横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市緑区で築15年の建物調査、スレート屋根の変色と外壁の目地コーキングの劣化は改善の必要あり

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市緑区で築15年の建物調査、スレート屋根の変色と外壁の目地コーキングの劣化は改善の必要あり

    更新日:2018年8月18日

    本日は横浜市緑区にお住まいのA様より、屋根外壁の点検調査のご依頼を頂きました。A様宅は築15年、現在に至るまで建物に関するメンテナンスは行ったことが無いそうで、今回が初めての調査のご依頼との事です。現状、雨漏りなどの不具合は無い様ですが、屋根全体の色褪せが気になるとの事で、建物全体のメンテナンスを考えたそうです。

    屋根の様子 屋根スレートの色褪せ・変色

    まずは屋根の調査ですが、A様がお気づきの通り、屋根材(スレート)の劣化は顕著です。15年間ノーメンテナンスとの事もあり、屋根材の撥水効果は完全に失われており、コケやカビの繁殖が顕著です。また、屋根中央に設置されたアンテナの支柱からも錆の発生が見受けられ、屋根材に流れ移ってる状況です。

    アンテナ アンテナ支柱からの錆

    アンテナ支柱に関しては、交換、または錆止め塗装が必要でしょう。現状雨漏りまでは無く、屋根材表面の劣化は著しいものの、下地にまでは影響がないと判断できる状況です。コストを抑えたメンテナンスとして、塗装が最善と判断できます。仮に屋根表面を塗装しても、アンテナ支柱からの錆は早期劣化に繋がる悪影響になります。塗装に関しては、アンテナの支柱部分も込む事が条件になります。

    外壁の様子 外壁目地コーキングの劣化

    外壁に関しても、所々での色褪せや黒ずみなどが確認でき、塗装などのメンテナンスを行うにはやや遅いくらいかと判断せざるを得ない状況です。特にサイディングの目地部分に施されているコーキングの劣化が著しいです。場所によっては下地(ボンドブレーカー)が見えてしまっており、雨ざらしの状態です。このまま放っておくと、下地に水が浸透し、外壁材(サイディングボード)の反りやひび、破損に繋がります。そこまで進むとコーキングの打ち換えでは間に合わず、外壁自体の交換を余儀なくされる状況になります。勿論、それには相当なコストが掛かってきます。

    A様宅

    15年間メンテナンスを行っていなかった事がはっきりと確認できる状況です。雨漏りや素材の劣化が確認できてからの手当てでは、余計にコストが掛かります。定期的な点検を行い、時期相応、必要に応じてのメンテナンスを行ってこそ、より良い安心と、コスト削減にも繋がっていくものです。A様には現状の報告と、早期メンテナンスの必要性をお伝えさせていただきました。これから、最善のメンテナンス方法(お見積り)をご提出させていただきたいと思います。
    街の外壁塗装やさんでは、点検調査、お見積りは無料です。建物に関してのご相談は(フリーダイヤル0120-948-355まで)お気軽にお問い合わせください。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-09-16 11:45:47 横浜市保土ヶ谷区のモルタル下地の外壁調査、モルタルは築10年前後で亀裂が入ることが多い

      IMG_8524

      近年建てられる住宅の外壁は、モルタル下地を使用した外壁とサイディングボードを使用した外壁が多いのですが、モルタルを下地に使用した外壁は亀裂が入りやすいと言われております。確かに調査にお伺いすると、サッシの四隅から亀裂が出来ていたり、コーナーが割れていたりするのを見かけます。亀裂から雨水が浸入すると、モルタル自体も傷みやすくなりさ...続きを読む

      2018-09-16 08:21:14 横須賀市で築30年の外壁塗装、付帯部分は人気のこげ茶「ファインSi(23-255)」

      IMG_8524

      本日は横須賀市M様宅で行われました外壁塗装工事の様子をお伝えいたします。M様宅は築30年、外壁はラップサイディングで施工されており、塗装によるメンテナンスは今回が初めてになります。色は今までと似た色合いをご希望との事で、外壁には日本ペイント パーフェクトトップからND-105。付帯部分には人気のこげ茶、日本ペイントファインSiよ...続きを読む

      2018-09-15 20:02:23 横浜市西区の窯業系サイディングの住宅調査、コーキングの劣化やコーナーに隙間は外壁塗装すべき目安です

      IMG_8524

      外壁も屋根も普段から陽当りの良い方角に面しているところは、色褪せが早くて劣化の進行も先に進むことが多いです。また、ご自宅の周囲を取り巻く環境によっても違いが出ます。同じ建築材料で造らている建売住宅でも、陽当りや日陰によったり、風や湿気によったりと周囲の環境によって劣化や傷みなどの進行に差が出ます。横浜市西区W様のお宅も建売住宅を...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る