横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市緑区|築13年、屋根外壁塗装の為の点検調査

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市緑区|築13年、屋根外壁塗装の為の点検調査

    更新日:2018年6月9日

    本日は横浜市緑区にお住いのA様宅より、屋根外壁塗装の為の点検調査の様子をお伝えいたします。A様宅は築13年、今回が初めてのメンテナンスになります。現在まで雨漏りなどの不具合は無かったそうですが、外壁の汚れや目地コーキングのひびなどが目立ち始めてきたため、今回の調査の依頼になります。

    サイディングの汚れ コーキングの劣化

    A様宅の外壁はサイディング仕様になっており、縦のつなぎ目部分にはコーキング処理が施されております。外壁同様、コーキングも紫外線の影響などを受け、経年での劣化は進みます。一般的には10年程を目安に外壁の塗装と併せ、打ち換えを行うのが理想です。ひび割れより酷くなると、硬化したコーキング材がボロボロと剥がれ、下地が丸見えの状態になります。当然雨水が浸入しますので、雨漏りの原因になります。また、外壁材(サイディング)にも影響が及び、外壁材自体の浮きや剥がれ、割れなどを引き起こす原因にもつながります。定期的にメンテナンスを行うことが、返って費用の削減にもつながるものです。

    屋根の状況 屋根材の劣化

    外壁に関しては普段から目に付くので、劣化状況は把握しやすいのですが、屋根に関しては見えない箇所が多いため、普段から状況を把握するのは難しいでしょう。A様宅の屋根はスレートが噴かれております。見るからに屋根材表面の撥水効果は失われており、コケや花粉などの付着物が目立ちます。屋根も定期的にメンテナンスを行わないと、下地に影響が及び、雨漏りの原因につながります。下地までもが腐食してしまうと、塗装では賄えず、屋根自体をやり直さなければならない事態にもつながります。

    A様宅

    今回はまだ屋根外壁ともに塗装を行える状態ではありますので、できる限り早い段階で、メンテナンス工事を行うことをお伝えいたしました。雨漏りが起きてからでは余計にコストが掛かります。定期的に点検だけでも行うことを心がけておくことが大切です。
    街の外壁塗装やさん横浜店では点検調査は無料です。建物に関してのご相談は(フリーダイヤル0120-948-355まで)お気軽にお問い合わせください。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着ブログ一覧

      2018-08-12 22:04:06 横浜市緑区で外壁塗装仕上げはパーフェクトトップ、色は日塗工のJ09-60L

      IMG_8524

      本日は横浜市緑区での屋根外壁塗装の現場より、外壁塗装の仕上げに入る様子をお伝えいたします。 お色決めの段階から、今はグレーで統一されて気に入ってはいるが、塗り替えるなら温かい感じの暖色系、オレンジとピンクが合わさったような色でガラっと変えたいとのイメージをお持ちだったので、何度もカラーシミュレーションを重ねて決めたものです...続きを読む

      2018-08-08 16:23:44 秦野市で外壁のツタやコケにお困りの方へ、外壁塗装で綺麗なお住まいに

      IMG_8524

      ...続きを読む

      2018-08-07 09:55:18 相模原市緑区のお客様からのご相談「軒天の塗装やメンテナンスについて」

      IMG_8524

      ...続きを読む

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る