横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 外壁塗装前に戻しておきたいサイディングの反りを補修|横浜市神奈川区

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    外壁塗装前に戻しておきたいサイディングの反りを補修|横浜市神奈川区

    更新日:2018年6月20日

    何件も外壁塗装をしていると、塗装前の補修がとても大切であることが分かります。窯業系サイディングで造られた外壁で、たまにあるのがサイディングの反りです。サイディングの反りは、サイディングの劣化により、雨水を吸い込んでしまうことで起こります。上下のサイディングと比べてずれたように見えてしまう現象です。塗装をすることで表面の保護は可能となりますが、塗装をしてその反りが元に戻ることはありません。横浜市神奈川区T様のお宅の外壁塗装工事では、そのサイディングの反りを出来る限り元にも戻す補修を行いました。

     

     

     

    【戻せるなら戻した方が良いサイディングの反り】

    サイディングの反りを補修1

    サイディングの反りは下から見上げると、少し前に出ているようにも見えます。塗装工事としては塗ることがメインですが、塗った後の見栄えやサイディングの固定が不安定であることを考えると、お客様も戻せるなら出来る限り戻したい筈です。このような場合は極力戻すようにしております。

     

     

    サイディングの反りを補修2 サイディングの反りを補修3

    サイディングの反りは下から見上げると前に出ているように見えますが、近くで見ると浮いていることが分かります。サイディングは元々釘で固定されているのですが、釘が内側に向かって力を伝えているのに、サイディングは反ることで外側に反発しているので、浮くという状態になっているのです。ビスを使用してサイディングの裏に下地がある部分を確認した後に、インパクトを使用してビスを揉んでいきます。

     

     

    サイディングの反りを補修4 サイディングの反りを補修5

    サイディングの裏に下地がある部分にビスを揉むことで、浮いた部分が固定されて奥に引っ込んでいるのが分かります。このようにサイディングの反りを出来る限り元にも戻す補修を行うことで、外壁塗装を行ったあとの見栄えも変わります。そしてサイディングの固定を補強しているので、よい外壁が長持ちしやすくなります。建物の状態によっては、このように塗装だけでは長持ちに直結しないこともありますので、塗装の以外のことも出来る限りのことはさせて頂いております。外壁塗装は街の外壁塗装やさん横浜店へお任せください。

    フリーダイヤル0120-948-355。

     

     

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      その他の施工事例一覧→

      横浜市神奈川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      ページの先頭へ戻る