横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 金属屋根のメンテナンスは塗装か葺き替え工事|川崎市多摩区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    金属屋根のメンテナンスは塗装か葺き替え工事|川崎市多摩区

    更新日:2018年2月17日

    川崎市多摩区で建物の調査をおこないました。現在雨漏りなどがある訳ではありませんが、そろそろメンテナンスをご希望との事でお問合せ頂きました。屋根はガルバリウム鋼板で瓦部葺きで仕上げてありましたが、全体を見ても傷みは殆ど出ていません。経年によって色の退色は出ていましたが、サビたり穴が空いたりはしていません。トタンやガルバリウム鋼板などの金属屋根は、塗装をして表面を保護するか、サビが酷くて塗装が出来ない場合のメンテナンスは葺き替え工事になります。今回は緊急を要するメンテナンスはありませんが、足場を架ける必要がある外壁塗装や雨樋交換工事などは一緒に行った方が足場代が一回で済みますので、無駄な費用を掛けずにトータルでのコストを抑える事が可能になります。また、次回のメンテナンス時期を揃えられる事もメリットです。定期的に建物の状態を調べて、適切な時期に適切なメンテナンスをしていきましょう。

    ガルバリウム鋼板は耐久性が高い材料

    瓦棒葺きの屋根にはトタンではなく、耐久性が高いガルバリウム鋼板が使用されています。非常にサビにくいので穴が空いたりサビが広がる事はほぼありません。

    経年によって表面の色が飛んでしまい白っぽく変わりますが、耐久性に変わりはありません。こちらの建物は3軒が繋がった建物で、真ん中の建物は屋根のメンテナンスをした事が無いらしく、全体的にサビが広がっていました。まだ穴が開いていませんが早めに直さないと雨漏りに繋がってしまいます。

    軒先には瓦棒専用の雪止めが設置されていました。細かく取り付けてあるので先月の様な大雪でも屋根から雪が落ちることなく留まっている事が可能だったと思います。川崎市多摩区の建物は、ガルバリウム鋼板製の瓦棒屋根が劣化していませんので、塗装工事も葺き替え工事も今のところ必要ありませんでした。屋根を見ているとお隣のセメント瓦葺きの屋根の方が気になります。完全に穴が開いていて下地が見えている所がありましたが、この瓦は現在造られていませんのでお隣の方が葺き替え工事の緊急性が高いですね。今回は特に直す部分はありませんでしたが、定期的に建物を調べて適切な時期に適切なメンテナンスをしていきましょう。

    ご質問やご不明な点等ございましたら、フリーダイヤル0120-948-355までお気軽にご相談・お問合せください。

     

    金属屋根のメンテナンスは塗装か葺き替え工事|川崎市多摩区

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る