横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市旭区鶴ヶ峰本町にて雨漏り解消の為に外壁調査、サイディング外壁ではコーキングに注意が必要です

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市旭区鶴ヶ峰本町にて雨漏り解消の為に外壁調査、サイディング外壁ではコーキングに注意が必要です

    更新日:2019年1月25日

    室内への雨漏りの原因として、屋根にも外壁にもその他要因もあり複数からみ判断が難しい事も多々ございます。

    本日は築30年近く経つ横浜市旭区鶴ヶ峰本町にて塗装工事をする前の調査にて、雨漏りの要因が見受けられましたのでご紹介いたします。

    サイディングはモルタル外壁と違い、カットされた意匠性のボードを現場にて組み立てる方式で、ボードとボードの繋ぎ目部には目地(めじ)が必ずあります。

    (サイディングについてはこちらをご覧ください。)

    サッシまわりなどにもコーキングが使われています。サイディング外壁で重要なのは外壁そのものよりもコーキングの劣化から雨漏りやサイディングの劣化に繋がります。

     

     

    「まだサイディングボードのクラックはありませんが、建物全体のコーキングの傷みが見受けられます」

    サイディング外壁の目地に打たれているコーキング材の劣化 よく見られるのが雨樋の裏側にある見落としがちなコーキングの状態

     

    建物を地震による揺れや雨水の侵入を防いだりと重要な役目を担っているコーキング。

    こちらが経年で縦に切れ目が入っていたり、裂けていたり外壁全面に見受けられました。

    まだボードを固定する為に打ち込まれている釘近辺によくみつかるクラックなどのひび割れは見当たりませんでしたが、コーキングがここまで劣化してしまっていると、こちらからの雨水の侵入が心配になります。木材には水は大敵です。本来耐用年数が7年程ですので塗装をする時に一緒に打ち替えましょう。

     

    「緑青がいい感じに葺いている庇も、外壁との取合いにかなりの隙間があります」

    緑青がふいている銅板屋根まわりには隙間だらけで雨漏りしていると思われます。 天井ではなく壁やサッシ近辺の雨漏りは庇などの納まりが悪く雨水の侵入経路になっている事も多くあります。

     

    こちらの建物には日本瓦が使われており、庇などには銅板が使われています。ここまで緑青がふくまで時間がかかりますが、年数が経ちいい風合いになっています。

    しかし、壁と庇がぶつかる箇所に大きな隙間があり、近辺のコーキングも劣化してしまっています。

    これですと大雨を伴う台風以外の降雨でも、雨水が入り込んでしまいます。お客様自体も今まで気づいていらっしゃらないとの事でしたので、相当前からこの状態だと思われます。

    雨漏りと聞くと多くの方は屋根からと思いがちですが、屋根以外にも雨水の侵入経路はたくさんあります。

     

    一見綺麗に見れる外観も触ってみるとチョーキングが出たりしている場合もあります

     

    屋根は上がるのは大変危険ですので見えない部分として気づかないのは当然だと思いますが、外壁は身近に建物の傷み具合を教えてくれるサインを出している事があります。

    雨漏りが出たらまずは建物全体の調査をおすすめいたします。塗装だけでは納まらないご相談も街の外壁塗装やさんへお任せください。

    屋根や外壁塗装だけでは雨漏りは直らない事がほとんどです。間違った指摘や提案をしてくる業者には気を付けましょう。

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2019-04-20 08:48:10 横浜市鶴見区馬場で築20年目にて初めての屋根と外壁メンテナンス、その事前調査

      IMG_8524

      本日は横浜市鶴見区馬場A様宅にて行いました、屋根外壁の点検調査の様子をお伝えいたします。A様宅は築20年程の建物で今回が初めてのメンテナンスになるとのことです。現在は雨漏りなどの不具合はないようですが、屋根・外壁ともに汚れが目立つようになってきたのをきっかけに、塗装によるメンテナンスをお考えとのことです。早速屋根の調査から行いま...続きを読む

      2019-04-17 19:34:10 横浜市瀬谷区宮沢にて築30年経つ窯業系サイディング外壁を塗装の為調査で分かったのは多くの塗膜の剥がれとコーキングの傷み

      IMG_8524

      以前一度塗装した事あるが細かい内訳もあまり確認しなくどんな塗料で塗ったのか、次回の塗り替え時期も分からぬまま年数だけが経ってしまったという横浜市瀬谷区宮沢にあります住宅へ外壁塗装の為に調査致しました。 サイディングという事は、コーキング(シール材)がボードのぶつかる目地やサッシ回りに使われている事になります。建物の揺れなど...続きを読む

      2019-04-14 22:33:43 横浜市港北区新吉田東にて築10年経過した意匠性の高いモルタル外壁を塗装工事の為調査しました

      IMG_8524

      築10年以上経過し、外壁に苔などの汚れが目立ち始めたので塗装のメンテナンスを考え始めた事がきっかけで横浜市港北区新吉田東にあります平屋住宅に外壁塗装の為に調査に伺いました。 こちらはお住まいではなく、こちらにてご商売をされているとの事で外観の汚れが気になってしまっている様です。 ではさっそく調査をしてみましょう。 ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る