横浜市の外壁塗装工事、屋根塗装工事なら
街の外壁塗装やさん横浜店にご相談ください!

株式会社シェアテック
■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990 FAX 045-476-9989

リンク1 お問い合わせ
  • HOME > ブログ > 横浜市金沢区|外構調査・大谷石塀崩落の恐れあり

    本日の現場ブログ

         

     日々の現場の様子をブログにてご紹介しております。
    ご質問などはお気軽にお問い合わせください!

    横浜市金沢区|外構調査・大谷石塀崩落の恐れあり

    更新日:2018年7月20日

    本日は横浜市金沢区にお住いのM様より、自宅周りの塀の調査のご依頼を頂きました。M様宅は建物自体のメンテナンスは定期的に行っていたそうですが、家の周り、外構部分に関しては当初のままとの事です。ここ数年で門扉周りの塀の傾きがひどくなり、倒れてしまわないかと心配になり、調査の依頼をくださった経緯です。

    大谷石の傾き 大谷石のズレ

    M様宅の塀には大谷石が使われております。大谷石は経年で劣化するともろくなり、割れやかけが目立ち始め、部分的に崩れたり、全体的な崩壊へとつながる恐れがあります。定期的なメンテナンスや、積み直しが必要です。M様宅の大谷石、特に門柱に使用されている部分は今にも崩れそうな状況です。このままですと、通行に被害が及ぶ恐れなどもあり、早急な対処が必要と判断できます。

    庭 植木

    門柱以外の箇所でも傾きが見られ、自宅周りの塀の全体を見直す必要がございます。原因は経年による劣化もそうですが、庭に植わっている植木の根っこが塀を押していることも原因になります。おそらく、このままの状態から塀を積み直しても、成長を進めている根っこが影響して、再度塀が押されてしまうことでしょう。植木の根っこはすごい力を発揮します。

    大谷石塀

    改善方法は、既存の大谷石の撤去と植木の伐採、伐根が理想です。大谷石にこだわらないのであれば、ブロックを積み、目隠し用のフェンスを建てるなどがお勧めです。まずは安全が第一ですので、最低でも崩れそうな大谷石(特に門扉周辺)の撤去を行い、土留め対策を講じておく必要はございます。

    今回の調査結果をもとに、今後の対策をいくつかのプランに分け、それに掛かる費用、お見積りを作成いたします。街の外壁塗装やさん横浜店では、建物、塗装に限らず、外構工事も承っております。点検調査は無料です。建物まわりの門扉や塀、擁壁などのご相談も(フリーダイヤル0120-948-355)お気軽にお問い合わせください。

     

    街の外壁塗装やさん横浜店

    1. 電話 0120-948-355
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      ページの先頭へ戻る