横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市金沢区で外壁のコーキングはオートンイクシードを使用します

本日の現場ブログ

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

横浜市金沢区で外壁のコーキングはオートンイクシードを使用します

更新日:2016年12月13日

横浜市金沢区で外壁の塗装工事をおこなっています。外壁はサイディング貼りでサイディングのパターンと色合いを活かしたいというご希望でクリアー仕上げにする事になりました。

2種類のサイディングを使用しており、石積み調の色合いと目地の感じを残すためにクリアー仕上げで塗装しています。日本ペイントのUVプロテクトクリアーを使用しており、美しいツヤが特徴です。若干濡れたように濃く見えますが、サイディングの風合いは活かしています。

クリアー塗装の場合は、塗膜が固くなりますので、サイディングの目地のコーキングは後打ちになります。先に打ってしまい上からクリアーを塗装すると、建物が動いた時にヒビ割れてしまうので後打ちが基本です。

コーキングを打つのはこれからですが、使用するのはオート科学工業のオートンイクシードです。今年の9月に名前が変わりまして、以前はオートンイクシード15+という名称でした。商品名の通り15年以上持ちますよ、というコーキング剤です。塗装で覆われていれば紫外線や風雨に直接晒されないので比較的傷みの進行は遅くなりますが、後打ちの場合は塗料で覆われないので露出していますので、普通の変成シリコンなどのコーキングでは数年でヒビ割れなどを起こしてしまい、雨水が入り込んでしまいます。

すごく重要な目地のコーキングには耐久性の高い材料を使用したいですよね。そこで一番オススメなのがこのオートンイクシードです。コーキングの劣化は硬くなってしまいヒビ割れたり裂けたりしてしまうのですが、写真のサンプル(サイディングのカットサンプルにコーキングを打ったもの)のように180度曲げてしまっても切れない弾力性があるのが一番の特徴です。外壁に使用していてここまで曲がることは実際にはありませんが、それだけ弾力性がある証拠です。外壁の耐久性は塗料だけではなくコーキングも関わってきますので、塗装工事をお考えの方はコーキングにも注目されると良いかと思います。

ご質問や御不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問い合わせください。

このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

2017-09-22 23:25:10 横浜市南区|付け出隅がある場合は隙間にシーリングをして外壁塗装

IMG_8524

近年で使用されている外壁の材質は絞られてきております。そこにもともとの柄や仕上りなどを含めるとたくさんの種類になります。外壁塗装と言うくらいなので、メインは外壁塗装なんですけれども、どのお宅でも「外壁塗装の際に外壁塗装以外でやっておかなくてはならないところ」があり、お宅によってそれはそれぞれ違います。   ...続きを読む

2017-09-22 00:44:01 横浜市神奈川区で傷んだスレート屋根に最適な下塗り材を使います

IMG_8524

横浜市神奈川区で塗装工事中の建物です。木造二階建て住宅の屋根と外壁の塗装工事をおこなっています。 高台に位置しているので見晴らしが良く、窓からみなとみらいが一望出来るなんとも羨ましい立地です!しかし、見晴らしが良い反面非常に風当たりが強いので、建物が傷みやすいというデメリットもあります。建物は紫外線や風雨によって年...続きを読む

2017-09-12 00:45:27 横浜市神奈川区で外壁を上下で塗り分けの塗装工事中

IMG_8524

横浜市神奈川区で塗装工事中のたてものです。工事が始まった最初の頃は雨続きで苦労しましたが、そのあとは天気も良くて順調に工事が進んでいます。 こちらの建物は、1階と2階でデザインの違うサイディングを使用していました。色合いや柄(パターン)が違うサイディングを、幕板という帯をグルッと建物の外周に回すことで綺麗にツート...続きを読む

このページと共通する工事内容の新着施工事例

ページの先頭へ戻る