横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市南区|強風でバルコニーの間仕切りが破損・調査依頼

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市南区|強風でバルコニーの間仕切りが破損・調査依頼

    更新日:2018年5月19日

    本日は横浜市南区にあるアパートのオーナー様から、「先月の強風で1階バルコニーの間仕切りが破損、修理の仕方を伺いたい」とのご相談です。アパートのバルコニー部分との事で、住人の方の許可もいただき、現地へ状況の確認にうかがいます。

    角部屋・間仕切り破損

    外側からも一部分だけ破損しているのがはっきりと確認できます。こちらのアパートは高台に位置するところにあり、バルコニー側は風が抜けやすい環境にある様です。また、破損した部分は角部屋のバルコニーの間仕切りで、特に風の影響を受けやすい箇所になります。風害との事であれば、保険の適用も選択肢の一つになります。

    間仕切り破損部分 破損ボード

    修理方法としては、枠や周りのゴムパッキンは使える様なので、残った板を取り外し、新たな板を嵌める作業になります。ただし、ただの板を嵌めるだけではなく、規格に合ったサイズに化粧を施された板を取り付けなければなりません。無塗装のボードの場合には塗装をする必要があります。場合によっては防災条例などで板の材質や文字の印字が定められているところもございます。それらの確認を行った上で、修理をいたします。

    また、今回は間仕切りの調査と併せ、雨樋からの水漏れの調査の依頼もいただきました。

    集水マス 雨樋詰り

    雨が降ると、集水マスから水があふれ、下に流れ落ちるとの事です。現在、雨が降っていないにも関わらず、問題の集水マスの中に水が溜まっているのが確認できます。完全に途中で詰まっているのが窺えます。おそらく、竪樋の途中のL字部分で詰まっている可能性が高いと判断できます。

    廊下部分

    こちらに関しては、樋の途中を切断し、詰まりを解消した後に新たな樋と既存部分を繋ぎ合わせる工事を行います。幸い、廊下部分に脚立を立て作業が行える範囲ですので、足場の設置費用などの負担は無くて済むでしょう。
    オーナー様には現状の報告をした後、間仕切り部分に関しては保険の申請のご提案をさせていただきました。
    街の外壁塗装やさん横浜店では外構に関する工事なども承っております。塗装に限らず、建物に関してのご相談は(フリーダイヤル0120-948-355まで)お気軽にお問い合わせください。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る