横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
横浜外壁塗装工房にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ

HOME > ブログ > 傷んだFRP防水層をポリエステルパテで補修します|横浜市栄区

本日の現場ブログ

     

 日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

傷んだFRP防水層をポリエステルパテで補修します|横浜市栄区

更新日:2017年12月2日

横浜市栄区O様のお宅では、バルコニーの天井に染みが出来ていたことで、バルコニーの天井を開口して調査いたしました。バルコニーの床側にあたるFRP防水層が原因で染みが出来ていることが判明しました。傷んだFRP防水層をポリエステルパテで補修しながら、全体的にFRP防水のメンテナンスを行っていきます。

 

【傷み具合により、補修でのメンテナンスが可能】

FRP防水ポリパテ補修① FRP防水ポリパテ補修②

FRP防水は傷み具合により、メンテナンスの方法も変わります。傷み具合が著しく補修が出来ない状態ならば、全体的にFRPを新しくする必要がありますが、補修をして既存を利用しながらメンテナンスが可能な状態のものもあります。横浜市栄区O様のお宅では、補修をして既存を使用しながらメンテナンスが可能な状態でしたので、まずは補修から始めていきます。

 

 

FRP防水ポリパテ補修③ FRP防水ポリパテ補修④

まずは表面の高圧洗浄機を使用して洗い流し、乾燥させてから作業に入ります。目で見て明らかに傷んでいる部分はすぐに分かりますが、そこだけとは限りません。FRPの表面を研磨しながら、目で見ても分からない脆弱な部分や傷んだ部分が無いか、確認も含めて探していきます。脆弱な部分や傷んだ部分を割り出して取り除いていきます。研磨すると既存のガラスマットの繊維が舞いますので窓やバルコニー周囲に養生をして行います。

 

 

FRP防水ポリパテ補修⑤

舞ったガラスマットの繊維を清掃してから、取り除いた部分に対してポリエステルパテを使用して埋めていきます。黄色く見えるのがポリエステルパテです。ポリエステルパテは、通称ポリパテを言うことが多いです。取り除いた部分がしっかり埋まるように均していきます。ポリパテで埋めた部分は、取り除いてしまったためにFRPが無いことになりますので、新しくFRP防水層を設けなければなりません。ポリパテの硬化を確認したら、今度はFRP防水層を造る作業に入ります。横浜市栄区O様のお宅のバルコニー床のメンテナンスは順調に進んでおります。次回はFRP防水層を造る様子をお伝えします。横浜外壁塗装工房では、防水工事にも対応しております。防水工事でお悩み・お困りの際は、横浜外壁塗装工房にお任せ下さい。

フリーダイヤル0120-948-355まで。

 

 

 

横浜外壁塗装工房

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      の各工程は下の一覧からご覧いただけます。

      の一覧

      2017/12/2 傷んだFRP防水層をポリエステルパテで補修します|横浜市栄区 【現在閲覧中!】

         横浜市栄区O様のお宅では、バルコニーの天井に染みが出来ていたことで、バルコニーの天井を開口して調査いたしました。バルコニーの床側にあたるFRP防水層が原因で染みが出来ていることが判明しました。傷んだFRP防水層をポリエステルパテで補修しながら、全体的にFRP防水のメンテナンスを行っていきます。   【傷み具合に...続きを読む

      2017/11/24 バルコニー天井の染みを天井を開口して原因を調査します|横浜市栄区

         横浜市栄区O様のお宅より、「気づいたらバルコニー天井に染みが出来ていた」とお悩みのご相談がありました。バルコニーの天井に上にはバルコニー床がありますので、床の防水層に問題がありそうですが、バルコニー桝の周囲にも染みが出来ておりました。原因がバルコニーの床なのか雨樋なのかを、外部から見ているだけでは判断がつかない状況でしたので、バ...続きを読む

      2017/10/15 FRP防水の立上りとサッシの取合いは雨漏りしやすい|横浜市栄区

         FRP防水は、ガラス繊維などの繊維をプラスチックの中に入れて、強度を向上させた複合材料を使用した防水です。他の防水材を使用したものと比べれば、そのままの状態であれば強度が髙いのですが、1度割れてしまうと元に戻すことができません。特にFRP防水の立上りとサッシの取合いは、亀裂が入り雨漏りしやすいようです。横浜市栄区O様より、「バル...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る