭区の建物は、全体をみましたが塗装工事は可能と判断しました。棟板金も交換ではなくビスでの補強工事で対処できます。見た目だけで判断するのではなく、塗装にするかカバーにするかは、全体を隈なく見たうえで判断していきます。

ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-05-24 22:19:23 ご自宅の屋根が塗装できるかどうか調べます|横浜市港北区

      IMG_8524

      横浜市港北区で屋根の調査をおこないました。新築から10年を経過してくると、段々と汚れが目立ってきたり、色が薄くなったりしてきて、そろそろ建物のメンテナンスをしないと、とお考えになると思います。まず最初に浮かぶメンテナンスは塗装工事です。塗装をする事で建物の見た目を綺麗にする事が目的の様に感じますが、実はそれ以上に建物の撥水性を高...続きを読む

      2018-05-20 19:19:52 コーキングの補修でお悩みの方へ|横浜市青葉区

      IMG_8524

      本日は築20年、今までに施したメンテナンスは10年前の外壁塗装のみという、横浜市青葉区のお宅にお伺いさせていただきました。 ご相談としてまずお話されたのは、コーキングの痛みが気になるとの事でさっそく立ち合いのもと現場調査にはいります。 また、何か指摘してもらえるところがあれば教えて欲しいとの事でしたので、コーキング以...続きを読む

      2018-05-15 07:51:03 川崎市高津区|ファインパーフェクトベスト・赤さび色で屋根塗装

      IMG_8524

      本日は川崎市高津区のY様宅より、屋根塗装の様子をお伝えいたします。Y様宅では過去に一度、屋根の塗装は行ったそうですが、十数年前との事もあり、屋根の劣化は大分進んでおりました。 下地の状況も気になるところではございますので、葺き替えやカバー工法を行うご提案をさせて頂きましたが、先々での建て替えなども視野に入れており...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る